promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【天狗山から観音山】【南多峰古峰山】

   ↑  2016/02/21 (日)  カテゴリー: 未分類
カルミン@コソ練の成果なしです。
この冬、平和の滝の送電線下や、三菱山のスキー場の脇で、ヨロヨロ滑るテレマーカーを見かけたら、どうぞソッと見ない振りをして下さいね?

今週末は、特に道東で悪天候に見舞われた北海道
なんとか、太陽を追い掛け
絶好の登山日和となりました。
流石、我らがリーダー山ちゃん!
いいですか!北海道の山男さん達
女心なんて読めなくとも、天気図を読める男!
そっちの方が、全然価値があるし
山ガールにもてますよ!
自信がなけりゃ、神様にお願いして
「晴れ男」になりなされ!

さて、昨日は時々青空も覗く高曇り無風の後志地方
目指す初ピークは、「作開三山」とも呼ばれるうちの二座
天狗山、観音山です。
国道229号線から寿都町と黒松内町を結ぶ道々がスタート地点
標高15mの牧場を貫く林道から天狗山の西に延びる緩やかな尾根に取り付きました。
目論見通り、この暖冬で雪は既に固く締まりノーラッセル
遮るもののない気持ちのいい稜線
振り向くと、昨年ルパンとふたりで歩いた月越山脈
その向こうには、真っ白な大平山、狩場山、目を転じると海に浮かぶ積丹連山
更に、ニセコ連峰や羊蹄山が
青空の下、屏風のように屹立しています。
さながら、天空のプロムナード!
(すみません、拙ブログは、ルパンのプロムナードです)
スキーアイゼンを付け、慎重に急斜面を登る私達を尻目に
ルパンが喜び勇んで、高みを目指し
日本海を見下しています。
いくつかのポコを過ぎ、GPSを取り出した山ちゃん
「ありゃー!天狗山通り越してるわ!」
はっ?もしやさっきルパンが立っていたピーク!私達はトラバースしちゃいました!
なんと・・・天気図読ませりゃ天下一品の山男、地図は読み違えましたか!
いやいや、まぁいい
戻るのも億劫なので、先へ進みましょう。
稜線を大きく南へ進路を変えると
次に目指す観音山
私と北さんには、どのポコが観音山やらサッパリ解らない。
言われるがまま、複雑な尾根を曲がったり、下りたりまた登ったりします。
天空のプロムナードは、もう充分堪能したから
とにかく、最終目的地に辿り着きたい一心です。
長い長い果てし無く感じる稜線
待ち侘びた声がやっと掛かりました!
「よしっ!これが観音山だべ!」
スタートから実に6時間10分
丸い観音山ピークで、道中ずっと考えていた観音様のポーズで写真に収まる事が出来ました!
下山は、観音山から下白炭川沿いの尾根
勾配は適度で、広さも充分ですが
快適な滑りは期待出来ません。
怪我をしなければ御の字でしょう。
小さな橋の袂に下り立ち、またまた長い長い林道を道々まで、たっぷり1時間
最後は山ちゃんが、3キロ先までテクテク歩き、車を取りに戻ってくれました!
カルミン心の中で
(天狗のピークを通り過ぎた事、あんなになじって、ごめんなさいね)と謝りましたとも!

今日は、のりちゃんを加え
南多峰古峰
多峰古峰の南のお椀を伏せたような山です。
下のほうは、少し笹薮がうるさいけど
スノーポンやスノーシューには充分な雪尾根です。
はい、スノーポン?
気になる方は、モンベルのカタログを
探して見て下さいね!
カルミンこの冬、一押しのアイテムです!
長くなりすぎました!
それでは、残り少ない雪山
またせっせと初ピークハントに、精を出します!







(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1304.html

2016/02/21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【天狗山から観音山】【南多峰古峰山】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback