promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【黄金山】 黄金以上に価値あるものがたくさんある!

   ↑  2015/06/02 (火)  カテゴリー: 山散歩道

今年もやって参りました! 【黄金詣で】

DSCN1619 (480x640)

ほんとポッコリ ホッコリ 日本昔話に出て来るみたいな可愛い形です



この山は、小粒ながらピリリとした登山道と、可愛いお花がたくさなるんですよ

そして、何より女子に嬉しい綺麗なトイレ!

DSCN1621 (640x480)

水洗、広い、洋式、着替えのスペースもあり、鏡もある

カナリーヌが知る限り、登山口トイレとしては、道東の標津岳がNO1

それに次ぐ綺麗さと、こころ尽くしです

今年は、金剛杖まで用意されておりました。

さっ  お天気も最高!

暑くなりそうだけど、木陰が爽やか

スミレも可愛い

DSCN1630 (640x479)

スミレとニリンソウが道の両脇を彩ってくれています

DSCN1635 (480x640)

新道と旧道の分岐にある湧き水

冷たくて美味しいんだよね?

DSCN1623 (640x480)

この山は、旧道を登り新道から下山する周回コースが断然お勧め!

お花も展望も、絶対旧道が素敵

目指すピークが見えて来た

DSCN1627 (463x640)

道は、あのピーク下をトラバースします

ただし、この旧道、かなりの難所が続くの!

DSCN1647 (474x640)

両手両足をフル活躍させて、ロープや枝にしがみついたり

ルパンにとっても、手ごわい登りが延々と続きます

DSCN1662 (480x640)

でもお花はたくさん!

麻里南ちゃんが、攀じ登りながら

「あっ サンカヨウ!これはアズマギク、これはハンショウツルかな?!」とか教えてくれるんです

さすが、洞爺湖ネイチャーガイド!

あたしじゃ全然気が付かない草花も、彼女にかかれば、あっと言う間に数種類の名前が飛び出す

って言うか、カナリーヌ、登るのに必死で余裕なし

(頼むっ 麻里南ちゃんも集中しておくれ!)と思った矢先

「アイタッ」 ほらぁ 頭の上の枝にぶつかった・・・・

「ほらっ 熊のホヤホヤウンチ踏まないでね!」

DSCN1681 (480x640)


でも本当に可愛いお花があちこちにあるんです

これは、麻里南ちゃんにも不明のお花

DSCN1649 (453x640)

アズマギクはカナリーヌが解る数少ないお花

DSCN1670 (640x480)

群生してたね

DSCN1674 (640x480)

このナンジャモンジャの本名は、何という?

DSCN1685 (640x480)

攀じ攀じしながら、お花を観て、後ろに現れ始めた幌天狗や群別岳にも目を奪われてる内に

このコース一番の難所

「麻里南ちゃん、ルパンが後ろにひっくり返るかもしれないから、巻き込まれないよう

しっかりロープに捕まってね!あっ カメラ撮影も頼むね!」

さらに無理難題を押し付けるカナリーヌ

頑張って撮影してくれました!

DSCN1688 (480x640)

右腕に力が入らないので、左腕一本で30kgを引き上げる

こういう場面は、多々あるけど

ルパンの偉いところは、決してジタバタせず

カナリーヌのコマンドをしっかり守り、されるがままじっとしていることです!

コレ、凄く重要

変に怖がって暴れられると、マジで危険

ルパンは、こーやって 滝とかもビレイされます

さっ  着いた!!

後は、岩場を慎重に歩いて、ピークまでほんの少し!

そうそう!! これこれっ 

この稜線が観たかったの!

左から、浜益岳、幌天狗、群別岳  かな?

この写真ではわからないけど、群別岳から奥徳富岳を先月、往復12時間かけて歩いたんですね

DSCN1695 (640x480)

最高の展望!!

DSCN1700 (640x480)

ちなみに、先月歩いたログがグレー

本日のは、赤です

DSCN1714 (480x640)

こうして自分の歩いたコースを、改めて見るの楽しいなぁ

DSCN1717 (640x480)

こっちもなかなかの高度感!

DSCN1707 (640x476)

ルパンは、こうして展望を楽しむのが好き

DSCN1715 (640x476)

危険な場所でむやみに動き回らない、はしゃがないのも重要

やっぱりコマンドに忠実、リーダーには絶対服従

これは、山岳犬としてだけじゃなく、人のパーティーでも絶対条件だよね?

もちろん、ルパンは

カナリーヌがリーダーの時は、カナリーヌに

カナリーヌ以外の人、(ほとんどは山ちゃん) その時は山ちゃんリーダーに絶対服従です!

例えば、カナリーヌと山ちゃんがあえて違うルートを進むと

迷うことなく山ちゃんへつきます!

それでいいの! ルパンが自分で自分の身の安全を判断することなのでいいんです

そう教えてるの、何かあったらカナリーヌのことより、まず自分の安全を守りなさいと。

チームひとりひとりが、きちんと自分の安全を守れないと、リーダーに何かあった時、困るよね?

そう考えると、ツアーガイドさんとゆうのは、絶対自分に何か起こしちゃいけない

常に、ゲストの安全を守らないといけない


本当に、大変な責務の仕事

でも無事にガイドを終えて、ゲストが喜んでくれるのが何より嬉しいんだろうね?

そんなガイドのユカちゃんに、偶然山頂で再会!何年ぶり!?

10年位!?

うっわぁー!!  逞しくなったなぁ

すっかりガイドの貫禄!  この冬は南極観測隊に参加していたんだって!!

DSCN1711 (640x480)

色々積もる話をサクッと交わし、近い内に何処か一緒に登る約束をがっちりしました!


しばらく見晴らしのいい岩場で、のんびりして

新道を下山

あれ?こっちも随分崩壊しかけてるかな?

こんな梯子あった?

ここが、今回の一番の難所だった。

DSCN1724 (480x640)

ルパンは、しばらく右往左往して自分はどう下りるか考えた結果

エイッと梯子を飛び下りてました。

帰りは、タケノコを採りながらブラブラ歩き

のんびり2時間かけて、本日の安全登山終了

それにしても、今年はお花も早いなぁ

シラネアオイ、あずま菊はもう終わりかけ、みなさんお急ぎください!

カナリーヌは、黄金山に限らず

ひと山登るたびに、ルパンや仲間との絆が深まる気がします

そして、お花や展望、懐かしい再会

何より、この達成感!

そんな 素敵な山登り  お金じゃ買えないこの素晴らしきもの!

これからも、無理せず、元気に安全登山を続けたい

って、「オイッ  骨折れてるのに登りまくっておいて、どこが安全登山じゃー!?」という皆さんの声は

すみません、聴こえない振りさせてもらいまっせ!







(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1201.html

2015/06/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【黄金山】 黄金以上に価値あるものがたくさんある!

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback