promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【フレンチブル ニコちゃん大騒動】

   ↑  2015/04/09 (木)  カテゴリー: ワクワク散歩道

あらら・・・ルパンのこのヨダレッ

DSCN0384 (480x640)

尋常な量じゃないです

いつもの《美味しい物見つけた》的なヨダレじゃないです。

これは、極度の緊張や不安感の現れ・・・・

原因は・・・・

DSCN0412 (640x480)

(∩´∀`)∩  なんちゅー可愛さ!!

このオチリッ  何とも色っぽいけど、れっきとした男の子なんです

DSCN0396 (640x480)

(おいら・・・こーゆうちびっ子ちょっと苦手なんだよなぁ)

ルパン、家中逃げ回る・・・・

DSCN0405 (480x640)

とうとう二階の勉強部屋に避難しました。

DSCN0409 (640x480)

さて、何故このちびっこいのが、我が家にいらしてるかとゆうと

実は、昨日の朝、お向かいの公園にワン仲間が集っているとき

ノルテパパのところに、最近仲間入りした

新入りのこのニコちゃんが、張り切って参上しました。

ノルテのお家は、ゴールデンのノルテとドゥートルのロンちゃんがいるせいか

まったく物怖じせず遊んでー攻撃をしかけます

ルパンにもその調子で・・・・・ルパンも困ってたみたいなんだけどなんとかお相手をしていたら

ふと見ると、ニコちゃんのお耳から流血してる!?

うわっ  もしやルパンの牙に当たった!?

カナリーヌ、慌ててニコちゃんを確保して、とりあえず止血してみる

でも、けっこう切れてます

幸い、カナリーヌ昨日は休日だったので、仕事を休めないパパの代わりに

そのままニコちゃんを預かり、病院に連れて行くことにしました。

それで、病院が開くまで我が家に一緒に連れて来てたの

ニコちゃん、大興奮!!

さーっ ニコちゃんっ 病院に行こうか!

DSCN0415 (640x480)

当のニコちゃんは、全く痛がる風もなく、お元気・・・・

待合室でも、走り回ろうとガシャガシャ・・・

ルパンが、一生懸命確保中

DSCN0416 (416x640)

ニコちゃん全く人見知りもなく・・・知らないおばさんにペッタリンコ

DSCN0419 (480x640)

やがて、院長の診察

深くはないけどギザギザに皮が剥けてるで、縫合したほうが治りも早いし、

傷も残りませんよ!との事で縫合処置をしてもらうことに。

夕方迎えに行くと、元気に出て来ました!

傷も綺麗に縫ってある!

DSCN0432 (640x480)


このちっこい身体で頑張ったのねぇー!!

何がなんだかわからないで、知らないおばさんの家に連れて来られたり

初めての病院に連れて来られて・・・・眠らされてみたり・・・・

目が覚めたら、また変な物に乗っけられて・・・・

DSCN0433 (640x480)

きっと、ニコちゃんにしてみたら、何がなんだか解んないよね?

でも、本当に頑張りました!

後は、2週間後に抜糸すればいいそうです

ルパンもなんだかグッタリ・・・・

「ルパンは悪くないのよ?」って慰めても、ルパンにしてみたら

ただならぬ状況にきっとガクブルだったんだろうな

ちなみに、ニコちゃんのお耳は、もしかしたら傍にあったギザギザの枝に引っかけたのかも?

考えてみたら、ルパンの牙、石を齧る癖が直んないから、全部丸く削れてるわ・・・(^_-)-☆








(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1184.html

2015/04/09 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


本当に肝を冷やす出来事です

確かに、Drも「齧られた傷かなぁ?」と首を傾げていました。
表皮が剥けているようでしたし。
でも、歯が当たったのかも知れないし・・・。
兎も角、ルパンが攻撃しようとした訳ではないのは、確かなので ルパンを叱ったりはしなかったけど、あの時は
「ルパンの牙」のせいにはしてしまったの。
そのせいで、ルパンは、いままで見たことがない落ち込み方と緊張と不安でいっぱいでした。
大体、ルパンに怪我させられたら、ニコちゃん
こんなにルパンに懐かないですよね?
家にいるときも、遊んで遊んでーって、ハイテンションでした。
ニコちゃん、順調に回復していて
ほとんど傷口も目立たない位になって、一安心です!
小型犬、可愛いけど・・・やっぱりむしろ怖い・・・
これからは、充分に気を付けます!!

カナリーヌ |  2015/04/12 (日) 20:07 No.3026


ルパンくん、可哀相でしたね

確かに、大型犬と小型犬はお互いの仲間意識が出来ていないと、よく小型犬が怪我をする事故もあります。
また、小型犬に慣れていない大型犬が、加減を知らずにと言う事故も。
この場合、ルパンくんにとっては、もしかしてキャンキャン絡んでくる小さい犬が、ストレスだったかも?
でも、ルパンくんなら自分から逃げ出すのではないでしょうか?そうしたはずてす。
はっきり状況を見ていないとのことなので、断言は出来ませんが、ルパンくんが真面目に攻撃をしていたとしたら、恐らくニコちゃんの命はなかったです。
ですから、やはり飛び跳ねた時に枝に耳を引っ掛けたのでは?子犬ならちょっとした事で、直ぐに傷を負ってしまいますよ。
それにしても、やはり仲間以外の小型犬と接するときは、お互いの飼い主さんは十分に気を付けたいですね!
とにかく、ニコちゃんの耳が早く完治しますように!
そして、冤罪に問われたルパンくんのフォローをどうぞ宜しくです!!

ブレイク |  2015/04/12 (日) 18:24 No.3023

コメントを投稿する 記事: 【フレンチブル ニコちゃん大騒動】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback