promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


このページの記事目次 (カテゴリー: 未分類

total 112 pages  次のページ →  

【寿都幌別岳】【黒松内岳】

   ↑  2017/08/06 (日)  カテゴリー: 未分類
カルミン@もう直ぐ愛車とお別れ、悲しくて寂しくて涙です。

幌別岳と言うと、3年前に同じメンバーで
幌別川を遡行した記憶が新しい。
電気の沢に匹敵するとも言われる
ゴルジュと滝のオンパレード。
苔渓谷の美しさと、ゴルジュの迫力
そして、寒さに震えました。
その幌別川とは、逆方向から詰める
三之助第一川から山頂へ詰めるコース。
どうやら新山谷に掲載されてるらしい?
ふむふむどれどれ?
と興味津々の顔ぶれ。
が、三之助橋から沢に下り立った時点で
いきなり顔が曇るカルミン。
うーん、このデブリと覆い被さる草木
河原は歩き難くそしてダラダラ。
それでも、ちょっと幌別川を彷彿させる渓谷に小滝が数ヶ所。
何か取り柄はあるはずさ!
1つ取り柄があれば、まぁ良しとする!
男なんてそんなもんさ!
尽くせばきっと良いことが。
放り出すにはまだ早い。
唇を噛みしめ、倒木や泥水を乗り越え進むカルミン。
て、その仕打ちがコレ?
目の前に立ちはだかる13mハング滝!おまけに幅も8m位あって、巻こうにも岩盤の草壁。
どーにもこーにも、(所詮そんなもんさ、男なんてさー!)
なんとか巻けそうな左の壁を攀じ登りました。
待っているのは、30分の激藪だしね?
「ここは、冬尾根の方が絶対楽しいよね?」と流石の山ちゃん、タッチさんも三角点を探しながらため息しきり。
展望もなかってので、早々に東面沢から下降します。
大滝がふたつありましたが、しっかりした支点ロープがありました!
来る人いるんだぁ・・・。
林道復帰まで、9時間半かけて
ヘロヘロヨロヨロ泥グチャ。
こんな沢に文句も言わず付き合ってくれるルパンって素晴らしい!
ここの沢をお気に入りの人がいたらゴメンナサイ。
悪口言うつもり無いけど、カルミン好みじゃなかったです。

今日は、黒松内岳のブナ沢へ
こちらも数年前の台風の爪痕が
酷いデブリと倒木となっていました。
確かもっと綺麗な沢だった記憶。
でも、カルミンの記憶なんて
歳と共に風化しています。
呆け老人のように「あれー?こんな滝あったかい?えー?ここどっちだった?」
でもね、呆けてると良い事もあるんですよ!
全てが新鮮!
下山の夏道は、物凄い倒木!
登山道をこの状態まで復活させてくれた
関係者の皆様の尽力は如何程でしょう!
その想いしっかり受け止めました!
ありがとう御座います。
山男って素晴らしい!

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1520.html

2017/08/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【コイボクメナシュン川から楽古岳】

   ↑  2017/07/30 (日)  カテゴリー: 未分類
カルミン@快気祝いは何にしましょう?

「やっぱり日高の沢ってこれが醍醐味だわぁ!」
カルミン、ガレ場の詰めから
遥か下を振り向きながら雄叫びを上げます。
隣では、カルミンとアンザイレンされた
ルパンもウォン!!

昨日は、お天気が回復傾向だったので
患部が回復傾向のカルミン
屋も盾も堪らず
「日高!日高をやりましょう!」
ヤマチャンにお付き合いして貰い
3時に札幌を出発しました。
途中待ち合わせたいつもの仲間が
初めてお会いする山屋さんを
紹介してくれます。
「初めまして!かなです」
「あ、初めまして!」
「これはルパンです。宜しくお願いします!」
「あ、あ?はい・・・」
無理もないです。
彼の頭の中は???(犬?犬だよね?)
まぁまぁ、さてさて出発ー!!
楽古岳山荘に車を停め、正面の夏道ではなく、左に入る廃道の林道からアプローチです。
ここに初めて来たのは、もう10数年前でしょうか?
十勝岳へ向かうメナシュン沢には
先代犬も登っています。
ルパンは、楽古岳自体が初ピーク。
張り切って荒れた沢を岩を飛び越え
倒木を潜りながら、ズンズン進んで行きます。
その姿に、Mさん
「へぇー、わんちゃんもこんな場所歩けるんだ!」
去年の台風の爪痕が恐ろしい下流から
やっと沢筋へ。
ここからは、迫力のある滝のオンパレードです。
次々と滝をシャワーで攀じ登り
釜を泳ぎ渡るルパンに
「ルパン君って、犬ですよね?
なんだか普通に人と登ってる気がしてきました。」と目を白黒させるMさん。
いやいや、犬を沢に登られせくれる仲間たちが凄過ぎなんです!
ルパンが越えられない滝では
阿吽の呼吸で、手際良くロープを出す人、ルパンを担ぎ上げる人
身動きせずビレイに身を任せるルパン
(ジタバタするとむしろ危険と知っている)
カルミンより全然チームメイトとして
優秀です。
何よりお喋りが煩いカルミンと違い
ルパンは無口ですし。
登れそうな滝はカルミンが
ビレイしながら登り、その直ぐ下を
メンバーがフォローしながら
攀じ登ってくれますが
今回は、Mさんが常に後ろから
見守ってくれます。
有り難い!有り難いのですが
あのぅ私、2週間前にお尻の手術をね?
ですから、力んだら
なんとゆうか、ご迷惑をかけると思うの。
初対面の方にとんでもない失態を晒さぬようなんとか頑張るカルミンです。
通年は遅くまで雪渓が残る三股も
僅かに残り雪があるだけ。
新しい土砂崩れがそこかしこにあり
長居は無用です。
一気にガレ場を詰め稜線へ
もちろん途中のドラム缶にタッチしなければ!
昔のカルミンの記憶には、
ハイライトの40mの滝登りと
このドラム缶しか残っていませんでした。
でも、やっぱり素晴らしい!
これぞ日高だなぁ!
十勝岳からの縦走路を歩き
山頂へ上がると雲海の中から
日高の峰!
3月に登ったピリカヌプリが優しく微笑んでおりました。
夏道を下山しましたが、河川は想像通り殆ど破壊されています。
かなり気を付けないと迷いそう。
今年は、あんなに酷い台風に見舞われないことを祈るばかりです。

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1518.html

2017/07/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【富岸川・滝沢】

   ↑  2017/07/22 (土)  カテゴリー: 未分類
カルミン@私と愛車は緊急手術。でも愛犬は元気なのでいいんです!

数十年に一度の猛暑をクーラーの効いた病院のベットで過ごしていた1週間。
クーラーは、嫌いだわなんて言っていたら、罰が当たりそうです。
さて、術後の経過も良好なので
「ルパンのお散歩沢を歩きたい!」と言い出したカルミン。
「いくらなんでも、退院して一週間。
まだ独りで歩かせれないべさー!」
と溜息をつきながらも
お付き合いしてくれるのは
何時もの仲間達です。
仲間って本当に有り難いです。

某【山谷】の新刊にも掲載された
「キントン?トンキン?」
いえ、富岸川と書いてトンケシ川と読むのですね?
今日の様なガス混じり、そして雨で増水してる方が楽しめそう。
一台を滝沢方面にデポし、もう一台をカムイヌプリ登山口の駐車場に停め
そのままゲートを抜けて林道を歩きます。
50分のアプローチは、カルミンの緊急入院の顛末を報告するにも、
丁度いい距離。
富岸川の橋らしき場所から沢に降りました。
すぐに釜持ちのナメ滝やら、滑床やら
段差滝が出できて、なる程意外に目っけもん?
「大丈夫かい?」と心配顔の二人を
シリ目に、カルミンイケイケドンドン。
なんのなんの!
シリ餅をつかなきゃ平気平気!
3mから5m程度の滝も5つか6つ
全部楽しく直登出来ます!
最後の滝は、素早いケツ断をして
ルパンにロープを出してもらいました。
やがて沢が尽きると、なんとした事か
立派な踏み跡が稜線の登山道まで付いています!
笹までしっかり刈りはらわれているではありませんか!
知らなかったけど、案外人気の沢なんですね?
右に行くとカムイヌプリ
左は室蘭岳、本日は左へ進み
室蘭岳手前から
滝沢を下降しました。
みっつある大きな滝には、全て残置ロープがあります
最後は大きな滑床が続き
鼻歌まじりでご機嫌カルミン。
鼻歌はもちろんヒップホップ!

YOYO!舐めちゃいけないヒップの不調!
恥ずかしがらずに病院へGO!
熱く燃えちゃキケンさBaby
メスを入れるぜ
覚悟しなHO!
待っているのは、
トイレで悶絶WAO!!






(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1516.html

2017/07/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

休業?休養?のお知らせ

   ↑  2017/07/09 (日)  カテゴリー: 未分類


毎年ルパンと遊んでる平和の滝!
心霊スポットとか全然気にせず!
犬は敏感なはずだけどね?
あ、もしかしたら
この後にカナリーヌ緊急手術で、入院になっちゃった!
いやいや!
調子悪かったの一週間前からだしね!
という訳で、暫らくお休みします。
退院は来週末
来月からは、山も復活出来そうですので
またご訪問下さいねー!
それまでは、海や湖、平和の滝で
ルパンを遊ばせております!
病気は、あのぅ〜あのぅ〜
大きな声で言わない方がいいやつですぅ。

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1514.html

2017/07/09 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【暑寒別岳・箸別コース】

   ↑  2017/07/05 (水)  カテゴリー: 未分類
カルミン@今シーズンの沢初めは、木挽き沢でした!採れたてのウドが柔らかくて絶品です。

皆さんは、毎年逢いたくなるお花は何処のなんて言うお花でしょうか?
私にもそんなお花に逢いに毎年登る山が幾つかあります。
今日は、そのうちのひとつ
暑寒別岳のショウジョウバカマに逢いに
行きました。
暑寒別岳は、箸別コースからが断然お勧めです。
なんと言っても、7合目からのお花畑が素晴らしい!
ダラダラ長い1合目から3合目を一気に駆け抜け、4合目から6合目までは
悪名高き蚊やブヨの猛攻撃を気合でかわし、7合目の雪渓でホッとひと息。
狙い通りガスが晴れ
青空の下にお花畑が一面!
振り向くと雲海!
気分はアルプスの少女ハイジ❣
見た目は、汗で濡れた髪を頬に張り付かせ、ニヤニヤ緩んだ口元から汗だかヨダレだかを垂らした山姥。
お昼頃には更にお天気が良くなる予報なので、写真は帰りに撮影する事にして、そのままお花畑を駆け上がります。
登山口から2時間40分で登山者の集う山頂です。
皆さんの「あらっワンちゃん!」の声を背中にカルミンとルパンは
南暑寒別岳への縦走路へ下ります。
そう、この窪地こそが、先代山岳犬が亡くなるひと月前に、ふたりで過ごした想い出のお花畑。
毎年ルパンと訪れます。
鮮やかな緑のカーペットにピョコピョコと顔を覗かせるショウジョウバカマ
(多分)他で見かけるデポ旗みたいな物よりかなり小さく、色は淡いオレンジから濃いピンクまであります。
直ぐ横に雪渓があるので、まずはルパンを雪遊びさせ、ショウジョウバカマの絨毯を、雪渓に横になりながら心ゆくまで眺めるのが癒やしのひと時。
たっぷり1時間以上過し、下山は色とりどりに咲き乱れるお花の写真を撮ったり、
タケノコを採ったりしながら。
ん?前方でドーンドスドスッと言う地響き?
構わず進むと、20メートル前で笹薮に飛び込む茶色く丸いお尻?
見ると足元には湯気の出る草饅頭みたいな大きな落し物。
確かに登山道上には10ヶ所以上の落し物がありました。
金色の毛に覆われ、長い舌をダラリと垂らした見知らぬ獣。
それを引き連れる髪を振り乱し、タケノコ探しで目をギランギラン光らせた山姥。
さぞ熊人生で1番の恐怖だった事でしょう。
ごめんごめん!と謝りながら下山を急ぎました。
気合いが勝り、1箇所も蚊に刺されず
ニンマリしながらザックを下ろした瞬間
目の上をブヨにチクリ!
見る見る瞼が腫れ上がり、山姥から
これじゃ当分お岩さんです。
無念です。

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1513.html

2017/07/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |