promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【春香山】 ホッとする・・・。

   ↑  2014/10/09 (木)  カテゴリー: 山散歩道
そう言えば、三年前

晴天の霹靂の出来事でショックから立ち直れなかった時も

無性にこの道を独りで歩きたくなりました。
DSCN6816 (457x640)

その出来事から3日目

小雪の降る中、ルパンとテクテク歩いた。

頭ン中グルグルして、なかなか考えもまとまらなかったけど、山頂に着く頃には

スッキリ決別できていた。

今回も、御嶽山の噴火から始まり、先日の怪我による遭難事故のこと

これからの自分の登山への姿勢

色んなことを考えたくて、ルパンとふたり歩いてみました。

キノコ探しも怠らず・・・・

DSCN6822 (480x640)

心が落ち着く場所ってあるよね?

ここはその大切な場所のひとつなんです

DSCN6825 (479x640)

ゼィハァ言いながら、実はなんにも考えずにひたすら登り

1時間50分でピークに立つ

DSCN6830 (640x478)

その瞬間に答えは出てるの

そう、これからも私は私のペースで、私の価値観で

自分の山を登ろう

DSCN6827 (640x480)

ただし、無理な計画はしない、晴天の日にしか登らない

お互い、相手のために命をかけてお互いを守ろうと思える仲間としか登らない

重くても、装備はしっかり担ぐ

この装備を担いで登れなくなったら、潔く山を止める

活火山には登らない!!

さっ ルパン!

銀鱗荘のおじちゃんに、この前のルパンの活躍を報告しに行こうか!

あれ? あんな大きなトラックが・・・・

DSCN6832 (640x480)

どうやら冬を前にお化粧直しの真っ最中?

DSCN6826 (640x480) (640x480)

(おじちゃーんっ ルパンが来たじょー!)

DSCN6837 (640x480)

「おっ ルパンッ 久しぶりだなぁ!! 水飲むかい?」

DSCN6838 (480x640)


管理人さんは相変わらずワンコにお優しい・・・・

先日の事故の一件を報告すると

「さすが、ルパンだ!! よく頑張ったなぁ!!」

そして、カナリーヌに向かって

「怪我したときのために80リッター位のザックを背負ったほうがいいですよ!」とおっしゃる

管理人さんの中では、人間の怪我じゃなく

ルパンになにかあった時らしい

「80リッターならルパンを容れて担げるでしょ?」

常に管理人さんは、犬が中心なの

解ります!

でも、もし山の中で知らない人間とルパンが同時に怪我をしたら

見ず知らずでも人間を優先救助します。

あたしも人間だものね? 

ルパンは犬だものね?

それ以外はもちろんルパンを助けるためにどんな犠牲も厭わないけどね!

担ぐよーっ ルパンを担いで下山するよ!!


DSCN6840 (455x640)

さて、お仕事のお邪魔になるからそろそろ帰ろう

振り向き振り向き、バイバイ

DSCN6841 (480x640)

(おいら、あのおじちゃんにナデナデしてもらうと、ホッとするんだじょ)

DSCN6845 (480x640)

こんな環境の中で暮らしているから、穏やかで安心感のある山男になるのかな?

DSCN6850 (479x640)

(うわっ 穏やかならぬ音が聞こえるじょ!)

DSCN6849 (640x480)

あら? この前はあんなにヘリコプターの爆音が真上に聞こえても

藤井にしがみついて頑張れたのに

もう、いつものように遠くの飛行機の音を怖がって、藪に逃げ込んでしまいました。

さっ ルパンっ

そろそろ藤井が手術室に向かう時間だから、下山してお見舞いに行こう!

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1122.html

2014/10/09 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 蓄電中 
この前の記事 : 【芽室岳】 救助願います!

Comment


考えるよね?

御岳山の噴火は、本当にショックだった。
「山が牙を向いた、山を愛するあたしたちと同じ登山者が犠牲になった」と言う事実をどう受け入れたらいいのか。
私の登山そのものを覆す程。
藤井の事故は、たくさんの教訓を得られました。
リーダーとしてのあり方とか、あれで良かったのか?とか。そもそも藤井を山の世界に引き入れて良かったのかとか。
今後、もっと大変な事故に遭ったら責任取れるのかとか。
だけど、今は前を向いて、これを機会にそれぞれがどう対応するのか。どんな心構えが必要なのか考え直します。
あの時のメンバーのひとりひとりが、いい勉強になりましたと、登山を自分なりに考えてます。
そして!もうひとつ
あぁ、山岳救助隊の素敵さを忘れられませーん!!

カナリーヌ |  2014/10/14 (火) 19:49 No.2809


有難う、、、。

私も御嶽山のショックから 息子のケガの事で中々 言葉が出なく ブログをアップ出来ませんでした、、、。
ズ~と言葉にしょうとすると自分と向き合う事が出来無いの、、気持ち良く時間が伝えられない自分が居る、、、。
でもカナさん ノリチャン ルパン君と札幌で逢って 私は私の出来る範囲で又 山の空間にお邪魔しょうと気持が向き合えました、、、。そして山の勉強も雪降る冬の間に準備します。カナさんのこのブログ 忘れません。
前向きにしてくれて 有難う。

クミりん |  2014/10/14 (火) 17:54 No.2807

コメントを投稿する 記事: 【春香山】 ホッとする・・・。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 蓄電中 
この前の記事 : 【芽室岳】 救助願います!