promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【岩魚沢佐股往復】 定山渓天狗岳 

   ↑  2015/09/02 (水)  カテゴリー: 川散歩

さて、一旦夏尾根をまったり歩いてリフッレッシュしたので

またハーネスに足を通しました!

ここだけの話

最近のトイレの愛読書 某沢ガイド本

滝は大きくても10m程度で、頑張れば越えれそうなものが数個あって

下山でも使えそうな沢、

そして、なるべく藪漕ぎのない沢

そんな沢を探すのに余念がありません

で、丁度よさそうな沢を見つけたっと!!

ここ 上天へ突きあげる岩魚沢!

どうやら、中股というのが一番簡単そう

でも、少し滝でも遊びたいなら 左股

藪漕ぎ長い右股

悩んだ末、カナリーヌが選んだのは 左股遡行~中股下山というルートです

地形図にペンでマークを付けて

GPSは、いつものiPhoneのフィールドアクセスと、予備にauの山旅ロガーを古いスマホに起動させました。

そして、秘策? 地形図と一緒に

各二股のメモや滝を攻略ルートを順番に書き留めます!

もちろん、例のガイド本を参照にね!

さぁーっ 今日はルパンとふたりでがんばるぞーっ!

RIMG2571 (640x360)

小樽内川林道という林道をトコトコ歩くこと2km

あっ 上天が見えてるのかな?

RIMG2576 (354x640)

思ったより近くに感じます

コースタイムは、4時間って書いてあるから、ルパンを吊り上げたりしても

5時間あれば着くかしら?

さて、ここから入渓

いよいよ、褌の紐を引き締めて・・・いや、ハーネスのベルトをグィッと締めて足を踏み入れますよ!

RIMG2578 (640x360)

最初の二股を左にとった後は、ほとんど右股を選ぶんですね?

おっと、いきなり面白そうな滝 F1?

漁沢の今は無き F1に似てる?

真ん中に倒木

RIMG2696 (338x640)

高さは2m位なので、右からサクッと上がれます

そして・・・おやおや 次々と現れるねぇ

ルパンはゴルジュ慣れしてきました!

自分からグイグイ登る!


RIMG2587 (360x640)

ハイッ お次の滝さんいらっしゃーいっ

RIMG2598 (360x640)

むっ これはなかなか手強そう?

RIMG2612 (360x640)

右の水流の中にホールドがるので、ルパンのお尻を持ち上げると

あとは、自力で直登しました!

凄い・・・駄目なら上からロープで吊り上げようと思ったけど、全然大丈夫!

このドヤ顔!

RIMG2619 (360x640)

ちなみにカナリーヌのザックには、10mロープと30mロープが入ってます

後は、3mのお助けロープや豚鼻と呼ばれる登降機や、シュリンゲ2本に捨て縄2本

カラビナは8個 ジャラジャラ ブラブラ ハーネスから下げて歩いております

他には、乾いたシャツにパンツ、フリース、雨具、ツェルト

救急キットにヘッテン、ルパンと自分の食料 水は、沢だとルパンの分は要らないので

自分用に1,5リッター 蚊よけスプレー犬用、人間用、ピンクテープ数本 茸用ビニール袋も忘れない

重たいけど、命の重さと割り切ります

充分な装備を持てなくなった時は、引退だな

でも、この重さを背負いながら滝を攀じ登るのは、しんどい

しんどいけど、高巻きより、シャワーの方が登りやすいんだよね

そらっ グングン高度があがるので 上天の岩峰が近くなってきました!

RIMG2621 (360x640)

時々、フィールドアクセスと地形図で位置確認をします

よしよし、参考トラックログの通りに登ってますよ!

それにしても、確かに面白い滝が続々と!

これは、階段みたいな柱状節理っぽい滝です!

RIMG2636 (359x640)

いいねぇ 楽しいなぁ

RIMG2644 (360x640)

ルパンは、自分で登れそうなルートを見つけたり

カナリーヌのアドバイスで、滝の脇や真ん中を攀じ登ります

この沢最大の九の字滝

RIMG2664 (360x640)

ルパンは、せいぜいお尻を押すか、上から腕を引き上げる程度で小気味よく全ての滝をクリアー


源頭が過ぎた辺りから、ちょっと手強い巨岩が出てきます

ツルッとしてるので、ルパンが登りずらい

何か所か、お助け紐で引き上げる

不安そうなルパン  

あれ? エイトノットになってるよね?

なんかおかしい?

RIMG2653 (360x640)

そして、沢型が切れると、藪漕ぎが・・・・

急斜面の上、草は抜けやすく頼りにならないの!

ルパンは、爪があるので苦労はしてないけど、カナリーヌがズルズル・・・

あーっ 沢用に買った軽いピッケルも持てばよかった!

あの岩峰の基部までが、果てしなく感じます

RIMG2658 (640x360)

なんとか、灌木地帯を利用して、力任せに登りますが

当然道はない・・・藪ん中

フィールドアクセスで位置を確認・・・アチャーッ

藪ん中にiPhone落としちゃった!!

夏道はすぐそこだと思うんだけど・・・

ガクッ  いや、大丈夫! もうひとつのGPS山旅ロガーの出番っ

藪を格闘すること、30分  

おーっ なんと踏み跡を発見しましたよ!!

多分、昨日の日曜に入ってた人がいるんだね?

ホッとしながら、辿ると夏道!

既に入渓から4時間経過してる

ここからルンゼ登れば山頂だけど

なんかもう山頂は行かなくてもいい気分

雨も降りだしてきたし・・・ これからまた藪を漕いで中股を見つける気力もなくなった!

下りようか!? 今から下りたら雨が本降りになる前に林道に帰れるよね?

カナリーヌ、回れ右をして適当に籔下降します

沢を目指してお尻で滑り降りたら、見覚えのある沢!

あぁやれやれ、これで迷う心配もない!

後は、怪我をしないように慎重に滝を下りよう!

ルパンも自分達の臭いを確認して安心してるみたい

嫌な岩場を下降しているとき、ハプニングが!

ルパンがカナリーヌに続いて、岩から飛び降りた拍子に

落石! 人の頭ほどの大きさで3kgはありそう!

ルパンの背中に直撃しそうになったので、咄嗟にカナリーヌ 左足で岩を止めます!

危機一髪!

ルパンに当たってたら確実に背骨折れてた・・・・。

さすがに逞しいカナリーヌの太ももにも衝撃!

でも骨折には至らない!大丈夫!打撲だけっ

よしっ 偉いぞ!太もも!

これ、腕で止めてたら、腕は折れたね!

(おかぁちゃん、怪我してないか?)

RIMG2693 (360x640)

うんっ 大丈夫!ルパンも怪我してない?

気を付けようね! こんな沢の中で、フォローできない怪我をしたらアウトだもんね

どちらが怪我しても、もう絶体絶命!

焦らず慎重に・・・でも、さすがに下山は早く2時間で林道

RIMG2699 (360x640)

林道に出ると、ジワジワと無事下山した安堵感が出ます

毎回、沢登りは命の危険と隣り合わせ

とにかく、怪我をしないように夢中です

いや、滝を見たら後先なく夢中で攀じ登っちゃう危険な沢屋カナリーヌ

止めてくれる同行者がいない時は、くれぐれも無理しないこと!

怪我しないで無事下山完了!

ミラーに映るのは泥だらけの親子!

でもいい顔してますよね?

RIMG2713 (360x640)

またトイレで、ルパンとふたりで登れそうな沢を見つけよーっと!!







(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1232.html

2015/09/02 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 【アバレ川~ポンピ沢】
この前の記事 : 【豊平山】 彼に逢いたい!

Comment


筋肉の鎧!

そうそう!!なんかこの時の為にあたし鍛えてるんだなぁと心から実感したよ!ますます心も体も鍛えて
ルパンやナカマや家族を守りたい!!
やるぞー!!

カナリーヌ |  2015/09/05 (土) 11:23 No.3186


カナさんの太腿じゃなきゃ、岩から守れないよね!
さすがだ…。こういうときのための筋肉の鎧だなあ…としみじみ。
だって骨は弱いよね、カナさん。
あー怪我なくてよかった

on... |  2015/09/05 (土) 09:04 [ 編集 ] No.3185


確かに!

実は、ヘタレの私なので
ルパンやノリちゃんを連れて歩けるのは、初級の沢までと決めてます!
それでも、やっぱり藪漕ぎがあると凄くビビる〜!
そして、入渓地点までの林道が最大の核心部になる事があるのてす!
林道と滝と藪漕ぎがある限り
単独でのステップアップは、望めませーん!

カナリーヌ |  2015/09/05 (土) 05:28 No.3183


凄い!としか。

カナリーヌさん、なんと単独の沢登りとは!
もう凄すぎるとしか言えませんが、
実はかなり慎重派のカナリーヌさんの事
きちんと自分の実力を把握してるのでしょう!
そして、ルパンくんの恐るべき登攀力!!
でもでも、気を付けて下さいね?
落石も滑落も!!
それにしても、私の知る限り
女性の単独沢登りは、カナリーヌさんしか居ません!!
それも、沢犬連れ!!
更にレベルアップして欲しいような、でも心配なので
これ位にしていて欲しいような?

チョコ |  2015/09/04 (金) 20:42 No.3181

コメントを投稿する 記事: 【岩魚沢佐股往復】 定山渓天狗岳 

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 【アバレ川~ポンピ沢】
この前の記事 : 【豊平山】 彼に逢いたい!