promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【暑寒別岳  箸別コース】 箸別を歩かずして、暑寒別の花を語るなかれ

   ↑  2014/08/10 (日)  カテゴリー: 山散歩道

今年は、少し遅くなったけど

毎年恒例、【海くんを偲ぶ会】をしてきました。

【暑寒別岳】は、海くんが亡くなるひと月前に2人でのんびり歩いた山

カナリーヌも海くんも、山頂から南の縦走路脇の窪地が大好きでした。

ショウジョウバカマが咲く頃、一面の小さな薄橙色のお花畑

カナリーヌの癒され空間のひとつです

【暑寒別岳】と言うと、南暑寒別の雨竜沼湿原コース、暑寒コース、箸別コースが一般の夏尾根ルートです

カナリーヌは、紅葉の頃なら雨竜沼コース

残雪期は、暑寒コース

そして、お花を楽しむのはなんたって、ここ箸別コースがお気に入りですっ

ただし、このコースはとにかく蚊とアブ、ブヨの巣窟なの

物凄い何万匹が襲ってきますから、いや冗談抜きで・・・・。

でもカナリーヌはほとんどその餌食になったことは、ありませんっ

その秘策とは・・・・まっ HYMLに投稿しちゃったので会員の方はそちらをどうぞ。

なんてもったいぶるほどの事じゃありません!

ひたすら走るように登るっ  体の動きを止めて奴らに隙をあたえないことです!

ただし、この方法けっこう体力と根性が必要

お花の暑い時期に、7合目までノンストップで駆け抜ける・・・・・

ですから、なるべくカナリーヌはルパンだけ連れて登ります。

今回も一気に駆け抜け、2時間半でピーク!

ちなみに標準コースタイムは4時間半

あの健脚で知られる【ひとり歩きの北海道山紀行】の坂口さんでも3時間半ですね?

どの位のスピードかは想像してください

DSCN4817 (466x640)

このコースは遅くスタートする方が有利です

蚊も少ないし、7合目までコースのほとんどが日蔭になるの

でもこの前の脱水症状に懲りて、ちゃんと偶数の合目おきに、水分補給は忘れずにっ

DSCN4814 (480x640)

アミノバイタルなんてのも飲んでみます

7合目の斜面からいよいよお花畑の始まり

この山はかなりの種類のお花があるので、季節ごとに咲くお花を楽しめます

この時期はこのトリカブト?マシケゲンゲ?

紫色のお花が満開

DSCN4838 (479x640)

もうね、パラダイス!!

先を急ぐので写真は後ほどっ

稜線を歩いていると、前から来た40代くらいの男性とすれ違いました。

挨拶を交わしてスライドしようとすると、なんだかモジモジしている?

「〇〇ちゃん・・・」

(ん?あら、もしかしたら読者さん?そーですよ!ルパンですよ!)と言いかけたら

「あのー。熊ちゃんのウンチありませんでしたか?」

はっ? そんなのあるに決まってんじゃん!

「はい、すぐそこにも今朝のウンチありますね?」

すると男性、両手で胸を抱えて「こわぃーっ こわぁーいっ」

はっ!? この人、道内の人じゃないのか!

「ほらっ 足元のこれ、熊が草の根を食べた掘り返しですよ!」

男性飛びのきます 「うゎーっ」

「貴方、ナタはどうしたんですか? 熊に襲われたらナタで闘うのは北海道の常識ですよ!!」

・・・・と本当にカナリーヌが男性を脅したかどうかは、脱兎のごとく駆け下りてく男性の後ろ姿を想像しましょう。



さっピーク!!

晴天の土曜日だけあって、たくさんのハイカーで賑わっています

カナリーヌも知らないおじさんと、お互い写しっこ

DSCN4844 (640x480)

すると、「カルミンさん!」

あっ 今度こそ本当に読者さん!?

あれ? あっシラネアオイさんです!!

HYMLの先輩!

昨夜は箸別小屋に泊まったんですって!

DSCN4846 (640x480)

何故か、増毛連峰を望みながら、日高について熱く語っておられました。

今年もカムエク日帰り、1839、ナメワッカを決行したいそうです。

確か、ポロシリも日帰りしてましたよね?  パワフル!!

先に下山するシラネアオイさんを見送り、カナリーヌとルパンはお気に入りの窪地へ

DSCN4851 (640x480)

ショウジョウバカマは終わってたけど、今年やけに気になるヘムレンさんがたくさん!!

可愛い・・・・

のんびりコーヒーを飲んで、まったりして、海くんともお話して

さーてとっ お花の写真を撮りながら下山しましょうか

DSCN4865 (640x480)


なんとなく高貴な感じしない?

DSCN4889 (480x640)

これは、可憐で強いナデシコ

DSCN4887 (640x480)

ハイジの丘

DSCN4907 (640x480)

そうだ! お花畑で可愛いポーズ!!どう!?

DSCN4904 (640x480)

ちょっとちゃんと見てくださいよー!!コレ、セルフタイマーで撮影するの大変だったんだからぁ

結構な急斜面なので・・・シャッター押して慌ててスタンバイすると

勢い余って、こうなるんです

DSCN4902 (640x480)

しっかり目線はカメラを捉えてるけど、この後5メートル位

ルパンと抱き合ったままゴロンゴロン転がり落ちた。

ヤバカッタ・・・アホダッタ・・・・

何食わぬ顔でまた下山開始したら、朝追い越した山ボーイ&山ガールズさんが登って来ました。

さすがオサレな山ガールズ

第一声が、「その服、お揃いじゃありませんか!?」

あらまっ そうなんですか?

そんなら記念写真を写しましょうかっ

DSCN4875 (480x640)

お名前聞くの忘れちゃったけど、みなさーん

ブログ発見してくれたかしら?

またどこかのお山で会えるといいね!!

DSCN4877 (640x480)

7合目を過ぎると、また奴らとの闘いの始まり

ソリャーッ一気に駆け下りました。

また、来年もこの体力があるように、海くんとの思いでのお山に来れるように

このお花達に逢えるように、そしてルパンとの思いでをもっともっとたくさん作れるように

おかあさん、また走るよっ

雨の日も風の日も雪の日も毎朝走るよ!!

「海くーんっ また来るね! 暑寒別さーん!ありがとうっ

怖がりの君~ 懲りずにまた北海道の山に登りに来てねーっ 

熊ちゃんと一緒に待ってるよー(´艸`*)」

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1100.html

2014/08/10 | Comment (8) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


オーナーを知りたい!

そうか!バックパッカー!
ヒッピーはもう死語でした?
まぁ、確かに個人経営なんだからどんな制限しても勝手ですよね?
でも、あの、傲慢さは何処からきてるのかしら?
そして、オーナーは自分は若いのかしら?
なんかもう、突っ込みどころ満載?
今度、うちの若い衆を潜入させたいです!

カナリーヌ |  2014/08/12 (火) 21:38 No.2725


やっぱりそれ!

やっぱり年齢制限の部分でしたか!
私は、自分がほぼそれに該当しそうなキャンパーですが、大して気にしてませんでした。(笑)
ライダーはやっぱり若者であって欲しいし、キャンプ場で生活している定年キャンパーって、個人的にはあまり好きじゃないですし。(^_^;

個人経営のキャンプ場なので、オーナーの好みで運営するのは勝手でしょうがないところかな。
私も他に選択肢があればここには泊まりませんでしたが、他に空いているキャンプ場が無かったのでやむを得ず泊まった感じでした。
ここを利用するのならば、オートキャンパーじゃ無くてバックパッカーとして旅している時じゃないと、他のキャンパーには溶け込めないですね。

ヒデ |  2014/08/12 (火) 21:19 [ 編集 ] No.2724


それだけでもう!!

えーっキャンプ場の年齢制限とか、定年ライダーは非常識とか、50歳以上のライダーハウス使用は禁止とか・・・
凄くないですか!?
そんなキャンプ場初めてです!
若者だけ集めて、合コンみたいなことしてるじゃないですか!!
行ったことないからわからないので、ホームページのイメージだけですが。
どんな人がオーナーか見てみたい
イメージでは、ヒッピー崩れの怪しい小汚い親父
イケてるつもりの三つ編みとかバンダナ親父?
いや、すみません、物凄く嫌悪感あるので、クソミソです!

カナリーヌ |  2014/08/12 (火) 19:42 No.2723


何かあった?

クリオネのホームページ見たけれど、分かりませんでした。(^_^;
気になったのは、定年キャンパーは受け入れないとか、ライダーハウスの年齢制限とかかな?
確かにそんな人達は、あそこの雰囲気には合わない気もしますが。
もしかしたら、もっと酷いことを書いていて、さすがに気が引けて削除したのかもしれませんね。

ヒデ |  2014/08/12 (火) 05:44 [ 編集 ] No.2722


北海道キャンプ場見聞録!!

ヒデさん!いやぁ!実はぜひヒデさんにお知らせしたい事があるんてす!
そちらにコメントしたかったんですが、投稿サイトわからなくて。
あのね、斜里にあるキャンプ場【クリオネ】
ちょっとホームページ覗いてみてくれませんか!?
この前、行こうとしてホームページ見て
思いっきり退きました!!
あんなキャンプ場あるなんてもう驚きとゆーか、呆れるとゆうか、ゲンコ張ってやりたいとゆうか!!
知ってしたか?【クリオネ】

カナリーヌ |  2014/08/11 (月) 18:50 No.2721


脅し過ぎた?

えへへ、やり過ぎたね?
あの男性、熊よりあたしに遭った事が不運でした。
でもね、蚊を威嚇するのは絶対効果あるのよ!!
ブレイクくんもせひっ

カナリーヌ |  2014/08/11 (月) 18:42 No.2720


なるほど!

お久しぶりです。
何時も楽しく読ませてもらってます。
私達は7月初めに暑寒コースから登っていました。
蚊がこんなに酷いとは知らず、おまけに蚊の活動が一番活発な時間に登って酷い目に遭いましたが、2時間半で登れば良かったのですね!
って、絶対無理。(^_^;
一度、どれくらいのペースで登られているのか、その様子を見てみたいです。(笑)

次回は箸別コースから登ってみたいですが、時期が遅くなれば蚊に加えて蚋、アブですか!
身体を鍛えて、2時間半で登ることにします。(笑)

ヒデ |  2014/08/11 (月) 17:47 [ 編集 ] No.2719


突っ込みどころ満載

相変わらず面白過ぎです!!
悪に見えるサングラス。
熊と闘うナタ!
山頂まで2時間半!
そして、斜面を転げ落ちるって!
おいら、もうパソコンの前でコーヒー飲みながら
ブログ読むの止めます。

ブレイク |  2014/08/11 (月) 17:23 No.2718

コメントを投稿する 記事: 【暑寒別岳  箸別コース】 箸別を歩かずして、暑寒別の花を語るなかれ

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback