promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【武利岳 前武華から吊り尾根コース】 ルパンの友情にむせび泣く藤井

   ↑  2014/07/23 (水)  カテゴリー: 山散歩道
北大雪でHYMLの仲間と楽しいひと時を過ごしたのほほーんトリオ
お気に入り温泉の端野スキー場のホテルの温泉【金の湯】ですっきり汗を流します

「金と言えば、さっきの黄金虫凄いキンピカだったよね!!」

さて、斜里方面へ向かう・・・・が、なんだか空模様が好ましくない・・・

うーむ、明日超早出で登っても、下山してから札幌まで7時間かー

スカッパレなら価値あるけど、あの雲じゃね~

カナリーヌ、どーも気が乗らなくなりました。

ピークは昔、海くんと踏んでるし・・・・

「止めよーっと!! 斜里岳はまた今度!ゆっくり時間ある時に二人で登りなっ

明日は、武華山辺りをサクッと登ろう! 今回は北大雪がお天気いいし!」

(えーっ でも斜里岳登ってないから登りたかったなぁ)とガッカリの

のりちゃん、藤井、ルパン

「その代わり、今日はまたのんびりキャンプしようよ!」と端野の【森と木の里キャンプ場】へ

ここは、カナリーヌが毎年のように海くんと通った顔パスのキャンプ場

シーズン真っ盛りにも関わらず、キャンプサイト独り占めだった

とゆうか、他にキャンパーがいるのが珍しい位の場所

一昨年も藤井とバンガローに泊まったけど、他に誰もいなかったよね

こんなに設備もよく手入れも行き届いていて、一山全部がキャンプ場

バンガローも一棟500円なのにね

おっと写真撮影するの忘れました。

でも本当にいいキャンプ場ですからみなさん利用してね!!

(細々と町営で存続してます)

翌朝は、スカッパレのお天気!!

意気揚々とシュッパーツ

DSCN3982 (640x480)

楽しいのは、ライオン岩コースなんだけど、今回は緩やかな登りの東尾根コースをチョイス

それにはカナリーヌの目論見がありました

1時間も登るとこの大展望

DSCN3985 (2) (640x472)

右手には表大雪

左手の東大雪は雲の中  かろうじて、ニペソツの頭が雲の上からチョコンとまるで  皮被りのオチ・・・

「かなさんっ!!ストップストップ!!!」

こりゃー大雪は大賑わいだねー  

そうだっ 昨日のトレランの舞台、今日は表大雪だよ! お鉢の周りに500人

あーあー 大雪のお花の番人 〇子さん 大変だぁ~

ランナーにお花を踏まないように叫びとおしで声が嗄れるわ!!

ここから30分も稜線を歩くと武華山のピークです

が、カナリーヌの指差す方はこちらっ

DSCN3993 (640x470)

じゃーーん!!

近年整備された吊り尾根コースから、武利岳を目指しまーす!

「ヒャーッ けっこうありますねー」とビビりながら縦走路を歩き出すのりちゃんと藤井

DSCN3995 (2) (480x640)

でも思ったより全然、道は明瞭で歩きやすいの

だがしかし、下る下る  藤井のお腹じゃないけど、グングン谷に向かって下るわけ

DSCN3998 (480x640)

「帰りの登り返しがきつそうー」

「んにゃ! あたし帰りの事なんて考えたことないなぁ だって泣いても吠えても帰らなきゃなんないんだから

今からブルーになることないじゃん?」

「それにしても、これは縦走路って言うより、二山登る感じっすね?」

やっと 最低コル

ここから、笹薮と灌木の藪漕ぎっぽい道が少しだけ続きます

DSCN4004 (2) (480x640)



でもよく足で探れば道は解る

ふ~ちゃんが、前に「沢屋の爪先には目が付いてる」って言ってたけど

なるほどなぁ

沢屋の爪先なめんなよ!!  こんなのは、沢じゃ一級国道

のりちゃんも 「藤井くん、これは立派な道よ?」とビビる藤井を窘めてます

DSCN4006 (480x640)


それでも解りずらいところは、ルパンのお鼻が頼り

あれまっ 藤井がついに折れた

心が折れやがった・・・・

段々無口になりそしてこの無表情

DSCN4007 (480x640)

この人、ほんと汚い事とか先が見えないとか予想外のことに対する適応が全くできないのね?

だから!こんなの藪漕ぎじゃないっての!!

本物の藪漕ぎさせたら、倒れるんじゃないかしら?

(藤井、ここまで来たらまた開けた道だじょ!!)

DSCN4016 (640x480)

ルパンがしきりに藤井を気に掛ける

その内、藤井は全く歩けなくなりました・・・・

(藤井っ 回りの景色を見て元気だすんだじょ!!)

DSCN4014 (480x640)

わわっなんだー!? この景色っ

この縦走路の素敵な事!! 左手には表大雪の全貌が!!

DSCN4029 (2) (463x640)

そこらじゅうにピンクや紫のお花が風に揺れてます

こーんな景色の中を歩けるなんて想像してなかった!!

カナリーヌ我慢できずに駆け出します!

DSCN4021 (2) (640x480)

去年歩いた、北アルプスのジャンダルムにちょっと似てる!!

あそこは、両サイドがスパーッと何百メートルも切れ込んで足元がスカスカしたけどね!

ただし、ここもなかなかのナイフリッジもあります

のりちゃんも 「藤井くん、ここは一本道だから自分のペースで歩いたらいいよ!」

と優しい言葉と裏腹、非情に藤井を置き去り

だって、藤井動かないんだもん

この素晴らしいアルペン的な景色、あたしたち楽しみたいのっ

のりちゃんと2人で「幸せ~!! ラリホーッ」なんてニッコニコしながら

終わりを惜しむように進む幸せの小道

スタートから3時間20分でピークに着いちゃいました。

DSCN4037 (2) (640x480)

後方は、武利岳の登山路  あっちも楽しそうな道!!

DSCN4040 (2) (640x453)

あちこちにカメラを向けて一通り撮影が済むと、ルパンが後ろを気にし始める

DSCN4045 (2) (480x640)

そしていきなり駆け出します!

「ルパーンッ どうしたのー!?」

(おいら、藤井を迎えに行ってくるじょ!!)

「えーっ 藤井はどこかで自主デポだからここまでは登って来ないよ!!」

(いやっ とにかくおいら 藤井を連れて来る!)

・・・と、そこに

DSCN4051 (479x640)

(藤井ーっっっ!!!)

「ルパーンっっっ!!!」

DSCN4057 (2) (462x640)


おぉーっ

一昨年のオプタテ日帰り山行を想い出します!

あの時は確か藤井は三回目位の登山経験で、カナリーヌに連れられ

オプタテシケの日帰り山行(普通は一泊かける)を強行させられたんですよ

その時も、カナリーヌに置いてかれて、ルパンがピークから藤井を迎えに行ったっけ。

DSCN4059 (2) (480x640)


「はぁーっ 俺、ここでリタイアしたらブログにクソミソ書かれるじゃないすか!

それだけは、勘弁してもらいたくて必死っすよ!」

あはは、すまんのぅ もうクソミソじゃわい!

でもま、男の意地を見せおったね!! よく頑張りました!

DSCN4068 (640x480)

みんなでこの景色見れてよかったよ

のんびり一時間ほど過ごして、藤井の鋭気を養い

縦走路を戻ります

また来たいね! 今度は秋だね!! 絶対来ようね

こんな素敵なところがあったなんてね!!

DSCN4085 (2) (640x480)

藤井もやっと景色を楽しむ余裕ができました。

のりちゃんをフォローする余裕も生まれた。やっと・・・。

DSCN4087 (480x640)


さて、いよいよ例の藪漕ぎだよ

DSCN4084 (2) (475x640)

でもね、藪って登るより下るほうが楽なんだよ!の言葉通り

藤井は全然よゆーっす!

そこかしこに熟したブルーベリーがあって、その甘酸っぱさに元気もらったし!!

DSCN4111 (2) (640x480)

なんと昨日から金色についている!!

金の茸っ

DSCN4091 (2) (640x480)

藤井とルパンの友情は、金よりずーっと価値がありましたね!!

DSCN4114 (640x480)

秋に行きたい人、大募集っ

みんなにもぜひこの素晴らしい縦走路を歩いて欲しいっ

こんな素晴らしい景色の登山道、北海道の北アルプスに認定しますっ

あ、各自笹を独り100本は刈ることね!!

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1094.html

2014/07/23 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  2014/07/27 (日) 13:39 No.2697


もらい泣き

ルパンくんの弟思い?友情?
優しさに感激です!!
思わずミントまでウルウルしちゃいましたぁ

ミント |  2014/07/27 (日) 11:48 No.2696

コメントを投稿する 記事: 【武利岳 前武華から吊り尾根コース】 ルパンの友情にむせび泣く藤井

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback