promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


おっぱい山   【西クマネシリ岳~ピリベツ岳】 

   ↑  2015/10/20 (火)  カテゴリー: 山散歩道
東大雪のおっぱいと言えば・・・・これです!

RIMG5089 (640x356)


あのね、ここだけの話にしてくださいね?

このボリュームに欠けるションボリ加減と言い、右と左の乳の離れ加減と言い

あぁ、なんだかとっても親近感が湧くの!

西クマネシリに登ったのは、もう20年以上前だけど、お隣のピリベツは未踏です

ただ、今月初めの爆弾低気圧で、シンノスケ三の沢林道が、通行できなくなってると?

残念って思ってたんだけど、たまたまHYMLを読んでたら

なんとっ すでに通行できるんだと!!

こりゃー登らねば!!

本当は、ここも未踏の仁頃山に行こうと思ってたんだけど

いや、ピリベツにしよう!!

なんとなく荷物に入れてた地形図もあるしっ

と、幌加温泉二泊目!

RIMG5042 (360x640)

さーっ 少し薄い雲があるもののまずまずの登山日和

いきまっせーっ!!

林道は、情報の通り全く障害なく通れました!

ん? でも確か昔は土場まで行けたけどね?

カナリーヌ、二台の車が駐車してある場所から右へ伸びている林道を歩き出します

と、ルパンが頑として動かない!

RIMG5086 (640x359)

えーっ? ルパン、そっちは川しかないよ?

いくら説得しても、川に沿った踏み跡へサッサと走ります

もう~仕方ないなぁ きっと川でひと遊びしたいのか!と諦めてカナリーヌも後を追いました。

あれ? 踏み跡にしては、随分ピンクテープがあるし、大勢の足跡もあります

不思議に思い、念のためとってきたヤマレコを確認すると

あら? ルートは確かに沢沿いです

ヤダワーッ  あたしも相当惚けてるわーっ

そうかこっちかぁ  とルパンの跡を追い沢に沿った踏み跡を辿ります

それにしても、こんな小屋まであるのに、まったく覚えてないとは・・・・しょーもないなぁ

RIMG5080 (640x359)

30分ばかり沢沿いを歩き、やっと見覚えのある土場?

ルパンが匂いを追いかけていたらしい御一行様が休憩していました。

なんだか、楽しそうな笑い声!

カナリーヌもご挨拶をして、やっとホッとしてペースを上げます

細いけどしっかりした道を緩やかに登り、やがて急登が始まります

この西クマの印象は、笹薮、蕗藪、ハイマツ藪、岩塔の小さな切れ目?しかないんだけど

登山道は、笹狩りをしたばかりなのか、凄く歩きやすいの

きっと、HYMLに情報を投稿した 東大雪ガイドセンターのみなさんが、昨日整備してくれたんですね?

気持ち良く、駐車場から1時間30分でピーク

RIMG5045 (360x640)


おぉーっ  大雪が真っ白な帽子を被ってます!

多分、左端が十勝岳で音更山辺りまで見えてるのかな?

RIMG5046 (640x360)

お隣のウペペは、まだお帽子は被ってません

RIMG5048 (640x360)

風が強くなってきた! 確かこの辺りのお天気は、午後から崩れる予報

RIMG5059 (640x336)


さっ 本日の目的 ピリベツ岳!

確かに岩塔の基部に標識がありました!

下から 先程のパーティーも登って来ました。

ここは、下までスッパリ切れているキレット?

いやなんていうの?こーゆうの・・・

とにかく、気をつけて張り渡してあるロープを使って通過します

RIMG5063 (360x640)


分岐から急な尾根を泥に滑りながら、コルまで一旦下ります

ふむ、おっぱいの谷間だね?

ちょっと踏み跡が不明瞭

でも、相変わらずルパンが、誘導してくれて 踏み跡を辿り

分岐から50分で初ピーク

右が西クマネシリ で、左はクマネシリですよね?

RIMG5069 (640x360)


まだお昼前、のんびりランチタイム

さて、初ピークに大満足して分岐目指して引き返すと、コルの手前で先程のパーティーとすれ違いました。

そこで、カナリーヌ 気になっていたことを尋ねてみます

「さっき、下山は藪漕ぎっておっしゃいましたが、もしかしたらコルから沢筋のルートがあるんですか?」

「そうそう! 夏道まで登り返さずに、沢に下りるんだよ!」

そうだ、ヤマレコもそんなトラックで、不思議に思ってたの。

コルでいくら目をこらしても、道なんてないし・・・?

そうか、藪漕ぎだったんだ!  でも、独りで藪漕ぎは自信もなし・・・。

カナリーヌ 思い切って 「もし、ご迷惑でなければ 下山ご一緒させていただいても?」

すると、みなさん ニコニコと 「いいよいいよ!一緒に下りましょう!」と快く了解してくださりました!

カナリーヌとルパン、嬉しくなって また皆さんと一緒にピリベツのピークへ引き返します

ルパンは、メンバーのみなさんから、たんまりオヤツを分けて貰い 超ごご機嫌大満足!

ちゃっかり 記念写真にも収まっちゃいます

RIMG5073 (640x325)


こちらは、釧路の 【グレイシャー 山の会】の皆さん

今日は、月に一度の例会なのだそうです

凄く、和気あいあいとしてて ひとりひとりが楽しそうに笑い声の絶えないパーティー

ずぅずぅし過ぎるカナリーヌとルパンを嫌な顔もせず受け入れてくれました!

実は、カナリーヌ この性格ですから 山岳会はおろか、5人以上の団体行動はほとんど無理っ

だと思ってましたが、こんな楽しい会なら いいなぁ~

ルパンなんて、もうちゃっかりメンバー面

RIMG5075 (360x640)

(この藪の薄い辺りから 沢を目がけて下るといいかな?) なんて話合いにも一人前に参加してます

RIMG5076 (360x640)

そのうち、まるで自分のパーティーのように、後ろのメンバーをフォローし始める始末

RIMG5079 (360x640)

それにしても、このルート 下はフカフカの枯草や苔の絨毯

この時期は藪もほとんど気になりません

泥の尾根を登り返して、急坂を下りるよる全然楽ちん!

一時間ほどで、夏道と合流する土場へ戻りました!

お蔭さまで本当に楽しかった!!

夏は日高や知床の沢登りもされてるとの事、もちろん雪山も!

ぜひ、またお仲間に入れて欲しい! 

カナリーヌとルパン 後ろ髪をひかれる思いで、お別れのご挨拶をしました。

本当にありがとうございました!!  

ルパンは、多分すっかり 【グレィシャー山の会】の一員のつもりになっております・・・・・。


これが、どなたかのヤマレコ

青い線がヤマレコでお借りしたルート

赤い線がカナリーヌのルート 途中からです

RIMG5095 (348x640)

そして、カナリーヌの20年前の地形図には、影もかたちもない 今回の夏道

そうそう、記憶にある土場まで車で入ったルートは、とっくに廃道になっているそうです!

昔は、確かにそっちが夏山ガイドにも載ってるルートだったんですって!

よかった・・・惚けてた訳ではなかったと言うことを、声を大にして報告しますっ

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1251.html

2015/10/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: おっぱい山   【西クマネシリ岳~ピリベツ岳】 

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback