promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【大平山】 エーデルワイスが咲き誇る丘にて・・・・ 

   ↑  2015/07/26 (日)  カテゴリー: 山散歩道

初めて登ったのは、確かもう20年位前かな?

それから、夏道からと、ガロの沢から

そして、今回は4回目です
大平山と言えば、何といっても【エーデルワイス】

そう、大平薄雪草ですよね?

薄雪草・・・・なんてピッタリであの気品溢れる花に似合う名前

カナリーヌ、名前もその花の美しさも

このエーデルワイスが花の中で、一番好きです

できれば、毎年でもこの花に逢いに登りたい

だけど、この大平山までは、札幌から4時間

おまけに、エーデルワイスの見頃は、真夏

ただでさえ暑い季節ですが、この岩盤地形の山は、つまり陽ざしが当たると、熱しやすく

まるでフライパンの上のような状態となります

人間でさえ、毎年のように熱中症の登山者が出るそうです

まして、地上高の低いルパンにとっては、かなりの過酷さ

エーデルワイスを見るときは、ルパンはお留守番だなと思ってました。

が、大雪縦走の為の5連休が、天候不良で、計画中止

うーむ、そうだっ むしろ天候が悪い時こそ

大平山に登るチャンス!

24日は、島牧村曇り時々晴れ 最高気温24度

イケル! イケマスゼッ それっとやって来ました!

いや、実際は前日みんなでシャクナゲ岳に登り、カナリーヌとルパンはそのまま島牧のキャンプ場へ。

翌朝は、狙った通りの曇天

登山口6時出発 

DSCN2925 (640x480)


むむっ 全くお手入れなしの草ボーボー

DSCN2930 (480x640)

でもいいのいいの、これも狙い通り!

この草の朝露で身体を冷やす算段なのです

おかげで、ヒンヤリ快適!

普通なら朝露に濡れるのってすごく不快  でも今朝は快適!

通常のコースタイムは、4時間から5時間 

長丁場です

あまりペースを早くすると、ルパンも自分もオーバーヒートしちゃうから ゆっくりゆっくり・・・

おっ タモギちゃーんっ

DSCN2931 (640x480)

お花の前にいいお色の茸

DSCN2937 (640x478)

前半は、涸沢に沿った登山道だし、まだ朝早いので暑さも気になりません

スタスタテンポ良く高度を稼げます

さっ 標高650mで尾根に上りますよ!

うわっ いきなり登山道自体がお花畑!!

DSCN2946 (480x640)

お花を掻き分けて歩くの

そして、頭の上に被さるお花と雑草

頭からずぶ濡れ・・・・気持ちいい・・・・

稜線に上がると風がそよそよ・・・・気持ちいい・・・・

あらっ 青空が出ちゃった!

DSCN2963 (640x479)

雲海の向うに狩場山

もう何種類のお花が咲いてるのか、花同定は当然無理

そして相変わらずのセンスのない写真に、ため息・・・

DSCN2974 (640x473)


虎の尾と犬の尾 コラボ

DSCN2950 (472x640)

花に埋め尽くされた斜面

DSCN2980 (640x480)

カナリーヌの持つ夏山ガイド初版では、この大平山は、掲載されてません

でものりちゃんの「花の名山なんとか」には、掲載されているらしい

「登山道から外れるなとか、花を踏むなとか色々書いてあるから、写真に気を付けてくださいね!」

とメールが来たけど

あのね、このトラバース斜面についてる歩幅程度の登山道

急斜面過ぎて、道から一歩でも外れたら、沢に転がり落ちるんだよぅ!

それに、登山道自体が花畑なんだもんっ

ルパンが座ってる場所は、登山道ですっ

DSCN2995 (640x480)

さてっ いよいよあの白い崖が近くなりました!

ここを攀じ登れば・・・・

DSCN3014 (480x640)

あっ 今年もこんなに美しく・・・・

DSCN3012 (480x640)

薄雪草

DSCN2976 (640x480)

なんて、凛として気高い・・・それでいて優しさに溢れる花

ここから、しばらくは 息を潜め 薄雪草が咲き誇る丘を歩きます

そうっとそうーっと 踏まないように・・・・だって登山道の真ん中にまで咲いてるの

こんなに咲いてる薄雪草は、初めて!

もしかしたら、年々登山者は減ってるのかも?

アクセスの悪さと、真夏の過酷さ、整備されていない道のお蔭で?

もしやわざとに整備してないとか?

カナリーヌ的には、もう整備しなくていいっ 大勢の登山者来なくていいっ

って言うか、ここ初心者やお年寄りには過酷過ぎるし、危険ですっ

山頂までのあの物凄い藪! 背丈を越える笹とハイマツのミックス

藪の中に道なんてほぼなしっ  辛うじてガイドロープらしきものがあるので、それを見落とさないように・・・・。

初心者は、迷いパニックになり、お年寄りは熱中症になる!

何度か歩いてるカナリーヌも、ロープとGPSとルパンのお鼻を頼りになんとかピークへ

かなりゆっくり歩いたはずなのに、2時間50分

まだ9時前だわ・・・。

でもいいかっ ゆっくりお花を愛でてもお昼前には、下山できそう

DSCN2992 (640x480)

なんとかセルフィーもしてみるけど・・・・。

DSCN3008 (640x480)

そろそろ暑くなってきたので、トコトコ下りはじめたら、下からハァハァ 倒れそうになりながら登って来る登山者さん

時間は、10時半

この時間からピークへ?

大丈夫かなぁ?

九州からっておっしゃってたけど、かなり暑さにやられてる

それなのに、「シャッター押しますよ!」ってご親切ありがとう

DSCN3024 (640x465)

お礼に、「山頂下の藪は、ロープを見逃さないで!」とアドバイスしたり・・・・

あれ? また1人涸れ沢から尾根に登って来ました。

こちらは40代だろうけど、もう熱中症の一歩手前のような状態

その方も初めてとか。

「凄い荒れた登山道ですねぇ」と汗をかいてるけど

この先に岩場、転げ落ちそうなトラバース斜面、

背丈を越える道なき藪が待ち受けているとは、とても言えませんでした・・・。

カナリーヌとルパンは、辛うじて、暑さにやられず涼やかゾーンへ戻って来ました!

DSCN3028 (640x480)

しっとり濡れた苔で、お腹をクールダウン

尾根の上とは、まったく違う涼しさ

紫陽花に癒されます

DSCN3029 (640x480)

12時半無事下山

ルパンのお楽しみっ

DSCN3032 (640x479)

暑い中付き合ってくれてありがとう

また来年もタイミングよく、エーデルワイスに逢えるといいね!





(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1218.html

2015/07/26 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


花の名山

すみません、夏山ガイドじゃなく、花の名山のほうみたいです!いずれにしろ、あたしが思うに・・・
そんなに踏むなとか、アレコレ言うほど心配なら
あちこちの本に(夏山ガイドも含めて)掲載しないで欲しい!
夏山ガイドは、1839まで掲載されてるんですって?
言い方悪いけど、1839の価値が下がった気がするの。
ともかく、このまま荒れ放題の厳しい道を越えてこそ
あの薄雪草に逢えます!それでいいですっ

カナリーヌ |  2015/07/29 (水) 18:19 No.3149


薄雪草

薄雪草咲き誇る丘
素敵ですねぇ〜
10年前の、夏に頑張って登った時に
私もあのエーデルワイスに逢えて大感激!
とても暑かったけどなんとかヘトヘトになりながら登りましたよ!カナリーヌさんの2倍時間がかかりました。
そうですか、登山道かなり荒れてるんですね?
確かに山頂まで笹ヤブでしたが、道はしっかりあったように記憶してます。
むしろ、整備しないのでお花が守られてるんですね?
でも、夏山ガイドに掲載されたら登山者増えそうで心配ですよね?


チョコ |  2015/07/27 (月) 21:28 No.3148


タイミング

あの山は、タイミングが難しいの!お天気過ぎると暑くて苦しいし、悪すぎると足場が悪く危険だし。何年か前に岩場から転落して亡くなった人がいます!
昔よりお花が増えてるよ!
また来年、登れるといいね!!
もちろん、私もタイミングいい時あったら
また薄雪草に逢いに行きます

カナリーヌ |  2015/07/27 (月) 21:13 No.3147


残念敗退

日曜日、私達も大平山に登りに行って来ましたが途中で敗退でした(笑)カナちゃん天気で良かったね
私達も午前中になんとか登ろうと思って天気の悪い中行きましたが途中から激しい雨に合いドロドロ、グチャグチャで下山しました、下山口に戻ったら、晴れるのでがっかりでした、又チャレンジしたいと思います
エーデルワイス見たかった~
カナちゃんのブログで我慢します~

コズ |  2015/07/27 (月) 09:04 [ 編集 ] No.3146

コメントを投稿する 記事: 【大平山】 エーデルワイスが咲き誇る丘にて・・・・ 

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback