promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【二国内】

   ↑  2016/03/16 (水)  カテゴリー: 未分類
カルミン@連日の登山届に
道警生活安全課の係の方もげんなりしているかも知れません。

でも、こんな登山日和を逃す手はありません!
今日は「雪山ガイド」で気になっていた
「国内兄弟」の二国内に行ってみました。
目国内、三国内には既に何度か登っていますが、二国内は未踏です。
国道229号を尻別川沿いに蘭越方面へ折れ、志根津川を渡ると「コックリ湖方面」の標識があります。
その道路を走ると左手に
「コックリ湖町道入口」
そこが本日のスタート地点でした。
道幅は広いので、端っこに駐車可能。
後は、志根津川沿いの林道をスキーでテクテク進みます。
1時間程で、歩道入口
まず、二股になった右股を渡渉しますが、雪が少くなかなか難儀しました。
一度真ん中の尾根に登り、標高400m辺りで今度は左股を渡渉するようですが、やはりあちこちに穴が空いていて厳しい。
標高を上げ500m過ぎてから雪の詰まった沢を渡渉しました。
ついでにそのままコックリ湖まで登り、静かな湖畔でひと息。
改めて進路を逆に南へ599mポコを目指します。
二国内は、更に南に戻った582mの三角点です。
3時間ちょうどで辿り着いたピーク?
下界の展望は、木立に阻まれ今ひとつですが、コックリ湖越しの雷電山が見事です。
下山は、599からトラバース気味に滑ると、歩道に合流出来そう。
しかし、ルパンが着いて来ません。
慎重な彼は、何時ものようにトレース通りに戻りたがっているのでしょう。
地形図とコンパスを示し、説得するとやっと腰を上げました。
なんとか渡渉出来そうなスノーブリッヂを見つけ無事歩道に合流。
往路を戻りました。
情報によると、近くの234m三角点は
「六国内」と呼ぶらしい。
では、気になるのが、他の兄弟?
四国内?五国内?
そして、長男の一国内は!?
さて、(げんなりしてるのは、安全課だけじゃないですよ)
てなお顔の誰かさんを思い浮かべながら、そぅーっと今日もポチッと
投稿しちゃいます。







(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1315.html

2016/03/16 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【二国内】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback