promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【手稲山 平和の滝コース】 ユーカラ乙女の忍び泣き

   ↑  2016/06/28 (火)  カテゴリー: 山散歩道

手稲地方は、朝から雨・・・

今月に入ってから、蝦夷梅雨みたいな天候でなかなか山に登れにゃい

さすがの晴れ女カナリーヌでも、この天候不良はどうにもなりません

むむぅーっ もう勘弁ならん!

とにかくピークに立ちたいのじゃーっ

午後からは、のりちゃんと藤井がルパンに逢いに来るから、朝の内にササッと登れる山

そうだっ 久しぶりに平和の滝から手稲に登るか!

雨でも多分それほどドロドロにならないし、何より近い!

何度も登ってるから、多少の雨でも怖くないもんね?

そして、下山したら滝壺で遊ぼうっと!

さっ ルパン 泳ぐ前に準備運動だよー!

あ、これ花火みたいなお花じゃない?

P6260003 (480x640)

あっ これは知ってる! うーんと、一薬草!

P6260006 (480x640)

小雨が降って来たけど、この程度ならレインスカートでいいかな?

おーっ 快適! 蒸れないし足さばきも楽だよ!

P6260016 (640x480)

岩場の手前でお出迎えしてくいれた妖艶なお花? 銀竜草

P6260018 (480x640)

岩が滑らないので、意外に登りやすい大崩れ

P6260057 (640x480)

ここは、このコースで一番のお気に入り

稜線に登ると、雨はザァザア降り・・・・でもいいんだ!

夏の雨に打たれるのもいいもんさ

たまには、雨登山しとかないと、本番で雨に降られた時に慣れてないからアクシデント起こしそう

P6260019 (480x640)


さっ 鳥居に着いた!

P6260027 (640x480)

物好き?とゆうか、意外にすれ違う人も何人かいました。

その中の1人が、「ハイランドにパトカーが何台もいて、昨日から行方不明になってる70代のお爺さんを

捜索してました」と教えてくれました。

山頂には、誰もいない  ゆっくりするにも雨がドシャブリ

P6260076 (640x480)


さっさと退散

P6260034 (480x640)

駆け下りて行くと、ふと何処からか儚い音色?

ラジオ?いや違うなぁ~

ん? あのアイヌの少女レラのリレーフから聴こえます!

あ、白い影が・・・・笛? 笛を吹いてる!

忍び泣きのような・・・・切ない音色

この雨の中・・・・しばらく聴き入りました。

そのまま立ち去ろうかと思ったけど、好奇心が勝り、つい声をかけてみる

その男性の方が、余程驚いた様子でした。

P6260036 (640x480)

お話を伺うと、いつもここで笛を吹いているらしいの

音楽家の田中さんと言う方

いいなぁ~きっと心が休まる時なんだろうね?

いつもひたすらピーク目指してガムシャラに走り過ぎるカナリーヌ

そうだよね、人それぞれの楽しみ方があるんだ

ちなみに、仕事仲間のM主任は、いつもここでヨガの瞑想をするらしい

で、知ってました! 笛吹き山人!

お邪魔にならないうちに、お別れをして駆け下りると、今度は下から元気のいい三人連れ!

P6260044 (640x480)

大学生のパーティー  なんだかホッとした!

さぁ お楽しみの滝壺ドッボーン!!

P6260070 (640x478)

そう言えばこの平和の滝って、心霊スポットとして有名だよね?

カナリーヌは、全然霊感ないからわかんないけど、👻さん達、お騒がせしてごめんなさいね?

でも、ここって家からすぐだし、ルパンが飛び込んで泳ぎ回るのにちょうどいいんだもん!

またひと夏、お邪魔さしてもらうね!

P6260039 (480x640)


(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1355.html

2016/06/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 【暑寒別岳】暑寒山荘コース
この前の記事 : 【手稲山平和の滝コース】

Comment

コメントを投稿する 記事: 【手稲山 平和の滝コース】 ユーカラ乙女の忍び泣き

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 【暑寒別岳】暑寒山荘コース
この前の記事 : 【手稲山平和の滝コース】