promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【大平山】

   ↑  2016/08/02 (火)  カテゴリー: 未分類
カルミン@エーデルワイスと母子草、親戚だったんですね!?

大平山のエーデルワイスは真夏の花です。
暑い暑くて死にそうになるけど
やっぱり毎年逢いたいエーデルワイス。
ここ大平山のエーデルワイスは、岩稜地帯に咲いています。
「大平山は熱したフライパン状態」とは、どなたの言葉だったでしょう?
しかしフライパンを征服するコツはあるのです!
まず、天気予報、曇り時々晴れ
気温25度以下、そしてもちろん早出に限ります。
出来れば、朝露の消えない午前中には
下山した方が宜しい。
カルミンいつもの通り、朝の5時半にスタートして、ルパンと共に登り出しました。
ここは、登山道と言うより殆ど踏み跡。
朝露の草ボウボウがいいんです!
直ぐに全身グッショリ!
涼しい位です。
涸れ沢伝いに稜線に上がると、ガスで霞んだ中に浮かび上がる花花花!
幻想的な風景に見惚れます。
既に夏の花は、終わりを告げ始め
一面咲いていたイブキトラノオは
少しずつ色褪せ、代わりにヤマルリトラノオが真っ盛り!
おどろおどろしい黄色は、トウゲフキの花かな?
ジヤコウソウは、まだまだ元気!
タカネナデシコも色鮮やかに空を見上げています。
うつむき加減で密やかなのは、桔梗でしょうか?
しつこいアブに追われるように
あっという間に岩稜地帯
う、うわぁ!!
足の踏み場もない位の
エーデルワイス、大平薄雪草ですよ!!
カルミン夢中で、写真を撮ります。
狭い急斜面のトラバース
お花とルパンのショットを納めようとしたら、ズサザザー!!
花畑を転げ落ちる哀れな山姥。
そして、登山道の脇にくまの寝床かな?
首を傾げていると、下の沢に向かって
重機のようなドドドッ
山親父さんのお昼寝の邪魔をしてしまったようです。
山頂へ向かう藪には、ガイドロープとテープが増えていました。
ちんまりした山頂へ着いたのは
スタートから2時間50分あまり。
まだ8時半前です
予報では9時から晴れマークなので
山頂のお花畑でエーデルワイスに囲まれ
至福の時を過ごします。
やがて青空が見え始め気温も上がってきたので、カメラを片手にゆっくり下山開始。
途中、関西のご夫婦にお会いしました。
エーデルワイスの咲き乱れる地帯と、
藪のガイドロープを教えて差し上げました。
更に下りると、暑い中元気の良い女性!
「山頂のエーデルワイスも、観たいです!」と意気揚々と登って行きました。
しばらくすると、フゥフゥ言いながら登って来た男性は、ご主人
汗を拭きながら「もしかしたら、ブログをしている?」
「あら!そうです!ルパンのプロムナードです!」
化粧の剥げた汗まみれの顔を隠すように答えました。
夏道を歩くと、ブログの読者さんたちに時々声をかけていただくのですが、写真映りが若いらしく、一様に怪訝な表情をされます。
楽しみにしていた涸れ沢の茸は、既に溶けていましたが、ふと顔を上げると
ラズベリーみたいな木の実!
黒く熟したのを口に入れるとなんと爽やかな甘み!
もしかしたら、ウラジロイチゴかしら?
顔にたかるアブを首を振り振り払いながら
一心不乱にベリーを貪る私。
何かに似ている
・・・あ、ブルーベリーを食べる熊ですね?
山姥ついに山親父になっちゃいました!

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1372.html

2016/08/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 【大平山】 天国の花園
この前の記事 : 【アポイ岳】 癒され花旅

Comment

コメントを投稿する 記事: 【大平山】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 【大平山】 天国の花園
この前の記事 : 【アポイ岳】 癒され花旅