promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【神恵内大森山】

   ↑  2016/12/04 (日)  カテゴリー: 未分類
カルミン@今年の一藪山決定です!
大森山という名前の山は
北海道に三座あるそうです
道南、古平、そしてここ神恵内
まぁ、国道から近いし夏道はないけど距離も短いし。
割とお気軽にY氏(藪漕ぎ歴25年?)のお誘いに乗りました。
何しろ7回登頂したトムラウシより
初ピークなら、100m峰の方が
私にとって価値があります。
ゲートに車を停め、旧国道を少し歩き、丁度道の駅の真上の南尾根を這い上がりました。
頼りない灌木や笹を掴み、まさに這い上がるとそこには、昭和初期の頃らしい
石垣がありました。
地形図では、この尾根が緩やかで登りやすそう。
しかし、足場が悪く勿論笹薮
なんとかヤマチャンの後に従い、
稜線に上がるとヘロヘロ。
昨日、神居山を往復6時間ラッセルした疲れのせいかなぁ?
それとも一昨日、忘年会の余興で
パーフェクトヒューマンをキレッキレで踊った疲れかしら?
頑張ってco450まで、岩斜面を登ったり、腰から肩先位の細い笹薮を漕ぎます。
そこからやや東寄りに進路を取ると
co561mの山頂三角点
よしっもう少しだね!
数メートル下り、コルからの緩い斜面が
物凄かったんです!
直径3cm程の笹!足の置き場もない位の密集藪!
硬くて頑固で意地悪な笹薮!
いえ、もはや笹ではなく竹藪!
悪い事にその笹に細い弦が巻き付き、私達を阻止します。
思い切り腕を使って体が入り込めるまで藪を広げ、なんとか一歩
「うんっんっ」カルミン
ペンもアップルも持ってないのに
声が出る
足元では、ルパンがこれも必死に
竹の隙間に潜り込んでいます!
何時もの笹漕ぎ歌も余裕がなく歌えない!
「もう無理っ」と半ベソをかく間際
なんとか少しだけ開けた山頂へ辿り着きました。
2時間50分、ラスト50分が藪地獄
普段は、記念写真を撮影したら
殆どのんびり休む間もなく下山開始のヤマチャンですが、流石に「少し休むべし!」とそれぞれお握りを頬張りました。
「山の悪口は言わないけど、藪の悪口は言わせて!」カルミン罵詈雑言を浴びせながら、下山の藪に突っ込みましました!
それにしても、ルパンは凄いなぁ
藪犬のお手本だなぁ
藪犬が他にいたら、の話ですけど。
まぁこの山に登った犬は
間違いなくルパンだけでしょう。
いや、人間もあんまり登った人居ないかな?
とりあえず、価値のある一藪山でした。





(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1430.html

2016/12/04 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【神恵内大森山】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback