promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【草笛山】 命の危機!?

   ↑  2017/02/04 (土)  カテゴリー: 山散歩道

生きてるからこそっ  

あんなアホなこともできるんです!

(アホの正体は、ツィートで・・・)

カナリーヌ、ほんとに死ぬとこだったよ・・・

昨日は、何処に行こうかな?ってあちこちググってたら

「ん?草笛山? 何処?あー美笛峠の橋って連なってるところね?」

更に調べてみたら、草笛トンネルから取り付けるみたい

ふむ、地形図を読むと送電線を辿って、稜線上を行けば迷わないし、急なところもなさそう

これならルパンとふたりで頑張れそうだね!

と張り切って草笛トンネルへ!

駐車帯もバッチリ!!

P2030001 (640x360)

送電線の下まで林道もありまーす!

トレースもある!やった!

P2030002 (640x341)

トレースは、前日のかな? でも送電線の下から上は風で消えてました

P2030006 (360x640)

30分で稜線

P2030009 (347x640)

稜線の片側は、恐ろし気な崖ですっ  こんなところに落ちたら死ぬな・・・

ずっと雪庇が付いていたので、崖っ淵までは行けません

P2030013 (640x350)

カナリーヌ、セオリー通りに、雪庇の上に上らないように、トラバース気味に山斜面を登ります

かなり木立や藪が煩いけど・・・。

P2030017 (640x360)

慎重に、稜線を辿り1時間半でピーク?

あれ?北白老岳って書いてある?

P2030021 (640x360)


確かにこのすぐ南には、白老岳があります

そうか・・草笛っていうのは通称なんだね?

でもどっちでもいいの、初ピーク!!

風に追われるように、そそくさ撤収~!

シールは剥がして、硬い斜面をトラバースしながら滑ります

むぅーっ それにしても藪が酷い・・・引っかかるし、斜面は結構斜度もある

アルペンスキーなら、藪や木立の隙間を縫って滑り降りれるけど

テレマークじゃ、自由に滑れないの・・・

あ、ここもしかして雪庇の上?

広い・・・よしっ このまま滑っちゃうか!

と、ストックを突き刺したその瞬間

ズズッと線が入り・・・次の瞬間、カナリーヌの右足から雪が崩れました!

えっ? 落ちた!!いや、まだ落ちてない!

振り向くと、ルパンは安全地帯で止まってます!

「ルパンっ 動くなー!!」

ルパンは、念のためいつもカナリーヌより山側を歩かせてます

良かった!

認識するまで何秒かかったのかな?

てか、今あたし、まさに雪庇の上だよね?

そうだっ 岳ではこうしてた!と、山側に体を思い切り投げだします

木立を掴み、危機一髪

右足ブラーン・・・・

しばらく動かないで、雪庇が落ち切るのを待ちます

よし、ソロリソロリ・・・体を少しずつ木立へ入れ、なんとか態勢を立て直しました。

時間にしたらほんの数分の出来事なんだろうけど・・・・

ルパンを呼びつけ、その体を抱き留めた時、初めて震えました。

そんで、この写真ね

P2030033 (800x450)

途中で雪止まってるけど、この下は数十メートルの崖

もし、山側にストックを付いてたら、カナリーヌごと崩れたんだろうなぁ

谷底に雪崩と共に・・・

運が良くても、怪我は免れない

多分、デブリの下敷き

そうなったら・・・とりあえず、必ず登山届は出してるので

誰かが、カナリーヌが帰ってないことに気が付いて

道警に問い合わせてくれたら、遭難場所は判ります

でも捜索されるのって、早くても明朝

怪我でもして身動き取れなかったら、それまで生きてないよね?

残されたルパンは、どうするんだろう?

考え出すと、恐ろしさに身震いします

・・・帰って、盛大に豆巻きしようっ  鬼を追い払おうっと!




(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1454.html

2017/02/04 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 【西昆布岳】 至福のセッション・・・? 
この前の記事 : 【草笛山】

Comment

コメントを投稿する 記事: 【草笛山】 命の危機!?

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 【西昆布岳】 至福のセッション・・・? 
この前の記事 : 【草笛山】