promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


このページの記事目次 ( ← 2010年07月 → )

total 22 pages  次のページ →  

ルパン生還の真実

   ↑  2010/07/30 (金)  カテゴリー: スクスク散歩道

今となっては、ルパンがどこでどう過ごしていたのかは本人じゃなければわかりません。
ドロドロだけど服もリードもそのままってことは誰かに保護されてた訳ではなさそう。
でもあの山中にいたなら何故あんなに夜通し呼びかけ、翌日からも何度となく山に向かって呼んだのに応えてくれなかったのか…。
それにしても、よくあんな凄い藪山をリードが引っかかりもせず歩き回れたものです。
実はカナリーヌは最初からあの山中辺りがずっと気にかかり何度となく名前を呼びながら捜していたのです。
そしてきなこちゃんも真っ直ぐにあの山に向かいました。 だけど物凄い藪なので「さすがにこんな藪にルパンが入ったとは思えないよなぁ」とみんな思ったんです。 カナリーヌも「あの寂しがり屋がひとりで山にいるのは考えられないし、もし山に入ってたらとっくに出てくるはず」と…。
ただ地元の人達は「山に逃げこんだんだな その内腹減って出てくるよ」と声を揃えて言いました。
結果的にはその通り!5日目に一番山に近い団地の畑に寝ていたそうです。 団地の住人が魚をあげたらトコトコ着いて来て、それを見ていた方が「探してる犬だ!」と警察に通報してくれました。
神隠しでも犬さらいでもなかった~!!
もし温泉街をうろついてたら あれだけの人数で探していたしあちこちビラも貼ってたからすぐにわかるはず…やっぱりひとり山中にいたのでしょう。
うんちは全く草だけだしこの痩せ方をみると何も食べてはいないみたい。 あの炎天下 水は 多分沢水を飲んでいたのか? そして昼間は森の中で陽を避けじっとしていたのでしょうか?
それにしても一体何故丸々4日間も潜んでいたのか…
謎だらけですが、とにかく元気いっぱい ダニひとつついていませんでした!!
さすが山岳犬です!
「ルパン 生きていてくれてありがとう」
そして「海くんエリーちゃん ルパンを守ってくれてありがとう」
心配してくれたみなさん 「無事を祈っていただいてありがとうございました!」

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-233.html

2010/07/30 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |