promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【ヌモトル山の美女幽霊?】

   ↑  2015/11/02 (月)  カテゴリー: 未分類
カルミン@下山後は、日高の美術館で絵画に魅了されました。

皆さんは、登山の前に儀式をされますか?
私は、山に敬意を表して
「宜しくお願いします」と厳かに一礼しております。
しかし、本日は違います!
片手を振り上げ、仁王立ち、最大限に鼻の穴を膨らませ「かかってこーい!!」
何故なら、この【ヌモトル山】
知る人ぞ知る心霊スポット
言い伝えによると、山中に突如一軒の家が現れ、二人の美女が酒を酌み交わし
登山者を誘うとゆうもの。
惑わされた、助平な登山者は
崖に突き落とされるとか?
男性を怯えさせることについては、自信はありますが、男性を惑わすとなると
幽霊美女とやらには敵いません。
夏道のない藪山でもあることだし
お供がルパンだけでは心許ない。
久しぶりに互いの休日が合った
うさこちゃんが、お付き合いしてくれました。
山姥代表カルミン、新妻代表うさこです!
サラブレットロードから新冠手前で
道道71号線へ
貫気別へ抜ける手前の分岐を東へ
目指すヌモトル山の南麓辺りの林道がスタート地点です。
ゲートは開いていましたが、通常は鹿猟解禁に伴い施錠されているようです。
登山届の他に、入林届けも必要でした。
林道を入り直ぐの分岐を右へ
五分程歩くと次の分岐がありますので、
そちらは左へ緩やかに登ります。
地形図とGPSで位置を確認しながら、
林道を30分ほど歩くと、
ピンクや青いテープが目立ち始めました。
実は、ちゃっかりグチパパのログを拝借しております。
ログと照らしあわせながら、林道から小尾根へ這い上がると、膝丈ほどの笹の小尾根に踏み跡らしきものが見つかりました。
伐採路なのか、地形図にない細い作業路が、どうやら山頂下まであるようですが、判然としません。
そこかしこに、ピンクや青いテープも付いており、マイナーながら他にも登られている方がいるようです。
尾根筋ははっきり山頂に繋がっていますので、尾根伝いに山頂を目指しました。
強いて言えば、四方にテープが多すぎて
自分が、結んだテープの選別に悩むくらいでしょうか?
さて、問題の美女幽霊?
どうやら、私達の美しさに恐れをなしたのか、鳴りを潜めているようです。
ただ、山頂が近づくに従い
ルパンが何故か怯え出し、休憩中もブルブル震えていました。
それは、下山途中の蟻地獄のような崖を通り過ぎるまで続き
そこを過ぎるといきなり、尻尾を高々と振り上げ一目散に尾根を走り下りました!
そうか!もしかしたら
雄にだけ、その姿を見せるのかも?
他には、うさこちゃんのスマホが
山から下りると、突然操作不能のフリーズ状態になり、国道に戻ると直りました。
きっと、取り憑きそこなった美女が
悔し紛れに嫌がらせしたんだと思います!
ちなみに、私カルミンは
なーんの支障も怯えもありませんでした!
またひとつ初ピークを取れて大満足です。








(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1261.html

2015/11/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 【ヌモトル山】 対決の時
この前の記事 : 【ほっこり西高山】

Comment

コメントを投稿する 記事: 【ヌモトル山の美女幽霊?】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 【ヌモトル山】 対決の時
この前の記事 : 【ほっこり西高山】