promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【八甲田 小滝沢】 彷徨沢 

   ↑  2015/09/30 (水)  カテゴリー: 川散歩

わさおが暮らす、鯵ヶ沢から一路 八甲田へ

山ちゃんのこの旅の一番のお楽しみ 【酸ヶ湯温泉 1000人風呂】の混浴は、満員で駐車さえ無理

ならばと、向かった 【八甲田温泉】 ここが、期せずして素晴らしい泉質!

残念ながら、日帰り温泉は、17時までだったので 30分しか入れず三人ともひじょーに残念!

来年は、ぜひこの温泉に宿泊して、のんびり浸かりたい!

この辺りは、もう観光客でどの温泉も満杯

登山口近くのパーキングにキャンプすることになりました。

最初に、見つけたのは 道路脇のだだっ広い駐車場

かろうじて、30年位は経っていそうなトイレはあるけど・・・・・

ノリちゃんの顔が、引き攣ってる

近くにキャンプ場もあるよ?と山ちゃんに提案してみるけど・・・・

そんな時、カナリーヌの勘が冴えるんですよねぇ

走りながら、ふと気になる 道路から少し入ったパーキングエリア

むむ? このログハウス風の立派な建物は・・・やった!綺麗で豪華なおトイレじゃないの!!

ここなら、道路からも見えないし、トイレも綺麗!

歩いて入渓地点まで数十メートル!

ノリちゃんも辛うじて納得

日暮れの中 急いで各人のテントを張りました。

良かったー!! さっきの駐車場より断然素晴らしい!!

でも、ここでぐっすり眠れたのは山ちゃんだけ

カナリーヌは、夜半から吹き荒れる風と雨が気になって、ほとんど眠れず

ノリちゃんも、警察に捕まるんじゃないかと怯え、幽霊の声?(実際は、カナリーヌと自転車の高校生が話していた声)

に怯え、とうとう一睡もできなかったそうです。

やっと夜明けを迎え、爽やかなのは山ちゃんと、明け方から一気に晴れた秋空だけ

それでも、女性陣は初めての沢にドキワク(*'▽')

さて、東北沢2本目!!

この橋から入渓します

RIMG4192 (640x327)


小一時間は、足慣らしでゴーロ帯をテクテク・・・

すると、徐々に巨岩が出始め、ついに!!

RIMG4213 (640x355)

これはまた複雑な形態の滝三本!

そして、ポツポツとシャワーの滝も出始めます!

RIMG4223 (360x640)

うひゃひゃーっ これこれ!これを待っておりました!!

RIMG4228 (360x640)
ノリちゃんも得意のゴルジュ越えが冴えます!

RIMG4232 (360x640)

ただ、この沢全体に滑る・・・

こーゆう岩盤は、靴底より膝を使った方が、滑らないの

カナリーヌ、無様な姿! でもこれが安全な正しい?遡行です

RIMG4245 (640x360)

東北の沢は、こんな苔が多い気がする

RIMG4291 (360x640)

いいねぇ 標高が上がるにつれ、紅葉が輝いて来ました!

RIMG4300 (359x640)

初日の滝滝滝が、まさにカナリーヌ好み

こちらの滑滑滑の癒し系は、ノリちゃん好み

最後だけ、ちょっと際どそうな小滝

でも簡単に越えれます

RIMG4312 (345x640)

今シーズン初の渓谷の紅葉!!

RIMG4319 (640x360)

ノリちゃんに、見せたかった渓谷錦

RIMG4323 (640x319)

山ちゃん、素敵な沢をありがとう!!

さっ この先はちょこっと藪を越えるんですね?

地形図上の左端

上のラインが沢筋

下のラインは、八甲田山に至る夏道です

1443237136010 (640x384)

藪と言っても、そう長くないし沢筋だし・・・

ここで、藪用眼鏡を装着

山ちゃん、100円均一の自慢のお品

カナリーヌ、顔をすっぽり覆う シャネルのサングラス

RIMG4324 (640x344)

さーっ 行こうか!!

だがしかし、軽い気持ちで踏み込んだこの沢筋は

涸れ沢でかろうじて沢形ってだけでした!

初日の藪の10倍?

指三本を束ねたほどもあるぶっとい根曲り笹!!

ンギャーッ クショーッ コナクソッ  ヤロメッ

ヒィハァ ゼィゼィ  「山ちゃん、あとどのくらい?」 「んー、10倍位かな?」  

(@_@;)

でもノリちゃんは、健気に無言で笹と格闘しています

カナリーヌも頑張らねば!!

♫ やーぶーをーこえぇてぇー行こうよ!! 

ますっみーのそおらは、笹で見えなーいー! 

折れそうな心ぉ~ 

いざゆけーえ 遥か希望のー 藪ぅーを越えて!♫

やけくそで、歌う!!

こんなのはどう!?

♫ このー藪ぅーを越えたならぁ~ 幸せぇがー待っているぅー

そんな言葉を信じてぇ

越えた 根曲りーハイマツ帯

いぃーのぉーいーのよー 山ちゃんとぉーいれぇーえーばー

曲がりくねぇったこの藪だけど

つーいーてぇいきまっすぅー  そのおー臭い~ ♫

「かなさん、止めてぇー 力が抜けるわ!」

後ろでノリちゃんが、喘いでおります

ホントに、この先に夏道という幸せがあるんかいな?

と、ホトホト疲れ切った時、やっと山ちゃんが、「うん、これが夏道だべな?」

えっ? えーっと 道? 

うん、確かにGPS上は、地形図の点線で示された夏道の真上にいます

あのぅー、あたし達の幸せって、これっすか?

これ、藪の写真じゃなく、夏道を歩いてる写真です

RIMG4332 (360x640)

辛うじて、うっすらとわかる踏み跡と随所にあるピンクテープがなければ

とても辿れない!!

誰が、あの地形図にしっかりと記された縦走路だと信じれましょうか!?

ピンクテープがなければ、間違いなく永遠に藪から抜け出せず

まさに 【八甲田山死の彷徨】になっていたんじゃないかと思うの!!

幸せから突き落とされた沢人達

人間、本当に辛い時って、どうなるのかな?

とりあえず、カナリーヌは歌うんです!

辛い時こそ歌うんです!

♫ 知らずぅー知らず 歩いて来たぁー 長くー辛いこの藪ぅー

振り返っても何もぉー見えない、笹があるだーけー

デコーボコーでもいい、曲がりくねぇーってもいいー

道ーさえ、あれば他はーいらないーいー

あぁー、笹の流れのよぅにぃー ♫  

あ、失礼・・・・・

それにしても、この道を辿って山頂目指す人もいるんだろうなぁ

その証拠に数メートルおきにマーキングのピンクテープもあるもんねぇ

遅るべし、津軽魂!!

あっぱれ津軽!

夏道を、(夏道と言い張るのなら)辿り始めて1時間半

RIMG4334 (640x360)


やっと分岐! あっ 頭上から人の声!!

どうやら、雛岳から下山して来たハイカーらしいです

慣れた風のおば様が、私たちが小滝沢から来たというと、呆れて笑っていました

カナリーヌが、ションボリと「登山口まで、あと何時間かかるのでしょうか?」と尋ねると

ニコニコ笑いながら、「30分もあれば着くわよ!」

聞くと、この先はしっかり広い登山道で、淡々と下ればいいらしい!

もう、笹を掻き分けなくてもいいんですね!?

必至にテープを探さなくてもいいんですね!?

熊に怯えて、大声で歌わなくてもいいんですね!?

そんなら、サッサと下山するべしっ

やっと、笑顔が戻った3人

イソイソトコトコと30分足らずで、登山口に到着

RIMG4335 (640x342)

フェリーの出港時間まで、余裕があまりありません!

とりあえず、お風呂はフェリーの中で済ますことにして、青森港へ!!

「今度は、やっぱり八甲田温泉に泊まって、八甲田山の春スキーを楽しみたいねぇ」

「そんだな!その時は、1000人風呂も入るべな!」

「入りませんっ」

ノリちゃん、藪を越えた仲間との絆をまだ実感できていないようです・・・・。

尚、東北沢登りの正しい記録をご覧になりたい方は

【ゆっくり歩きで低山を楽しむ】

山ちゃんのHPをご覧下さいね!







(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1242.html

2015/09/30 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 【塩谷丸山】
この前の記事 : 【わさお】の話

Comment


お勧めです

コズちゃん!今は、フェリーにペット同伴のお部屋もあるんだよ!ただ、30キロ以上は車の中なの
だから、来年は1時間半で本州に渡れる便で
ルパンも連れて、東北の山に登ろうと思ってるよ!!
でも、何だかんだ言っても、ヤッパリあたしゃー
北海道が好きだわ!!

カナリーヌ |  2015/10/02 (金) 17:10 No.3204


東北いきた~い

かなちゃん東北遠征お疲れ様でした
3人で楽しい旅だったね!わさお君にも会えたし沢も登山も
お天気でなによりでした色々な人とも出会いだね!沢は無理だけど、色々参考になりました❗岩木青年センタ-も良さそうだね
私も新しい車タントで車中泊もしながら相方の休みが取れたら東北行って見たいと思ってます!
それにしても東北の沢もおもしろそうだね
東北まで行って藪濃きだったのね、どこでも行っちゃう3人さんコンビ最高だね~

コズ |  2015/10/01 (木) 16:32 [ 編集 ] No.3203

コメントを投稿する 記事: 【八甲田 小滝沢】 彷徨沢 

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 【塩谷丸山】
この前の記事 : 【わさお】の話