promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【三、二、一、ゼロの山】

   ↑  2016/01/17 (日)  カテゴリー: 未分類
カルミン@雪焼け怖いけど、あのマスクは息苦しくて出来ません

山を登る人達は、それぞれこだわりの山選びがあるのでしょう。
私は、圧倒的に『ピークハンター』
登った事のない山なら、100mから3000mまで、どんな山でも登りたいと言う点派
ヤマちゃんは、多分
あそこからあそこを繋ぎたいとゆう線派ですね?
日高主稜線を繋げただけでは、飽きたらず、峠から峠とか、芦別岳から夕張岳とか。
今日は、そんな二人の山選びを満足させる山行となりました。
ゼロの山、今や夏山ガイドにも載っています。
そのゼロの山には、稜線上に兄弟がいるのです。
かなやま湖を見下す稜線
三ノ山、二ノ山、一ノ山
と言うのが存在するのですって!
私も初めて聞きました。
樹海峠から西に向かって
三、二、一、そしてゼロ!
常に左手にかなやま湖を見下ろしながら
アップダウンの稜線をしずしずと
その距離は、ゴール地点の立派なログハウスまで、10、5キロメートルです。
渡された地形図を見るだけで、
ウムムと呻る北さんとカルミン
ルパンは、既に兔の足跡を追いかけ先行しています。
さぁ!歩くぞー!
深雪ラッセルを覚悟していましたが、
意外に雪が素晴らしい!
ギュッと締まった上に、5cm程の羽毛のようなパウダー!
そして、滑り下りたらさぞ気持ち良さそうな稜線脇の斜面
こりゃあスキーヤーには堪らないなぁ!
いやいや、あたしゃ
パウダーウッヒャーよりも、こーやって
ひとつひとつ未踏のピークを獲得する方が好きなのさ!
「んだんだ!あそこからあそこまで、自分の足で歩いたって言う達成感がいいべさ!」
空は青空、空気は澄み、心地良い微風は、前を行く叔父様達の香りを運びます。
爽やかとは、少し程遠いけど
頼もしいお二人の背中を眺めながら
ひたすらピークを目指しました。
スタートから順調に、4時間半で
かなやま湖の畔へゴール!
ルパンの長い散歩になりました。




(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1291.html

2016/01/17 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【三、二、一、ゼロの山】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback