promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【完膚なきまでの敗退?】  

   ↑  2015/09/13 (日)  カテゴリー: 川散歩

昨日は、曇るんだか雨なんだか どっちかにせーよ!と言いたくなる微妙なお天気でした。

我が、【ヤマチャーンズエンジェルズ】の美女三名とイケメン犬一頭は、

先週から 「どこか、のりちゃんの沢練になりそうなところお願いします!」と

オヤビン山ちゃんにお願いしておりました。

オヤビンは、「この天気なら、近郊 木挽き沢か湯の滝、後は踏み込んだことのない

涸れ沢があるね」と・・・・

カナリーヌ、初めてに弱い!

だって、初沢ほどワクワクするものないでしょ?

ただし、そこは、活火山

うーん、去年あれほどもう火山には近寄らないって決心したのに

だけど、考えてみたらこの火山列島日本で、そんなこと言ってたら登る山なくなるよね?

先週、十勝岳の下歩いてるしっ

(とっくに決心は、崩壊しておろう!)と心の声

「涸れ沢に一票!!」と即返信

どうやら、えっちゃんも同じ意見だったらしく、いつもの集合場所に集結!

装備を整え、パトリオット一台で入渓ポイントへ。

RIMG3442 (640x360)

前日、ミッションインポッシブルを観て来たカナリーヌ

もう、トムクルーズの虜!!  スタントマンなしで、あのアクション!!

いやぁ、凄かった!

カッコイイ男は、何をしても様になるってか、あのアクション!

「そう言えば、トムクルーズって、山ちゃんと同世代なんだよね?」

「えっ? まさかっ えぇ~!?」

女性陣の無礼な視線を集めるオヤビンは、

全く意に介さず、「さっ ここから入るべ!」と

お世辞にも綺麗と言い難いボロボロのザックに、地下足袋で大岩を越えて行きます

RIMG3450 (640x327)

ひゃぁー、いかにも悪そうな景観!

RIMG3457 (309x640)

沢というより、岩の谷?

ガキガキの大岩が、ゴロンゴロン

上を見上げると、今にもガラガラ落ちて来そうな車ほどもある巨岩がそこいら中に!

RIMG3471 (360x640)


うーん、このところの洪水の悲惨な報道のせいで、「なんだか被災地を歩いてるみたいな・・・」とノリちゃん

RIMG3459 (640x345)

それでも懸命に登ります

RIMG3477 (350x640)

水は雨水位、装備は、夏靴にハーネス ヘルメット、ロープは、山ちゃんが20m カナリーヌは10m

ひとりずつ10m程の間隔を空けて進みます

ノリちゃんが、「どうして離れるんですか?」と不安顔でえっちゃんに尋ねています

えっちゃん、「死ぬのは、1人…」

つまり、落石があった時、パーティーがかたまっていたら、全員犠牲になる

でも、離れてたら他のメンバーが救助を要請できるってこと!

まさにここは、全てのルートが落石地帯

それも車大のね?

RIMG3482 (345x640)

昔は、轟々と水が流れていたんだろうな?という滝跡もけっこうあります

おっと、ここは 直瀑7mはゆうにありそう!

うーん、これは越えれないかしらね?と、諦め顔のエンジェルズ

すると、ヤマチャーン

「どれ、俺がロープ出すよ!」とスルスル垂直の壁へ・・・・しばし思案しながら

ルートを選び、ジワジワと登って行きます

「さっ 上がっておいで!まずルパンから!」

RIMG3487 (360x640)

少し高いけど、いつものようにじっと息を潜め、吊り上げられていきます

ルパンは、下手にジタバタ騒ぐと、ハーネスが外れたり

ロープに負担がかかり切れるというリスクを充分理解しています!

RIMG3500 (345x640)

よしっ 次はノリちゃん!「ノリコ!頑張れだじょ!」

RIMG3502 (358x640)

ノリちゃんも苦戦しながら、岩にしがみついてます

それでも根性でクリア!

RIMG3506 (346x640)

最後のカナリーヌは、みんなとは違うルートから、攀じ登りましたが

ビレイがないとかなり厳しかった!

滝上に上がると、女性陣 

「山ちゃん!素敵! 山ちゃん、トムクルーズなんかにならなくていいっ!

トムクルーズは、あたし達を引っ張り上げてくれません!!

山ちゃんでいいです!!」 と今更ながら、山ちゃんの頼もしさを再確認し合います。

当の山ちゃんは、トムクルーズが、なんなのかさっぱり解っていないらしいけど。

入渓から2時間半

核心部!

RIMG3516 (360x640)

予定のルートは、あの噴火口の上を越えて更にピーク直下まで

だがしかし、うーん

RIMG3520 (360x640)

山ちゃんとカナリーヌが、見つけ出した弱点は、向かって左の3m程の脆そうな壁から

噴火口の上に這い上がり、右手にトラバースしながら越えれれそう

うーん、ただその先の様子が分からず、上空に厚い雲

先程から雨がポツリポツリ

噴火口からは、有毒ガス?

山ちゃんの頭の中には、この時 バタバタ倒れる自分達が浮かんだそう

そして、カナリーヌの頭の中にも、初めての経験だけど悪いイメージが浮かんでいました。

巨岩がメンバーを押し潰す様子・・・・

ルパンが、潰される様子、誰かが岩につまずき大怪我をする様子

カナリーヌは、いつも成功イメージしか浮かばないおめでたい頭ん中なので

実際、入渓から付きまとっていたこの悪いイメージに、疲れていました。

しばし、見上げていた山ちゃんオヤビン

「よし、今日はここまでだな!」


RIMG3526 (349x640)

下で息を潜め手を握りしめていたお二人さん

安堵の笑顔

RIMG3532 (640x360)

ただし、下山もこのルートを帰るしかなくなったので、また落石の恐怖は変わりません

そして、ビレイしてもらったこの滝

今度は、クライムダウンをしなければなりません

RIMG3537 (640x359)

ご覧の通り、支点の木はないので、なるべく不動の岩にスリングを取ります

20mロープをダブルにして、辛うじて届くかな?

テキパキと作業を進める2人、カッコイイ・・・・

RIMG3540 (640x360)

まずは、カナリーヌがクライムダウンをしながら、様子を見ることにします

よしっ これならルパンもノリちゃんも大丈夫!

下りておいでーっ

さすがに、この高さを頭から下るのは、不安気なルパン

RIMG3544 (360x640)

号令をかけても、なかなか決心がつかないらしい

カナリーヌ、下から思い切りロープを曳きます!

RIMG3546 (353x640)


しがみついてたルパン、エィーツと決死の下降!

RIMG3551 (360x640)

ドリャーッと駆け下りる!

RIMG3552 (360x640)

カナリーヌ、思わず回りを見渡す

(動物愛護団体が見たら、訴えられるよね?)

それでも、無事にクライムダウンしたルパンのこの表情!

ドヤ顔!

RIMG3553 (360x640)

(よしっ次は、えっちゃんだじょ!)

RIMG3556 (360x640)


えっちゃんは、慣れた余裕のクライムダウン 脚がながーいっ

RIMG3561 (360x640)

ノリちゃんは、この前3m位の壁で、下降器を使って下りる練習はしたけど

この高さのクライムダウンは、初体験


ソロリソロリとルパンの3倍の時間をかけて下りるノリちゃん

(あぁー、見てられないじょ!)

RIMG3577 (360x640)

無事に下りて喜び合うノリちゃんとルパン

RIMG3586 (360x640)

2人とも、よく頑張りました!!

恐怖に打ち勝ってやり遂げた達成感を覚えていてね!

この後も、もう一か所だけ

山ちゃんが助けてくれる下降があります

ルパンは、もう恐怖心を克服して、ガンガン下ります

RIMG3597 (640x360)

エンジェルズは、ヤマチャーンの

トムクルーズよりかっこいい山ちゃんの頭を踏み台にします

RIMG3600 (640x360)

えっちゃんが、ルパンの頑張りを見て、感極まってウルウル・・・

RIMG3607 (640x360)

それぞれが、きっと恐怖心を抑えながら、頑張ったんです

カナリーヌ、下山路の林道まで戻って、初めて笑顔が出ました。

いつもなら、どんな厳しい沢や滝も、「いやーっ 面白い!いいねぇー!」と言いながら

ウキウキ進むけど・・・今回はずーっと怖かった・・・・。

でも、なんとかピークまで詰めたかった!

というか、あのいつ落石があるかわからない沢を戻るより

本当は、ピークに詰めて夏道を下りたかった!

でも、あの噴火口の上に上って、煙にさらされるのも物凄く怖かった!

とにかく、全員が無事に下山できたことに感謝!

岩さーん、訓読みの岩さーん、落ちないでくれてありがとう!

噴火口さーん、噴火しないでくれて、毒ガスも吐かないでくれてありがとう!

このルパンの尻尾とおふたりさんの軽い足取りを見たら

いい体験ができたんだよね?と、そっと息を吐くカナリーヌでした。

RIMG3619 (640x356)

ところで、一体何処の沢に登ったのかって?

ここですよぅーっ 内緒にしてくださいね?

こんな危険な沢に、わざわざ登ってたのか!って、いわれるからー!

RIMG3623 (640x347)


(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1235.html

2015/09/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 【ウペペサンケ山】
この前の記事 : 【アバレ川】 やっと暴れた!

Comment

コメントを投稿する 記事: 【完膚なきまでの敗退?】  

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 【ウペペサンケ山】
この前の記事 : 【アバレ川】 やっと暴れた!