promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【イユダニヌプリ山】アップダウンが何か所あるか!? 

   ↑  2016/03/30 (水)  カテゴリー: 山散歩道

うーむ・・・ テントの張り場所を間違えました・・・。

男性陣のテントの隣は、まずかった!

多分、山ちゃんの頭と、あたしの頭がテント越しに接近していたんだ・・・。

夜中に起きると、例のBGM! 混合三部合唱

ウトウトしながら、気が付けば山ちゃんんの元気な声!ぐっすりお眠りあそばしたんでしょうとも!

さてっ 3時起床で朝ごはんを済ませ、テントを撤収

釧北峠のてっぺんまで、15分

5時半にはスタートです

RIMG8603 (640x357)

今日も快晴の登山日和

ただし、真っ青なお空はしばらく見えません

この深い深い森をひたすらGPSとコンパスを睨みながら、1時間半

やっと森を抜けたーっ

RIMG8604 (640x360)

振り返ると、いつの間にか、雌阿寒岳とフップシ岳が我々を見下ろしています

RIMG8610 (800x450)

こんな位置から見上げる雌阿寒岳が、新鮮

RIMG8611 (436x800)

ここからは、ひたすら稜線上を歩きます・・・

雌阿寒岳はしだいに遠くなり、周囲の山並みが見え始めてきました!

RIMG8620 (800x418)

ここから始まる、アップダウン地獄・・・・

それも結構な高度を登って、下りて・・・また登る

RIMG8624 (640x360)

ここも軽アイゼンでもあれば苦労しなかったかも?

やっと遥か遠くに、伊由谷山岳が見えて来ました!

RIMG8633 (640x350)

この辺りは何故か枯れ木の集落

山ちゃんが、わざわざ「かなちゃん、そこの木に抱き付いて!」とポーズをとらせたのは、

枯れ木と涸れ女の図だよね?

それにしても、余程凄い風に吹かれるのか、どれもバッキリ折れてる

ふふん、あたしゃ世間の風に折られる程、やわじゃないけどね!

しなやかな、若木は上手く風を味方につけて、しっかり根付いています

RIMG8635 (800x450)

若い女は、ちゃっかりしてるんですよー!

それにしても気持ちのいい稜線

ずーっと見渡せる景色

しかし遠い・・・ついに山ちゃんが「もうイイダニ」としなびた親父ギャグを呟きました。

「着いたじょー!!」 ルパンが、ピークに駆け上がる!

ここは、「伊由谷岳」

RIMG8636 (800x405)

スタートから3時間50分 チマチマ歩いて到着!

RIMG8637 (800x449)

実は、この日 3月21日は、ルパンのお誕生日!

山もお祝いしてくれました!

最後9個目のアップダウンを越えた先には、念願の「イユダニヌプリ」

RIMG8644 (360x640)

大満足のもちろん全員初ピーク!!

まだ時間も早いので、まったりと景色を眺めます

いつもなら、ピークで記念写真を撮影、立ったままお握りを頬張る、さっ 下山!

なのに、なかなか腰を上げない皆さん?

ルパンと雪玉で遊んだりしてる・・・。

30分以上もまったりして、やっと 「・・・さぁ、イクダニ…」 力なく歩き始めました。

そうかっ 帰りも登りと同じ数のアップダウンの稜線が待ち受けてるんです!

RIMG8650 (800x449)

登りは、あちこち匂いを嗅ぎながら、走り回っていたルパンも

トボトボと皆と一緒に歩きます

もう、2度と見ることのないであろう この景色

RIMG8616 (800x450)


嫌って程、目の前に見ながら

(本当に、ここはモウイイダニ・・・)つい親父ギャグを呟いちゃいました!

iyudaninupuriyama2016_chizu_20160330174307b28.jpg

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1322.html

2016/03/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【イユダニヌプリ山】アップダウンが何か所あるか!? 

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback