promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【十勝幌尻岳】

   ↑  2015/10/04 (日)  カテゴリー: 未分類
【芽室岳】
カルミン@オデンで一番好き具は、ハンペンです。

今朝は4時に札幌を出て
一路、パンケヌーシ林道へ
多分真っ盛りであろう紅葉を愛でながら、コーヒータイムを!
の目論見は、林道入り口で潰えました。
なんと、ゲートの一般開放は9月末で終了!
鹿猟の解禁で、一般者は営林署の許可が必要なんだそうです。
鹿猟かぁ!ルパンが間違えて撃たれては大変です!!
直ぐに、十勝幌尻岳に転進を決め
戸蔦別林道へ
先日の嵐の爪痕を危惧しましたが、
ところどころの倒木は、チェーンソーが入っていてなんとか通過
でも、オピリネップ川沿いはどうかなぁ?とこわごわ進むと
前から来た車の方が
「この先、倒木で通れませんよ」と!
やっぱりなぁ!
では、伏美岳!とも思いましたが
あの、長い林道も通過出来る保証はない
結局、林道が短く広い芽室岳を目指すことにしました。
時間はもう8時半
駐車場は、既に25台の満車
林道にまで溢れています。
私達もなんとか数十メートル手前の
駐車可能な場所に車を停めて
出発しました!
少々風はあるものの、急登を登り出すと暑いくらい。
薄いシャツだけで登っていると、
1000m付近で、上から下りてきた登山者の方々が
「上は、凄いですよ!覆面持ってる?」
「ダウンある?」等と心配してくれます。
そう言えば、足元には
霜柱?白い物がポツポツ
肝心の紅葉も、すっかり葉が落ちてしまっています。
ザックから毛糸の帽子やフリースを取り出し着込んでいると
「おや!君はルパン君!?初対面だけど君の事はよく知ってるよ!」と言う優しい声が?
なんと、HYMLの方で
この拙い報告を読んでくださっているとの事!ニコニコとルパンを撫でて下さいました。
やはり上はかなりの強風との事
「無理しないで、ダメなら引き返そう」と、弱音を吐きつつ登ります。
やがて風に白い物が混ざりだし、いよいよ辺りは真っ白!
分岐まで辿り着いたものの、それ以上進むのは逡巡する程の天候
するとまたまた「おーい!ルパーン!」と呼ぶ声が?
見上げると、こちらもHYMLお馴染み栗さんがニコニコ手を振っています!
わぁ!この状況で見知った人に会えるなんて、なんと心強い!
栗さんも戸蔦別林道で、倒木に阻まれこちらに転進されてきたとの事。
きっと、駐車場の満車具合は
同じ様な人達なのでしょうか?
栗さんの笑顔に元気づけられ、
私達も一気に小雪の中ピークへ駆け上がりました!
スタートから2時間50分
ピークはすっかり冬景色!
そそくさと写真を撮り、ハイマツ帯へ逃げ込み、雪の中のランチタイム
紅葉ランチの目論見は外れたけれど
これはこれで、楽しい!
楽しいけど、凍えそうに寒い!
さて、泥々の下山道
とにかく転ばないように転ばないように!呪文のように声を掛け合いながら歩きます。
やっと登山口に下りたところで、
小雨が降り出しました。
ヤレヤレ、諦めずに頑張って良かった!
それにしても、北日高の紅葉はどうなっちゃったのでしょうね?
南日高は、まだ早いのかな?
大雪、十勝連峰は雪ですよね?
今年は、なんとも予想しがたい紅葉前線となっているようです。




(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1244.html

2015/10/04 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


テレマーク

あぁ!あたしも実は雪煙を上げて、ルパンと華麗に雪山を滑走する夢を見て
テレマークを始めたのですが
もう諦めました。
大体アルペンもまともに滑れないのに無謀でした。
ルパン方が早いんです!
さぁ!そろそろ、雪山装備を引っ張り出しましょうか!

カナリーヌ |  2015/10/05 (月) 22:30 No.3208


爪痕

他には、西クマネシリ岳方面もダメみたい!これからは、ダニもいなくなる時期だから、日高の低山狙ってるんだけどなぁ。林道がダメかもね?

カナリーヌ |  2015/10/05 (月) 22:15 No.3207


芽室岳

芽室岳で当方下山中にお目にかかりました3ピン屋@岩見沢、三笠と申します。山はほとんど雪が降ってから、テレマークで気楽に歩き回っています。

賢くて侠気のあるルパン君に触れることができ好運でした。私は当初はピパイロ岳に登るつもりでしたが、気象条件から芽室岳に転進でした。ちょっと大きいサイズのカメラを持ち上げて写真撮るのが目的でした。

前日から泊まった中には、岩見沢東高校のグループがいました。彼らが山頂一番乗りでした。寒くてビビッただろうと思います。写真の現像できたら、伸ばして持っていってやろうと思っています。

何人かは西岳に足をのばしたようです。私もジャンクションピークからちょっとだけ西岳の方に歩いてみましたけど、ハイマツがかぶってきつそうなので戻ることにしました。

次回、どこかでルパン君に会える時を楽しみにしています。そういえば、山スキーでこれまで経験した一番美しいシーンは、小喜茂別岳で、単独のスキーヤーがウェーデルンで降りてくる前後を3頭のハスキーが前になり後ろになり追っかけてくる所だった。あれを動画で撮れば、と今でも思います。

threepinner |  2015/10/05 (月) 21:36 No.3206


倒木すごかった~

カナちゃん十勝幌尻残念だったね
爆弾低気圧の爪跡はいたるところであったのね~
私達もそうでした~~時間も気にしながら低山になっちゃたけど、それはそれで楽しい登山でした
でも、もう山はすっかりはげてしまって紅葉は何処さだね
恵庭の紅葉で我慢するしかないね~
寒くなってきて、寒さ対策もしなくちゃ!もうこれからは近場の山にするしかないかな~

コズ |  2015/10/05 (月) 16:31 [ 編集 ] No.3205

コメントを投稿する 記事: 【十勝幌尻岳】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback