promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【飛生川】玄関口

   ↑  2016/08/11 (木)  カテゴリー: 未分類
カルミン@内村航平は、絶対王者!我らに飛生は、絶対無理じゃー!!
親父ギャグは、金メダル級のカルミンです。
「綺麗な滑を歩いて、迫力のある滝を見学に行きましょ!」
と、のりちゃんとルパンを言いくるめて、飛生川に入りました。
いや、ほんの玄関先にお邪魔しただけです。
ナビを駆使して林道へ辿り着くと、先着のご夫婦がスタートして行きました。
ゲート前に数台の駐車帯があったので、そこに車を停めテクテク20分歩くと、大きな橋、その下から入渓です。
直ぐに、あちこちの報告で紹介されてる川幅一杯の低い滝が、迫力のある水流で迎えてくれます。
「まるで、ナイアガラだわ!」と感動するカルミンに
「全然違います」と海外旅行豊富なのりちゃん。
その一言は、冷たい沢水と相俟って
カルミンを心底冷やしてくれました。
さて、そこを越えると200mにも渡る素晴らしい滑床に、皆でお口あんぐり!
その先は、蒼い瀬の水溜りと、真っ白く泡立つゴルジュのような流れがこれでもかと続きます。
平坦なので、ウォータースライダーには向きません。
いくつかの流れ込みの滝は、のっぺりしていてとても攀じ登れそうもありません。
激しい流れに足を取られ転ばない様に、時には膝くらいの水流を渡渉したり、流れの脇を斜めになりながらへつったりして先を進むと、1時間半で目指す大滝に着きました。
左から流れ落ちる、それはそれは綺麗な滝です!
落差が何メートルなのか、大き過ぎて分かりません。
まずは、目標達成!
その先には、昨夜メールで親分にアドバイスを受けた、大岩ゴロンが待ち受けています。
「第一関門の大岩を越えたら、本当の飛生が始まる。しかし生半可な覚悟で行ったら、戻るのも大変だから、慎重に考える事」
いやいや、無理です!
既にのりちゃんは踵を返し、
濡れそぼったルパンは震えながら座り込んでいます。
私も、あそこを越えて核心のゴルジュに突入する勇気もありません!
ここまで来れたら大満足
秋には、さぞ素晴らしい紅葉が
真っ白く泡立つゴルジュを縁取る事でしょう。
秋にまた来ようね!!
ここまでなら、女子部のサワリータ仲間でも来れそうですね?
でも、でも、やっぱり
大岩ゴローンの先が気になります!
4年後のオリンピックまでは、体力が持ちそうにありません。
来年の宿題出来ました!


(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1376.html

2016/08/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【飛生川】玄関口

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback