promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【ペンケヌーシ岳南峰】

   ↑  2016/06/12 (日)  カテゴリー: 未分類
カルミン@上天のお花は外しましたが、思いがけず宝の山を見つけました!

さて、スキーはいい加減諦め、かと言って沢登りに突入するにはまだ気分が乗らないこんな時期。
ヤマチャンから、「ペンケヌーシでも如何?」とメールが届きました。
(ふーん、まだお花の時期には早いけど
お手軽に日高を眺めようか)
などと軽い気持ちで参加決定。
朝4時半、のりちゃんと一緒に待ち合わせ場所に向かいました。
パンケヌーシ川林道は、まだ開放していませんが予め申請しているので、キーナンバーを営林署のポストで確認します。
情報通り、6の沢分岐の橋を越えたカーブで崖が少し崩壊しており、ここに車をデポ。2キロ歩いた先でも大きな落石がありました。
30分を要して着いた登山口
驚く事に、旧式のランクルが1台駐車しています!あの崖を通過してきたのでしょうか!?
登山口の大きな滝は、大迫力の水量!
そして、最初の大きな渡渉は橋も壊れたまんま。
ヤマチャンと北さんは沢装備ですが
私達のスパイク長靴でなんとかギリギリでした。
ここは、古くからある沢コースと別に、山肌をトラバースする迂回コースがあります。
通常なら、沢コースでも夏靴で登れますが、この時期は夏靴では太刀打ち出来ません。
沢が雪渓で埋まる稜線下までは、沢装備か長靴が必要です。
殆ど沢登りの様相で稜線下へ。
雪渓で夏靴に履き替え、軽アイゼンを装着しました。
ここから、目指す山頂は右の稜線、ところがヤマチャン、スタコラと雪渓を左へ登り出します。
「あれね、南峰ってんだわ!かなちゃん、初ピークだべさ?」
へ?ピークと言うか、単なるデベソ岩だけど?
雪渓が切れると、当然ハイマツ帯の藪漕ぎ!
のりちゃんは、暗い目をして
「私、お洒落なシャツ着てきたんですけど」
甘かった!ヤマチャンが軽いハイキングを計画する訳なかったんです。
頭上を超える枝に体ごと弾かれ、新しい帽子を剥ぎ取られ、短パンの脛を打ち据えられ必死に藪と格闘する山ガール。
それに比べ、嬉々として沢に飛び込み、ハイマツをくぐり抜け、山頂から
仁王立ちで北日高を睥睨するルパンは、既に一端の沢屋の貫禄です!
幸い稜線の松は脛の高さで、本峰までうまく雪渓を繋げたので、のりちゃんの一張羅も被害は免れたようです。
「凄い展望だべ!?」
青空の下に広がる日高の山並みを見下ろし、ヤマチャンが鼻をうごめかせました。
下山の沢では、「ネギの匂いだよ!」と
カルミンが鼻をうごめかせます!
まぁなんとあるわあるわ!
食べ頃ネギ!!
即座に各々ナイフを手に両脇の灌木帯へ突入!
小一時間の狩りの後、たんまりネギを背負って意気揚々と沢を下ります。
更に林道では、ウドの大群が我々を待ち受けておりました。
背中にネギ、胸にウドを抱えたカルミンの後ろから、取りこぼしたウドを咥えルパンが追い掛けます。
この親にしてこの犬あり・・・。








(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1349.html

2016/06/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【ペンケヌーシ岳南峰】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback