promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【湯の沢】 ゴルジュった!!

   ↑  2016/09/14 (水)  カテゴリー: 川散歩

どーしよっかな?

黒松内が夏道すら崩壊状態らしい

今年のルパンとふたりの冒険沢  


黒松内のぶな滝って決めてたんです

でも台風で酷いことになってるみたい

今回の一連の台風直撃で、北海道満遍なくやられました。

結局、札幌近郊が一番被害が少なそう。

岩魚沢は去年やったし・・・漁はうーん・・・黄金もなぁ・・・白水もこの前したし・・

白老は秋にしたい

そうだっ  初心者入門の沢のひとつ

湯の沢があった!

ここならカナリーヌも初心者の頃、12年前に遡行してます!

色々調べると、どうやら入渓地点がかなり手前になってるみたい。

林道凄く長かった記憶があるし、むしろ早く入渓したほうがいいよね?

空沼なら、下山も夏道使える!

と、張り切って登山口へ車をデポしようとしたら

あれ? あれれ?なにかが違う?

登山口の手前200mから林道がすっかり消滅してます!

そっか、やっぱり台風の被害があったんだね?

とりあえず、4台位停めれそうなところにパトリオットをデポします

テクテク歩いて、一旦湯ノ沢橋まで戻る

15分位かな?

さっ この橋の脇の林道がアプローチですよ

P9130002 (640x480)

しばらく広い道を進んで、この看板から鎖のしてる方に向かいます

右は上に登る林道  湯ノ沢林道って書いてあるけど

進むのは、左手 真っ直ぐの狭いほうです

P9130005 (640x480)

ここまで30分 ここが入渓地点 co380m

P9130008 (640x480)

二股になってるので、本流左手の沢に入る

おぉ、いきなりこの滑!! 白くて可愛い ほっこり滑

P9130012 (480x640)

沢水も濁り湯みたいな色です

ずーっとこんな感じ  これだけでも充分癒されるわぁ

もう戻ってもいいかぁ? いやいやもう少し進んでみなきゃ!

この土管をくぐるっと!

P9130014 (640x456)

出口には流木が積もってて、この先結構荒れてます

そうだよね?台風だもんね?

でもすぐにこんな綺麗な癒し系

P9130019 (640x480)


いいじゃんいいじゃん!!

これも綺麗だよーっ  入渓地点早い方が断然綺麗な癒し渓です

P9130021 (480x640)

ほらっ これも登れる!シャワークライムで行こう!

P9130024 (480x640)

七ツ釜?

P9130032 (480x640)

ここは当然泳いで取り付くよね?

P9130035 (640x480)

これも真ん中突破!? 

いや、さすがに厳しかったので左を直登

P9130043 (480x640)

これは、どうする?

P9130047 (640x480)

ルパンは、やる気満々!!

頼りになる山ちゃんがいないので、自分で頑張るしかないと覚悟を決めてます

さっ この土管を上から越えたらどうなってるんだろう?

P9130052 (480x640)

あっここ見覚えがあります!

丁度、林道の終点 co500m

P9130054 (640x480)

ここからかなりの距離はこんな感じ

P9130056 (480x640)

世の中の終わりみたいだよ

こんな終わり方したくないな

思ったより時間がかかる

うーん、もし厳しい滝があったらどうしようか? 登ってしまったらもう引き返すのは危険

この土砂と倒木と崖崩れの巣をまた戻るのも嫌だなぁ

・・と思いながら時計を睨み睨み倒木を乗り越えると

突如現れたぁーっ

P9130060 (480x640)

来たよ来たよ!! いいじゃんいいじゃん!!

P9130067 (480x640)

いけいけ、ガンガンいけぇーっ

P9130072 (640x480)

やっぱ滝があると興奮するよねーっ

P9130074 (480x640)

おいら、シャワーで行きまーすっ

P9130079 (480x640)

おかぁちゃん、この先に凄いのがあるじょ!

P9130084 (480x640)

きゃーっ 絵に描いたようなチョックストーン!!

うまい具合に倒木を利用して真ん中をシャワー!

P9130088 (480x640)

おぅーっ おかぁちゃん、あれだっ 問題のゴルジュッ

思ったより長いね?水流も激しい!

むむっ 10mはあるな?

しばし悩む  これ越えれなかったら戻るの厳しい

巻こうにも両側岩壁

水流の真ん中突破するしかないんです

P9130093 (480x640)

深さはそれほどないから、人間ならなんとか行ける

でもルパンは、頭から水流に突っ込むしかありません

そして、この水圧! ルパンは絶対流されるな

「どうする?ルパン、ここは無理して越えたら後戻りできないよ?

ルパンにとっては、かなり厳しいと思うんだ・・・・。諦めて撤退しようか?」

P9130092 (480x640)

(かぁちゃん、おいらを見くびるな! おいらだって伊達に7年も沢犬やってないじょ!

滝に背中を見せるのは、沢犬の恥だじょ!

それに、ここを突破できたら、後の滝を越える弾みになるんだじょ!)

頑として、戻ろうとしないルパン

「よしっ その覚悟と気合いがあるなら行こう!!

しっかり着いておいで!」

カナリーヌ、ルパンにロープを結び全力でゴルジュに踏み込みます

グヌヌッ  足場が厳しいっ 手がかりの少なく

自分とルパンを支えるホールドがないっ


クッソォーッ 流されてたまるもんかっ

女一匹生き抜くには、情に流されない強さがあるんじゃーっ

グオッーッ  

P9130095 (480x640)


越えました・・・分かりずらいけど画面の上から下までゴルジュ

やったぁーっ  ルパンッ よく溺れなかったなぁ!!

凄い根性だぜ!! 沢犬ルパンッ

P9130098 (480x640)

さて、この滝はどうみても直登無理だなぁ

どーすっかなぁ? もうあのゴルジュ下れないしね

ん?右横の枝沢っぽいの使えないかな?

あそこを登って、適当なところでトラバースして沢に下りれそう

よしっ ルパン行くよ!

最初は登りやすいけど、だんだんツルリといた岩壁

こりゃーっ マズいっ  落ちるーっ

ルパンも必死に爪を立ててるけどズルズルの壁にてこずってます

ルパンを確保して、カナリーヌも頑張るけどこれをこのまま登れる? 

そして、もう滑り落ちたら怪我するレベルまで登ってます

これは、まずいよ・・・どー乗り切る? むむっ  とにかく少しでも樹が生えてるほうに・・・

ソロリソロリとトラバースすると、ん!? 何?何これ!奇跡!?

目の前にぶら下がってる一本のロープ!!

えーっ ここってもしや正規のルートなの!?

目をこらしてロープを確認すると、しっかり留置されてます!!

よしっ 使える!! ルパンっ助かったよ!!

しがみつきながら小尾根に乗ると、後はスムーズに沢床に復帰できました

丁度、滝の落ち口

P9130099 (480x640)

ここを越えたら、後は確かひとつだけ滝があって・・・

あっあれかな? 簾滝

P9130108 (480x640)

ここは、分かりやすい 左の大きな涸れ沢を使って巻きです

・・・ルパン、どう見てもこの滝は手に負えないよ?

調子に乗ってるルパンが、どうしてもシャワークライムを主張しております

なんとか、説得してガレの沢を攀じ登る

このまま真っ直ぐ詰めても藪は薄そうだけど、交差する林道までまだ距離がありそうなので

乗っ越して沢に戻ります

あとは、このまま進んで林道まで15分くらい

P9130110 (480x640)

やったぁ!!無事に林道ですっ

おかぁちゃん、おいら達頑張ったじょ!!

入渓から3時間半!まぁ予定時間内だったね!

P9130113 (480x640)

ご褒美はコレ

P9130116 (480x640)

ここから万計山沼まで30分テクテク

達成感と安堵で足取りも軽い

P9130124 (640x480)

万計山荘は趣があります

P9130119 (640x480)

熱いスープでひと息いれるか・・・

ビーツのスープ

甘すぎていまひとつ

P9130129 (640x480)

達成感に満ちた笑顔

こんな初級の沢でも、ルパンと二人だと冒険沢

P9130127 (640x480)

 整備の行き届いた登山道を歩くのは、安心します

それなりに台風の被害はかなりのものだったんだろうけど

すぐさまこうして修復されてるんですね!

P9130130 (640x480)

でも、この最初の渡渉沢付近はもうどうしようもない

P9130132 (640x480)

駐車場から登山口までは沢のヘツリ状態

P9130134 (640x480)

この秋はヤマリータの新入生を連れて、ここ空沼岳を夏道登山の予定

また美しいヤマリータが入りました❤ お楽しみにね!

さてっと

明後日からは、恒例の東北沢旅に出掛けまーす!!

全て、ぜーんぶ山ちゃんにお任せでーすっ

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1392.html

2016/09/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 【桂岳】
この前の記事 : 【湯の沢】

Comment

コメントを投稿する 記事: 【湯の沢】 ゴルジュった!!

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 【桂岳】
この前の記事 : 【湯の沢】