promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【南ペトウトル山】【白雲山】

   ↑  2015/10/16 (金)  カテゴリー: 未分類
カルミン@今夜は、幌加温泉の露天から満天の星空眺めます!

あぁ!!何としたことか!
錦の帯に縁取られる然別湖畔を楽しもうと、遥々きたのに、すっかり葉が落ち、紅葉のこの字もうの字もよの字もあないではないですか!
まぁ仕方ない、山の上から湖を眺めようと、湖畔から南ペトウトル山登山道へ
確か20数年前に登ってますが
展望を見れなかった心残りの山です。
秋晴れの空の下、鼻歌混じりに歩き出し、10分でそれは悲鳴に変わりました!
登山道がない!!夥しい倒木!まるで爆弾を落としたかのような惨状です!
なんとか折り重なる倒木や木の根を
跨ぎ、四つん這いで潜り、辛うじて登り始めましたが、登山道のとの字も、ざの字も見当たらない!稜線に上がると少しだけ道はありますが、直ぐにどうにも越えられない倒木のジャングルジム。
GPSや地形図を眺めても、歯が立ちません。
1時間頑張りましたが、これでは何時になったらピークに立てるのか?
いやー、無理でしょう?
それより、下山できなくなる危険が大きい!
歩いていても何時大きな木が倒れるか気が気ではありません。
潔く撤退!
振り返っても、登った道も見当たらず途方に暮れますが、さすがルパン!
匂いを嗅ぎつけ、倒木の隙間を縫って、私を誘導してくれます。
多分、ルパンがいなかったら
日暮れまでジャングル樹海を彷徨ったかも?
ボロボロになりながら、なんとか下山。
ならばと【白雲山】
登山ポストには、『倒木が多数発生し危険ですので、なるべく登山は、しないで下さい』
そうだろうなぁ?まぁ行ける所までのつもりでしたが、可能な限りの修復もされ、殆ど問題なく登れました。
いや、もしかしたら先ほどの惨劇の南ペトウトルで、感覚が麻痺してるのかも知れません。
ですから、一応お薦めはしないでおきましょう。
55分で大展望のビーク!
紅葉はないものの、然別湖の深い青と、山並みの向こうの真っ白な大雪
眼下には、緑の十勝平野が素晴らしかった!
のんびりランチタイムを楽しみました。
それにしても、私の初版の夏山ガイドには、南ペトウトルは載ってますが
この状況では、修復は不可能に思います。
もはや、廃道の道しかないのでは?
新しく道を切り開かない限り
南ペトウトル登山は、無理でしょう。
また、登れる山がひとつ無くなりそうです。

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1249.html

2015/10/16 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


石狩鍋!

そうでしたか!あの時、私が沢から「海くーん!!」と叫んでたら、稜線を皆と歩いてた海くんが立ち止まって耳を澄ませていたんですってね!海くんは、初めて知らない皆と山歩きをした大冒険だったんです!

カナリーヌ |  2015/11/26 (木) 07:36 No.3245


ちがう、ちがう!

芽室岳の頂上で食べたのは豚汁じゃなくて石狩鍋だよ (^^;
それにしても、南ペトウトルは悲惨なことになっちゃったのね、残念!

パパチャリ |  2015/11/25 (水) 22:23 [ 編集 ] No.3243


山チャリ様!

お久しぶりです!!
芽室岳でみなさんと豚汁をいただいた以来ではないでしょうか?今年は、カナピーが入学して、昆布ちゃんが来道出来ず寂しいです。
阿寒富士!素晴らしかったです!!でも、あんなに間近なのに
登っても大丈夫なもんなのかしら?
今噴火したら、何処をどー逃げたらいいのか?ヘルメットをかぶるべきだったか?と悶々としましたが
あの迫力ある火口に見惚れて、1時間以上も長居してしまいました。

カナリーヌ |  2015/10/18 (日) 21:17 No.3216


そんな事になっているなんて、、、

カルミンさん、はるか昔にお会いした事がある山ちゃりです。相変わらず山を頑張って登ってますね。南ペトウトル山はしばらく登っていませんが倒木が凄いようですね。登山道がどうなるか心配です。阿寒富士にも登られたようで、山ちゃりは爆弾低気圧が抜けきれていない日に雌阿寒岳7合目まで行きましたが強風の為、阿寒富士に登っている人はいませんでしたが、雌阿寒岳の噴煙が時々見えレベル2の怖さを経験してきました。それにしても1時間25分で登るのは早いですね。

山ちゃり |  2015/10/18 (日) 18:54 [ 編集 ] No.3215

コメントを投稿する 記事: 【南ペトウトル山】【白雲山】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback