promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【下然別山】【カムイロキ山】【イユダ二ヌプリ山】

   ↑  2016/03/22 (火)  カテゴリー: 未分類
カルミン@スキーブーツと雪山用靴を新調しようと、行き付けのお店に行ったら、店員さんに「使い方を正しくしたら、まだ今ので充分!」と買わせて貰えませんでした。

あまりお天気に恵まれなかった3連休。
20日21日の晴れマークに望みをかけて
道東に遠征しました。
清水インターを出ても、相変わらず刺すような北風。
(こりゃー、山は諦めて、新しくなった菅野温泉でまったりだわ)と思ったら、
なんと菅野温泉の駐車場は無風の快晴!
さすが、「風を読む男山ちゃん」
清水で合流したトシさんとは、スキー教室以来。
山にご一緒するのは、初めてです。
スタート地点は、然別野営場の脇の林道。
ナカノサワ川に架かる橋を渡ると
取り付き尾根。
いわゆる最中雪面をワカンで踏みつけると、膝上、時には股までズボズボのラッセル。
なんとか、雪の鹿道を利用して標高を上げますが、至るところに鹿の落し物チョコボールがあり、尻餅をついたら悲惨な事になりそう!
ここは、すかさず秘技女の武器の出番です。
「あーん、もう疲れたぁ!」
男性3人がかりでラッセルをしながら
フゥフゥ登る中、暫くすると
カルミンの嬌声が響きました。
目の前に広がるのは、青い画用紙に貼り付けた真っ白い切り絵のようなウペペヌプリ!!
2時間かけて、辿り着いたピークは
東大雪の大パノラマ!
「疲れも吹っ飛びますね!」
と振り向くと、大汗をかいた男性陣が
ガックリ膝を付きながら、目を細めて見惚れていました。
下山後は、足寄まで走り
天測点の山「カムイロキ山」
農家の広い畑の隅に車を置かせて頂き、畑を突っ切り細い急尾根へ。
真新しい熊の落し物や大きな足跡がありました。
名前の通りカムイの居る山です。
山ちゃんに天測点の意味を教えて貰いますが、半分も意味は解りません。
でも、初ピークに大満足!
更に東へ走り
カルミンのお気に入りの適所にテントを張りました。
翌朝は3時に起床
釧北峠から、ひたすら東を目指します。
樹海のような松林にうんざりする頃
やっと景色が開けます。
振り向くと、直ぐ後ろに聳える「雌阿寒岳」火山の煙が真っ直ぐ天に向かっています。
8つのアップダウンを耐える事約4時間
「伊由谷岳」へ到着
雄阿寒岳、ルベシベ山、雌阿寒岳の
この並びは、ここからしか望めません。
360度の大パノラマは、辛い登りを耐えた者だけに許されたご褒美でしょう。
更におまけのアップダウンで
「イユダ二ヌプリ」到着!
トシさんが、ルパンとハイタッチして
喜んでいました。
さて、下山に待ち受けるのは
数が減らないアップダウン。
「もうイイダニ・・・」
「さて、イクダニ・・・」
得意の親父ギャグも疲れ気味。
カルミン、またまた秘技を出します!
お尻を使って、男性の意気を盛り上げる!
男性陣を先導し、尻滑りをしながら、
案外快適に下山完了となりました!
ワカンを外しながら、山ちゃんが
「そう言えば、かなちゃんの前世占い、調教師だったよね」とポツリ。
ふふっ調教するのは、犬だけじゃないんですよ!





(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1317.html

2016/03/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【下然別山】【カムイロキ山】【イユダ二ヌプリ山】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback