promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【雪崩講習会】   とうが経ち過ぎた山姥ですが初心者です!

   ↑  2015/02/09 (月)  カテゴリー: 山散歩道

週末は、以前から楽しみにしていた 雪崩講習会合宿でした!

これは、毎年何回か HYMLの守護神 大魔神さんがボランティアで開催してくれる色々な講習会のひつとです。

それもご自分のニセコの山の家を開放して、初心者を対象に丁寧に教えてくださります。

Yoshioさんが、主催で取りまとめをしてくださいました。

山岳会やワンゲル部の経験もなく、なんとか自力で登っているカナリーヌにとっては、絶好の機会

初心者・・・にしては、とうが経ち過ぎているけど、応募してみたら快く参加許可してくれました。

そうだっ いい機会なのでのりちゃんと藤井も一緒に参加させてもらいましょう!

うさこちゃんもいるしっ

と勇んでモイワスキー場に集合時間の30分以上前に到着したら・・・・

DSCN9056 (640x480)

なんともう全員が支度を済ませています!

さすが、山屋さん  行動が早いっす!

軽く自己紹介をした後、研修概要を説明

参加者のみなさんは、何度か同行させてもらっているメンバーが半数

他は、HNは知っているけど、初対面の方

(うわーっ あの下品なおふざけ投稿ばかりしているカルミンってこの人か!!)

と言う内心の声が聞こえそう・・。

カナリーヌ、そそくさと「カルミンです・・・。いえっ かなちゃんと呼んでください!」と精一杯の愛想笑いで自己紹介

HNとイメージが全然違う方や、なるほどねーと言う方

とても興味深い瞬間

全員の紹介が終わり、まずは、ビーコンチェックから!

ふむ、これは山ちゃんズでも毎回やります

DSCN9059 (640x480)

リーダーがメンバー全員のビーコンが送信モードになってるか確認

受信モードも同様に確認します

DSCN9061 (640x480)

叱られる学生風な方・・・・

次にカナリーヌがリーダー役で、チェック

むっ? アラームが確認できない人がいる?

「貴方は、ここにバケツ持って立ってなさい!」 容赦のない独身女教師風 (おっと、差別用語!失礼!)

次は、リフトを使い山頂へ

今回は、スキーヤー10名、スノーシュー、ワカンが7名参加

スキーを穿かずに乗るリフトって、初めてだね?

誰かがリフトのカバーを下げようとしたら、みんなが揃って「イタタッ」

そうか! 背中のザックの分身体が前方にあるので、カバーが閉まらないんです

ハマナスさん、首を痛めてしまいました・・・。

そして、椅子には浅くしか腰かけれず、落下防止のバーも使えず・・・・

のりちゃんは、恐怖で固まっています。

なんとか無事に終点

ここから、すぐ上にある 【モイワ山】ピークへ移動

ニセコルールにおいて、コース外に出るときには、ビーコンチェックがあります

器械でチェックしたり、係りの人がゲートに立っていました。

DSCN9121 (640x456)

すぐ上のピークまで山スキーとスノーシューで登ります

DSCN9067 (640x453)

今回は、コンさんとマサちゃんが、講師のサポート役で参加してくれました。

登りながら、スキーやストックを使った雪崩チェック

ストックを雪面に突き刺した抵抗で、雪質を見極める方法

スキーをずらして雪面の亀裂を観察する方法

風向きと雪庇の関係、風紋やエビのシッポから風や気温を知る方法等々

そう言えば、モイワ山って初ピークだっ

DSCN9072 (640x480)

さて、ここから五色温泉に向かうにはどういうルートをとる!?

もちろん、GPSじゃなく地形図とコンパスでね!

そして、猛吹雪で地形図も出せないような時には、どうする!?

DSCN9074 (640x455)


カナリーヌ、地形図とコンパスはなんとなく使ってるけど、そのぅー、コンパスの回りの数字?

初めて、どう使うか教えてもらいました!

なるほどっ あらかじめ家で進む方向の度数を出しておくんですね!!

その度数を覚えておけば、地形図がなくて進む方向が解る!  多分・・・そういう事?

次は、ピットチェックとゆう、雪面の雪崩危険のチェック

DSCN9075 (640x480)

円柱条に切り出した雪柱を叩いて、その崩れ方で雪崩予想をするのね?

昔は、雪柱に抱き付いて引っ張ってたと思うんですが?

おぉーっ なんか本格的じゃないの!

それぞれ、雪柱を切り出して体験してみる

カナリーヌ、闇雲に掘る掘る掘る!

あれ? 雪柱って、どーすんの?

のりちゃんは、丁寧に綺麗な柱を制作

うさこちゃんは、なんとゆうか雪像作り?

まぁ なんとかそれぞれ頑張ります


本日の講習の最後は、雪洞体験です!

4人ずつのグループに別れ、並んで用意スタート!

うちのグループは何しろ、カナリーヌ、うさこちゃん、のりちゃんに藤井とゆう なんとも頼りないグループ

見かねたマサちゃんが、参加してくれました。

教えて貰いながら、人1人がくぐれる位の雪穴を作り、そこから中をくり抜くように掘り進める

DSCN9086 (640x480)

カナリーヌ、雪洞に泊まった経験はないけど、作るところを見たり、勉強して

去年裏庭に小さな雪洞をルパンと一緒に掘ってみたけど

2人で腰をかがめてなんとか、収まる程度の雪洞に、1時間はかかりました!

今回は、5人が入る大きさ!

掘って掘って掘りまくるのよーーー!!

そうだ!ツェルトやシートに雪を乗せて一気に引き出すと効率的なんじゃない?

DSCN9092 (480x640)

交代で掘りまくるっ  こーゆうのってトランス状態になるんですね?

みんななかなか穴から出てこない!

掘って掘ってまた掘って!!

最後は、カナリーヌとマサちゃんが一気に掘り進めます!

「チーム・コマツ」

え? コマツって?  あぁ! ブルトーザーのメーカーじゃない!?

2時間かかり、完成!!

中は、5人が余裕で座れるベンチシート

DSCN9111 (640x480)


あったかーいっ

ろうそくもお洒落な灯りに変身

DSCN9107 (640x480)

ここで、1時間ほど過ごして雪洞体験

入り口は、大きなブロックで閉じます

藤井が使っているのは、スノーソーと言う、雪のブロックを切り出すノコギリ

DSCN9101 (640x480)


冬は、テントより雪洞が好きな山屋さんも大勢いるそうです

確かに、外の吹雪の音も全く聞こえず、静か・・・

「このシーンとした雰囲気が素敵・・・ろうそく素敵・・・安心感が素敵・・・・」とうっとりするヤマリータ

「マサちゃんっ 2人の愛の巣完成ね!」 暗闇に紛れてセクハラするカナリーヌ

「朝早かったから、眠いっす」とうとうとする藤井

「この中でお洒落なお料理したりしてねぇー」とはしゃぐうさことのりこ

ゆっくりと時間が流れます。・・・・・

・・・・・・「少しお尻が冷たいね?  なんか湿気ってない? 汗が冷えたからかな? 寒いんですけど!」

まだ1時間も経過しないけど、ううぅ 寒い!

この中で朝まで過ごすなんて無理っ

閉所恐怖症のカナリーヌもう限界っ

無理ーーーーって叫びたいのをなんとか堪え、やっと1時間

「そろそろ出ておいで」と大魔神が、入口を開けてくれました。

DSCN9097 (640x480)

やったーっ 生還しましたっ

(やれやれ、僕もセクハラから逃れられた・・・)と一番ホッとした表情のマサちゃん

DSCN9117 (640x461)

そうか・・・雪洞って言うのは、作るのも過ごすのも大変!

今回は、ストーブは付けてないけど、換気はそうするんだろ?雪は酸素あるからいいのかな?

エアーマットや厳冬期用のシュラフに入れば温かいのかな?

もし、ビバークを与儀なくされたらその時、雪洞を掘る余裕あるのかな?

せいぜい3人でしか登らないし、最近は単独で登るほうが多いカナリーヌ

独りで掘れるのかな?

どこの山でもフル装備を背負ってはいるけど、エアーマットとかも持とうかしらん?

いやいや、あれもこれもと考え出したら、家一軒背負いたくなるわ!

とりあえず、絶好のお天気が約束されない限り、雪山に登るのはやめとこーっと!!

本日習った事を、頭の中でしっかり復讐しながら、スキー場の斜面の脇をワカンで下りました。

DSCN9124 (640x480)

この後は、大魔神山荘で 座学があります

それは、また次回に!

まずは、みんなで冷えた身体を温めに温泉!!

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1166.html

2015/02/09 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ビバーク実践!

チョコさん! なんと芽室岳で単独の女性が遭難して、今日救助されましたね!!
どうやら、反対側のパンケヌーシ林道へ下りたらしいですね?
昨日の大寒波を心配していたけど、もしかしたら麓まで下山してビバークしていたのかも知れませんね?
山頂ビバークならとても耐えられなかったと思うんですが・・・。詳細は回復を待って伝えられるでしょうが。
しっかり山岳会でビバーク訓練をしていたからこそ
助かったのでしょう!!
あたし達もこれからは、折あるごとに自主訓練をしたり、今回のような機会に訓練に参加したいと思います!

カナリーヌ |  2015/02/11 (水) 19:19 No.2957


雪洞

お散歩程度しか歩けない私達ですが、何度か山岳会の訓練で、雪洞体験しました。
本当に掘るのも、中で過ごすのも大変ですよね?
でも、みんなで肩を寄せあい
お鍋をしたのが、忘れられません
本当のビバーク、想像しただけで震えます。
お互いに、絶対経験しないようにしましょうね!!

チョコ |  2015/02/10 (火) 11:05 No.2955


【Tarochan】

ふふっ 早速【デジカメ持って野に山に】さんから、リンクコピーさせてもらいましたよ!
ブログは、随分男らしくサッパリしてますね?
あ、いや実物もとてもナイスガイでした!
二日目にタロちゃんが自主的に洗い物をしている姿を見たみなさんが、「さすが、もうかなちゃんに躾をしてもらってますね!」と感心されてました。
それにしても、昔、小娘だった頃の(10歳ほど、さばよんでたので)あたしがお世話になったローカルチームの波乗りさんだったとはね!!
いやぁー 人間、嘘ついちゃいけませんな・・・・。

次回は怒涛の懇親会! いや、いよいよ雪崩訓練本番ですっ

カナリーヌ |  2015/02/09 (月) 19:55 No.2953


お疲れ様でした。

こんばんは、叱られてる学生風の者ですw

本当、雪洞のローソクがロマンチックで思わず隣に座ってる一司さんに思わず恋に落ちそうでしたが、底冷えする寒さで我に返りましたし(爆)

またカナリーヌさんとも意外な所で繋がってたのも驚きでした。また今回お世話になりましたHYMLの皆さんにも感謝です。
今後とも宜しくお願い致します♪

Tarochan |  2015/02/09 (月) 19:16 [ 編集 ] No.2952

コメントを投稿する 記事: 【雪崩講習会】   とうが経ち過ぎた山姥ですが初心者です!

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback