promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【三峰沢から富良野岳】九重の滝コース

   ↑  2016/07/09 (土)  カテゴリー: 未分類
カルミン@昨日は、【羊蹄山】半月湖から朝露に濡れながら、気持ち良く2時間40分で、ルパンの初登頂
お鉢の底のプールで泳いだルパンは大満足、私もお花畑に寝転がり、丸く縁取られた青空を見上げてのんびりしました。

本日は、足を延ばして
三峰沢から富良野岳。
沢入門者から今シーズンは、初級沢屋を狙うのりちゃんとルパンは、ドキドキワクワク。
入渓からいきなり現れる70mの段滝、九重の滝に思わず唾を飲み込んでいます。
しかし、この沢
私達のゴム底沢靴と、ルパンの天然肉球とは相性が良く、殆ど滑らず左から直登出来ます。
その後も次々と現れる数メートルの滝に
時々ヤマチャンにお助けロープを出してもらいながら、歓声を上げます。
滝が出るたび振り返り
「またありました!」とニヤリとするのりちゃん、既に一端の沢屋かな?
標高1300mを超えると、やはり雪渓が出て来ました。
この沢一番の核心、30mの華雲の滝の手前には、厚さ10mはある雪渓が数十メートル横たわり、ところどころクレパスの様に割れ、薄くなって空いた穴から轟く沢音が肝に響きます。
確か、以前遡行した時は秋口だったので
水量はこの半分
カルミン「様子を見てきます」と言い置いて、ロープも担がず
うっかりそのまま独りで滝を登って大ひんしゅくでした。
今日は、圧倒される水量に
滝女カルミンも迷わず「右に高巻きあります!!」とサッサと巻道へ。
核心を過ぎると、スプーンのようなのっぺりとした2m滝
のっぺりとし過ぎて難しい。
まるでドリフのコントのような
カルミンとのりちゃんのしつこいクライム!
なんとか、縁にしがみつきクリア
雪渓が何ヶ所か出た後は、
膝程度の若木灌木帯。
お花もチラホラ、熊さんの落とし物もチラホラ。
最後は少しのハイマツ漕ぎで
夏道に飛び出しました。
いきなり藪の中から、顔中泥だらけの人間と犬が登場して、歩いていた登山者の皆さん呆気にとられています。
10分歩いて山頂へ
スタートから実に5時間の沢旅、武者震いあり、お笑いあり、迫力も癒やしも全てある楽しい沢でした!
山頂では、【ルパンのプロムナード】の読者さん達に偶然お会いし、ルパンは可愛らしいおねぇさんやおにぃさんに撫でられ、やっと沢での緊張も解れた様子。
下山時にはカラフルな1団、またまた
ブログの読者さん、その楽しいパーティーの中には
ヤマチャンの旧知の千歳のりょうさんもにこにこカメラを構えて下さいました。
富良野岳は、まさに、百花繚乱
長い下山道ですが、カルミンお花の写真に余念がありません。
ひとつひとつヤマチャンに名前を尋ねるので、終いには「なんなのさ!?急に花に目覚めて!」と呆れられました。
だって、お花って写真映えするんです!
この数年、鏡の中の華は枯れる一方なんですから、せめて水々しい綺麗な花を愛でたいんです!
帰りの車の中で、今日先行していたトシさんからメール
「雪渓で親子熊に威嚇された!」
ひゃあー!!申し訳ないけど
私達の前に登ってくれていてありがとうございます!!
明日は、ヤマチャンとトシさん
沢ガール数名に沢入門講習だそうです。
あたしは、騒がしい騒ガール?
熊避けに同行するのがお勧めです。






(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1360.html

2016/07/09 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


あらまぁ!!

そうでしたか!! もうなんとでもお声をかけていただくと
凄く嬉しいです!イヌーッでも山姥~!でもいいです!
沢で泥まみれで汚い顔ですが、どうぞ見てくださいっ
のりちゃんは、掛値なしでキレイでしょ?
ルパンもイケメン、山ちゃんも渋いでしょ?
あたしは、写真映り詐欺です!
でも、そんな風におっしゃっていただいて
嬉しいです
またどこかの山でお会いできるといいなぁ
お花も景色も最高でしたね!
あちらは、数年ぶりでしたが、やっぱり茶色の山肌と緑とお花のコントラストが素敵ですねぇ

カナリーヌ |  2016/07/11 (月) 20:08 No.3337


こんにちは。わたしも昨日お見かけしました。4年ほど前からちょこちょこブログを拝見していましたが、とっさにルパンさんのお名前が出てこなかったのと、照れでお声掛けできませんでした。
ブログで見ていたよりずっと若々しくおキレイでした。
今度山でお見かけした際は、勇気を出して声をかけます。笑

KNZ |  2016/07/10 (日) 06:09 [ 編集 ] No.3336

コメントを投稿する 記事: 【三峰沢から富良野岳】九重の滝コース

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback