promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【芦別岳 本谷 】  最大傾斜40度の壁に挑む!

   ↑  2015/05/14 (木)  カテゴリー: 山散歩道

【北の国から】のあの石積の家は、絶対このユーフレ小屋をイメージしたんだと思うんよ

DSCN1113 (640x478)


そんな事を言いながら、一行はユーフレ沢へ・・・・

いつもの時期なら、ここからは雪で埋まってるはずなのに・・・・

怖い激流が口を開けています

DSCN1121 (640x480)

長靴持てば良かったなぁ

何か所かの口の開いた沢をなんとか渡渉

やっと、ガッツリ雪で埋まったルンゼが出て来ました

DSCN1130 (480x640)

いよいよ、両側から迫る アルペン岩稜

いーねいーね!! これが観たかったんです!!

大きなゴルジュもしっかり埋まってる!

DSCN1146 (475x640)

それでも雪の下からゴゥゴゥーと激流が暴れる不気味な音が響き、そそくさと渡ります

さてっ 登るかー!!

その前にブレイクタイム  今回は、ヒロちゃんとのりちゃんがかなり緊張しているので

マメに休憩を取りながら、時間をかけて進みます

DSCN1159 (480x640)

だけど、カナリーヌはテンションが上がり過ぎて、なかなかみんなに歩調を合わせられない・・・

それに、足元にゴゥゴゥー川が流れているかと思うと・・・・

ついつい独り先行してしまう

DSCN1170 (476x640)

振り返ると誰もいない・・・・

つくづくリーダーに向いてないな・・・・

マイペースが直せない

そんなカナリーヌのフォローをルパンがしてくれます

DSCN1164 (453x640)

こうして、急斜面を行ったり来たりしながら、離れがちなパーティーをまとめてくれる

すまんね?

DSCN1178 (640x480)


さて、この三俣は最大傾斜の壁の基部

取り付く前に、山ちゃんがのりちゃんとヒロちゃんに、滑落停止訓練

DSCN1183 (470x640)

するとルパンが!!

(のりこーっ  大丈夫か!?)と慌てて助けに向かいました

DSCN1188 (471x640)

大切なのりこが、滑落しちゃったかと思ったんだねぇ

ルパンはカナリーヌと違って、立派なリーダーの素質あるわっ

よしっ  いざっ

壁に取り付く一行

DSCN1202 (459x640)

小雨からガス、そして小雪混じりの過酷な天候は、徐々に青空も覗くように。

ただ、天候の悪さは全然気になりませんでした

ひたすら、転ばないように、滑らないように

そして、ルンゼから落石や落雪がないか、そっちに気を取られていたせいかな?

むしろガスの間から垣間見える岩稜は、迫力があって圧倒される

DSCN1222 (480x640)

ここまで登ると、山頂稜線はすぐそこ

なんだかあっという間に登ってしまった気がする

DSCN1219 (640x467)

山頂の岩魂が迫ってきました

DSCN1230 (480x640)

スタート5時

11時、全員無事本谷を登り切りました!

DSCN1232 (640x479)

(のりこっ 頑張ったな!!)

 ルパンが駆け寄りお互いの健闘をたたえ合います

のりちゃん、ヒロちゃん

本当に弱音も吐かず、頑張りました!!

相当怖かったろうに・・・・。

DSCN1236 (475x640)

去年、熱中症の危機を乗り越えて歩いた、旧道はまだすっぽり雪の中

雪がもう少し融けたら、今年も歩きたいね!

山頂には、前後して登った某山岳会の方が三人だけ

もっと他にもいるかと思ったけど、この日はこのメンバーと我々だけでした。

DSCN1243 (640x476)

予報は、お昼から晴れマークだったけど、強風の中とても待機する気も起きず

お昼を食べたら、さっさと新道を下山

DSCN1249 (640x463)

どうやらのりちゃんは、この下山の方が怖かったみたい

大雪渓をゆっくりゆっくり下っています

DSCN1257 (640x479)

さすがに、この斜度を尻セードも怖いし、グリセード混じりで下ろうっと!

おーっ  スキッと晴れて来た!

懐かしい夫婦岩!

DSCN1264 (640x473)

カナリーヌが好きな、Xルンゼ

DSCN1274 (480x640)


振り返ると、本峰も姿を現します

DSCN1269 (480x640)

画面左手の雪の斜面を下って来たのね?

こーみると壁だわ・・・


一段階下った緩めの斜度で、アイゼンを外し

シートを敷いてヒャッホゥーの山ちゃん

DSCN1280 (640x455)

寺さんもソレーッ  あっ 寺さんのザックからなんと尻ボーが出て来ました!!

DSCN1281 (640x443)

さっそく借りて、ヒヤッホゥー!! キャーッ  100mを一気に滑れるーーー!!

RSCN1298 (638x476)

あっという間に半面山

DSCN1288 (480x640)

ここから、夏道の出た新道をテレンテレンと下ります

途中、ネギを採りながら、テレンコ テレンコ

はぁー。長い・・・

そう言えば、去年も旧道からピークを踏んで、新道を下山するとき

長くて長くて、マジ泣きしながら歩いたっけ

多分、もう下山の体力と気力を使い果たしちゃってたんだと思う

いや、今回も本当に辛い

辛いけど、仲間がいてくれる!

お喋りしたり、カナリーヌの膝を気使ってくれる 優しい仲間がいてくれる

「気にしないでゆっくり下りよう」

「ここで少し足を休めよう」

「荷物を持とうか?」

なんて、なんて優しい仲間達

・・・なのに、ごめんなさい!

本谷で、みんなを置いてきぼりにして、自分だけ気の向くまま駆け上がってしまいました・・・・

そんな自分勝手さを恥じながら、やっと下山完了したのは、今朝スタートしてから11時間後!

DSCN1293 (480x640)

まだ陽が高く、一安心

母の日なので、家ご飯にしたいという 親孝行なヒロちゃん

妻に日頃の感謝を伝えたいと、ネギをお土産に家路を急ぐ山ちゃん、寺さん

谷さんも、誰が待ってるのかさらばっ と風のように去りました。

カナリーヌは、今日の復習

山ちゃんが配ってくれたルート地形図と、フィールドアクセスのログ記録を見直します

・・・!?

はぁ!?

何じゃこれ!!

DSCN1295 (480x640)

一直線に登ってるはずなのに、ルンゼで迷走しまくり?

おまけに・・・・

DSCN1297 (480x640)

芦別岳山頂から、反対側に500mも滑落してるし!

他の人のGPSは、正常だったのに。

同じフィールドアクセスを使ってるのりちゃんのも、きちんと位置情報取れてたのに

なんで、カナリーヌのだけこんな事になってたんだろう?

もしかしたら

(あんたが、独りで登っていたら、こんな結果になるんだよ)という警告?

むぅーっ  来年は単独で本谷登れるかも?なんて無謀な目論見 見破られました!!

畏るべしっ 芦別岳!

でもっ またすぐにお邪魔しまーす!!

待ってろよっ 芦別岳!!

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1193.html

2015/05/14 | Comment (8) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


カメラの腕前

タロチャンのカメラの腕前が欲しかったよ!
あたしの下手くそな写真じゃ
あの迫力が伝わらないから、ぜひぜひ挑戦してね!

カナリーヌ |  2015/05/19 (火) 19:38 No.3063


お疲れ様でした

芦別岳・本谷、やっぱりスケールが違いますね
Xルンゼも格好良いですわ、来年は是非やってみたいです。

Tarochan |  2015/05/18 (月) 22:17 [ 編集 ] No.3061


お笑い系なら?

テレビ・・・・いやいやあたしが出ちゃうと、お笑いになっちゃうよ!
でも、あの高度感や景観は写真では伝えきれないので、悔しい
本当に素晴らしの!
次回は、ぜひスカッと晴れた全貌をお届けしたいです!
こんな凄いところ、とてもチーム・ヤマリータやチーム・パトリオットじゃ行けない
やっぱりチーム・山ちゃん頼みです

カナリーヌ |  2015/05/17 (日) 19:15 No.3060


成長!

確かに本谷は、山屋さんなら一度は登ってみたいと思いますよね?
あたしも、10年ぶりに登って感激しました!
あの素晴らしい景観!のりちゃんじゃないけど
毎年の恒例にしたいけど、そうは上手くいかないでしょうね?
のりちゃんは、本当にグングン山屋になってます
今回も、誘いに迷いなく「かなさんと山ちゃんが、行けると言ってくれるなら行きます!」と速攻でアイゼンを購入しました。
体力的にも技術的にも、のりちゃんはもう一人前の山屋です
あたしは、ほんの少し背中を押しただけですよ!

カナリーヌ |  2015/05/17 (日) 19:12 No.3059


多分犬界初?

あたしも10年前に登った時は、本当にセミになりそうに
ビビリましたが、2回目のせいか全く恐怖は感じませんでした。
雪も柔らかくて。アイゼン、ピッケルがしっかり刺さってたからかな?
もう少し次期が早いときは、前回GWに登った時みたく、
ガリガリでほんとに怖いんです。
それにしても、ここに犬を連れてくる人は、いないでしょうね?でも犬は天然のアイゼン効かせるし、全然平気だと思います!

カナリーヌ |  2015/05/17 (日) 19:06 No.3058


テレビで放送して欲しい!!!

凄い!!!感動しました。
引き込まれる感じ、、、チーム山屋、、、。
お互いの安全を気配りながら 頂きに立ち そして下山する 最高に気持が良い様子を目にした感じです。
映像で見られたら 良いのに、、、凄く想ったよカナさん!

クミリン |  2015/05/17 (日) 14:22 No.3057


憧れのままの。

本谷!昔から一度は登ってみたいわーと
憧れていましたが、とうとう登る機会も勇気もないまま終わりそうです。
時期が限られているのと、アイゼン、ピッケルを使わないと登れない程の傾斜
噂に聞くアルペン的な様相に憧れます。
凄いですねぇ
カナリーヌさんは、もちろん実力のある山屋さんですから、登って当然としても
のりこさん!群別岳の12時間と言い、この本谷と言い
こう言っては失礼かも知れませんが、カナリーヌさんと登り始めてグングン成長していますよね!!
やはり、素晴らしい指導者を得ると
人は、いえ犬も素晴らしい成長を果たせますね!

チョコ |  2015/05/16 (土) 21:27 No.3056


足が、足がすくむ!

すっげぇ高度感!!
みなさん、よくもまぁこんな壁を登るもんです!
おいらなら、一歩も動けなくなり蝉になりますね!
そして、ルパン君の勇敢な勇ましい顔付き
もう、最高の山岳犬です!
うちのしょーもないブレイクなら、とっとと尻尾を巻いて逃げてます。
こんな所、他に登ったことのある犬、いるのかなぁ?

ブレイク |  2015/05/16 (土) 20:08 No.3055

コメントを投稿する 記事: 【芦別岳 本谷 】  最大傾斜40度の壁に挑む!

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback