promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【雪山訓練、雪崩埋没者救出編】 

   ↑  2015/12/09 (水)  カテゴリー: 山散歩道

翌朝は、小樽で合宿したメンバーと朝里で合流

朝里天狗に登ろうと、意気揚揚と朝里峠へ

が、いつもの駐車帯がほとんど除雪されてない・・・・

メンバー達の心の声が、聞こえます

(やった、もうこのまま中止でいいいかも

何しろ昨夜は寺さん宅のご馳走三昧、お酒飲み放題、今朝も朝から豪華朝食セット

しょーじき、もうこのまま帰って昼まで寝たいー)

もちろん、そんなこたぁー許せません!

カナリーヌ、閃いちゃったもんね

「あ、そんならこのまま峠下って、小天狗行きましょう!あそこならゲートまで車も入れます!」

ややうんざり顔の山ちゃんとメンバーを引き連れて、ダム湖へGO!

RIMG6435 (640x352)


本日は、タッチも合流しました!

「さぁーって!しっかりラッセルしてお酒を抜きなされ‼」

RIMG6436 (360x640)

膝上の雪の中、トボトボ行進する二日酔いの人々

(何故、こんな雪の中 ラッセルしてるんだろう?)

疑問に思うも間もなく、急き立てられる

RIMG6441 (640x360)

タッチは、自宅から直行したのでやる気満々

ルパンと交代で、ラッセル隊長を務めます

RIMG6443 (360x640)

取り敢えず、登山口まで30分

RIMG6450 (640x360)

更に、雪は深くなります

小沢の渡渉地点がなかなか解らない

「あたし、この山は10回は登ってるし、大体先月登ったばかりだし!

ここからだからっ 間違いないから着いてらっしゃい!!」

威勢よく、スノーブリッジを渡ります

ヒロポンがドボン・・・スマン・・・・

まぁ浅瀬なので難なく這い上がり、斜面を這い上がり橋脚を目指します

RIMG6453 (640x360)

ここまで、1時間

夏なら40分でピークだけど、この調子じゃあと2時間以上はかかりそう

どーする!? ここは山ちゃんの勇断に委ねます!

「よしっ 帰るべ? もう温泉も開いてるべか?」

あはは、だよねー?んじゃここはまことに無念ではありますが、前途ある撤退に決定

RIMG6460 (640x360)

でもこのまま帰るのももったいないので、

雪崩埋没者の救出訓練をしよう!

そうだっ ルパンは実のところ、どの程度救出できるのか、検証してみようか!

早速、雪に埋めてもらうカナリーヌ

全部埋まったらあまりにも怖いので、顔だけ半分出してもらいます

顔から下は、30cm位の雪に埋まる・・・・いやぁ これだけでも相当な恐怖感

指一本動かせない!!

本当は、ルパンには埋まってる場所を隠しておきたいけど、その場から動こうとしないので

北さんに抑えて貰っていました。

「よしっ行け‼」の号令に真っ先に、カナリーヌの帽子を分捕るルパン

RIMG6469 (640x360)

やっぱり緊迫感がないからなのか、全然遊んでます

それでも、カナリーヌの「掘れっ」と言うコマンドにやっとガシガシ掘り始めます

RIMG6481 (640x360)


掘り出すと、後は一心不乱

直ぐにカナリーヌの胸元まで掘り起こしました!

RIMG6495 (640x360)

ふぅーっ無事生還

でも、もちろん本物の雪崩に遭ったら、どうなるか?

第一、場合に寄っては数メートル下に埋まっていることもあるそうです

やっぱり無理!

それにたった数十センチ埋まっただけでもこの重圧感と恐怖

絶対、正気ではいられないなぁ

怪我もするだろうし、息も出来ない

万が一、埋まるならせめて視界が欲しいです

ヨーロッパでは、アバランチバルーン?があるらしいけどどうなのかな?

とにかく、雪に呑み込まれないように泳ぐ! 身体を浮かせることが大事!

その点、犬や動物は雪の上を泳ぐので有利らしいです。

そーなるとやっぱりルパンに頑張ってもらおう!

また来週、訓練するぞ!

今度は、のりちゃんか藤井を埋めてみよーっと!

みなさん、ご協力ありがとうでした!



(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1273.html

2015/12/09 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


おめでとうございます👶

わぉ!お孫さん❣家族が増えるなんておめでたいです!ぜひ山好きなお子さんに育ってくれるといいですね!!
雪崩埋没訓練、実は結構まじ怖かったてす!!
閉所恐怖症なので、まさに閉所の真髄!!死ぬー!!と思いました!

カナリーヌ |  2015/12/13 (日) 20:24 No.3255


想像するだけで怖ろしい!

お久しぶりです。
秋に産まれた孫の世話やらなんやらで、すっかり読み逃げ失礼しました!
私の会でも毎年この時期に訓練をしますが、この埋没者掘り起こし、実際に埋まる人間は、相当怖いらしいです!まして、女性の志願者など聞いた事もありませんよ!
雪崩のブロック雪は、コンクリートの様に固く重いと言いますよね?数メートルも!?
想像するだけでゾッとします。
今シーズンもどうぞ、事故のないよう!楽しい雪山報告を待っています。

チョコ |  2015/12/10 (木) 18:44 No.3254

コメントを投稿する 記事: 【雪山訓練、雪崩埋没者救出編】 

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback