promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【ヘンテコだって、立派な日高山脈の端っこ!】 

   ↑  2015/11/26 (木)  カテゴリー: 山散歩道

カナリーヌ、昔から勇ましい日高山脈が、大好き

日高と言えば、主稜線!



そのほとんどは、夏道もなく、アプローチは厳しい沢からとか雪稜です

カナリーヌも、ジワジワと主稜線の峰々を踏破してまいりました・・・。

残す主な主稜線の山は、ピリカヌプリ、ソエマツ、ルベツネ、

少し外れてるけどナメワッカと春別が、今後の目標です!

さて、そんな勇ましい主稜線の端っこには、面白い名前のヘンテコ山がたくさんあります!

ほとんどは、アイヌ語なので、カタカナにすると可笑しいやら、発音できないやら・・・

実は、そんなヘンテコ山も大好き!!

もちろん夏道はありませんので、沢を攀じ登って藪を漕いだり、

雪の尾根を使ってピークを目指します

で、この季節 藪も薄くなり、見晴らしも良くなり、比較的楽々登れるいい時期なんです!

丁度、標高の高い山は、雪が降り積もりなかなかアプローチできない

ですが、この日高方面は積雪量も少なくまだまだ登れる!

11月12月限定登山と言えますね?

そしてなんとっ 夏山ガイドにいつの間にか【ペラリ山】が掲載さてれいた事実に先日気が付きました!

とっくに日高編は、終了しているはずだったのに・・・・

先週から、うわごとのように「ペラリ、ペラリ、ペラーリに登らないと!」と言い続けておりました。

ペラリ山と、のりちゃんが未踏のピセナイ山なら、夏道で登れる!

と、いそいそ支度をしていたら、山ちゃんから「かなちゃん、今週は何処狙い?

私たち、ペラリ、ピセナイと他に何処か登りますが、一緒にどうですか?」と天の声!

ヤッタァ!! 山ちゃんなら絶対何個かヘンテコ山登るね!

と、合流決定!!

待ち合わせのサラブレット道の駅に行く前に、お馬さんにご挨拶

RIMG5982 (640x359)

優しいオメメのサラブレット

目をそらすルパンは、正しい挨拶です  (おいら、敵意ありませんよ)

RIMG5971 (640x359)

合流してから、最初の【イワ山】 登り口でルート確認

ヘルメットにスパイク長くつ・・・?

これじゃ道路工事の人達だわ・・・

RIMG5992 (640x360)

そんな重装備の出番もなく、ひたすら笹尾根を登る・・・・

RIMG6002 (360x640)


あまりの急斜面にルパンを見習って四つん這い

RIMG6008 (640x360)

のりちゃん、いつの間にかすっかりヘルメットが似合う 《ヘルメット女子》になってる

RIMG6014 (450x800)

50分急斜面を登り詰めて山頂!

RIMG6033 (800x450)

本日の予定は、この他に二山

【軍艦山】は、登るというよりお散歩

そして、一番手強かった 【蓬莱山男】 ふむ・・・蓬莱さんちの山雄さんですかね?

あれ? あの岩!? デベソ?

RIMG6089 (640x350)

さて、まぁ行ってみよー!

下のパークゴルフ場に駐車して、デベソの付け根まで数分歩きます

「ここは、信仰の山なんだよ! ほら、縁結びの神様ですぞ!」

すると、突然のりちゃんが張り切りだしました!

いつもなら、人を押しのけ前に出ることを嫌うのりちゃん

今回は、無言で私たちを尻目にグングン・・・

RIMG6096 (309x640)


道というより踏み跡、それも岩を取り巻くようについている、かなりの高度感!

落ちたら、一巻の終わり!!

だが、グングン登る! 怖がりのりこ! でも不思議な事に全然ビビッてもいませんっ

RIMG6100 (360x640)

その後ろからロープにしがみつきながらヨロヨロ登る、とうの昔に縁に見捨てられた山姥1名

そして、良縁に恵まれ、理解ある奥方を持つ山男達3名

岩の上にチョコンを建つお社  どうやらパワースポットらしい

パンパンッ おもむろに両手で、自分達にパタパタ・・・・それさぁ 浅草の雷門じゃないんだから!

カナリーヌは、これ以上パワーアップすると、周りが迷惑するだけなので・・・・。

とっとと下山

下山は、本当に怖い!!

転んだり、滑ったら真っ逆さま!

RIMG6104 (640x348)

コンさんは、ビレイなしのルパンを下からフォローしながら下りてくれます

RIMG6107 (360x640)

のりちゃんの良縁も間違いないので、安心して今夜のお宿へ

翌朝は、日高山脈の展望台 【ピセナイ山】

静内ダム沿いの林道は、登山口4キロ手前まで、よく整備されています

RIMG6114 (640x346)


ちなみにゲートは、鍵が開いている状態でした。

ここから、4キロ歩きます

RIMG6115 (640x360)


多分、鹿猟に関係しているんだろうけどゲートには、がっちり鍵がかかってます

林道を50分歩いて登山口

登山道は、いきなり急斜面

杖を探す男性陣とボッコをねだるルパン

RIMG6118 (640x359)

確か10年位前に登ってるけど、ほとんど記憶もなく新鮮!

RIMG6124 (360x640)


カナリーヌ、マイペースで50分

振り向くと、北さんしかいませんでした・・・。

RIMG6133 (800x450)

2人で、あれは何処かなぁ? ペテガリはどれ?

RIMG6135 (800x424)

じゃ、楽古はあれかな? オムシャもあるはずですよねー?

RIMG6136 (800x447)

あーだこーだ言いながら、山座同定・・・・

(あっ 山ちゃん達が登って来た! おいら、杖持ってってあげるじょ!)

RIMG6137 (360x640)

山ちゃん、懐から取り出したるは・・・・

RIMG6172 (640x358)

おぉーっ  目の前にあるのは、1839なんだ!!

こんな距離で見れるんだね!!

みんなしばし主稜線の勇ましさにうっとり

さ、かなちゃん念願のペラリにも行こうか!

すぐ隣にある【ペラリ山】

何故か、山ちゃんが 「かなちゃんの車、コンさんが運転して」と?

(あ、疲れてると気にしてくれるのかしら?)

いや、違う違う!・・・・ルパンのこの緊張した表情を見てください!

RIMG6167 (800x450)

通常は、登山道として掲載されている作業道を歩いて、登山口に行くのですが

なんとこの崖に付けられた作業道を、車で登るの!?

ひゃぁーっ これはとてもカナリーヌじゃ無理です!

運転手のコンさんに命預けます!!

車がやっと一台走れる程度の道・・・・

なんとか、到着!

笹の広い尾根を踏み跡を辿って40分!

振り返ると、午後の陽ざしに輝く海原

RIMG6164 (800x449)


ガイドブックのコースタイム、1時間50分を1時間以上縮めてピークへ!

消えかけた山頂標識 ペラリ山の文字は、半分しかない

んじゃ、行きますよーっ  思いっきり舌を出してー!!

はいっ ペロリーッ

RIMG6159 (800x435)


あぁ、大満足っ これをしたかったんだようーっ

みなさん、ご協力ありがとう!!

つぎは、どこでヘンテコなことしようかな?


(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1269.html

2015/11/26 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 【砥石山】 同じ轍を踏まず・・・・
この前の記事 : 新日高町低山巡り

Comment


確かに!

あたしとのりちゃんだけなら、ピセナイのゲートで撤退!
やっぱり山男達は頼りになる!
あたし何時も男衆の悪口ばかり言うけど、山男は別だもんね!ただ、山男も街に下りたら、信頼に値しない不誠実野郎か、頼りにならないヘナチョコ男が殆んどだけどね?
あたしの山仲間の山男は、勿論街でも素敵です!

カナリーヌ |  2015/11/28 (土) 09:10 No.3249


ペラリでペロリは思いつかなかった!!
ピセナイしばらく行ってないな~
手軽に日高の展望が見られて好きなんだけど、
今となっては遠い!
すごい太いアイヌネギを採った記憶があります~
それにしても低山をぽんぽんと、登る早さもそうだけど、
無駄なく移動できる山ちゃんのナビあればこそですねー。スバラシイ。

on... |  2015/11/28 (土) 08:34 [ 編集 ] No.3248

コメントを投稿する 記事: 【ヘンテコだって、立派な日高山脈の端っこ!】 

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 【砥石山】 同じ轍を踏まず・・・・
この前の記事 : 新日高町低山巡り