promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【桂岳】

   ↑  2016/09/19 (月)  カテゴリー: 未分類
カルミン@恒例の『みちのく東北沢旅らっせーらー!』から帰札中です。
今年は、八甲田山の寒水沢、井戸沢。
寒水沢は、手頃な楽しい滝がたくさん。
井戸沢は、次々に変化する渓相と長いゴルジュ、ハングしたチェックストーン滝のシャワークライムにアドレナリン大噴出。
井戸沢からは、藪漕ぎなしで百名山の八甲田大岳へ。
大勢のハイカーの中で、泥だらけの北海道代表?
今年は、東北も紅葉はまだまだですが、
ツルリとした滑床に浮いていた真っ赤な葉っぱが被写体でした。

おっと!失礼しました。
前置きが長過ぎましたね?
さて、真夜中過ぎにヨロヨロフェリーから下り立ったヤマチャンとトシさん。
足元を気遣うえっちゃんに先導され、後ろからは、「しっかり目を覚ましなさい!ったくもぅー!だから呑み過ぎるなって言ったでしょ!!」と急き立てるカルミン。
(あの滝を攀じ登って、キャーッ素敵!って賞賛されたのは、夢だったのかなぁ?)と右に左に首を傾げる山男達。
とりあえず、車内でひと眠りしてから木古内へ。
枕木山荘の先の林道には、アブロイ製の鍵がガッチリ。
でも、30分の林道歩きは頭と体をシャンとするには丁度良い。
林道終点に小さな看板があり、小沢を跨ぐと登山道が始まります。
覚悟していたよりもしっかりした登山道は登り一辺倒で、せっかくシャンとした山男達は、またしてもヨロヨロです。
杖を頼りになんとか鉄塔下まで。
ここで一度登山道は途切れます。
鉄塔足の右上にまた踏み跡が出ますが、
トラバース斜面は直ぐに道が途切れ、つまり2本目の鉄塔を目指せばいいんだけど。
ここまでは、恐らく鉄塔管理道なのかしら?
それにしてもイタタ草に覆われた藪道の酷い事。
おまけに手持ちのナタでは太刀打ち出来ない倒木が次々現れ
「なんだって、ここを夏山ガイドに載せるの!載せればいいってもんじゃないんだわ!」と怒り心頭のカルミン。
急斜面を這い上がりながら、喘ぐメンバーを振り向くと
おぉ!津軽海峡がキラキラ光ってる!
その先に昨夜までお邪魔していた青森半島!
おや?函館山は海に浮かぶ小島みたい!
あら?駒ヶ岳が新鮮な形に見える!
なんと素晴らしいこの景色!
「この最高の展望の山をぜひ皆にも紹介しないとね?夏山ガイド偉い!!流石です!よくぞこの山を紹介してくれました!」
笑顔満開のカルミンと何故だかほっと胸を撫で下ろすメンバー達。
反射板のある手前のポコから先は、笹に覆われ、踏み跡も覚束きませんが、なぁに、尾根伝いに10分も歩けばちんまりした山頂です!
何よりこの展望をご覧になれば、長い林道歩きも、胸付く急登も、ジャングルのような倒木や笹薮漕ぎだって報われます!!
どうか皆さん、どんどん登りましょう!
皆で歩けば道になる!!








(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1393.html

2016/09/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【桂岳】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback