promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【濃昼岳】 濃い昼のひと時

   ↑  2017/03/09 (木)  カテゴリー: 山散歩道

そろそろ暑寒別や増毛方面の雄々しい峰々を観たいわぁ

なんてワクワクしながら、石狩方面へ

お天気は、どんどん良くなる予報

いいねぇ~ この前の壮士岳からは、生憎群別や浜益岳や暑寒別が雲の中だったから

今日こそ拝めるかしら?

地形図を買いに行った時、なんとなく北海道雪山ガイドの新刊をパラパラしてたら

んん・ 濃昼岳? へぇーっ 登れるんだ!

よしっ 明日はここだーっと即決

地形図は、柏木と安瀬・・あるある! 家にあるもーん

カナリーヌの地形図コレクションはほぼあちこちあるんです!

ヤマレコでログも入れれたし、山ちゃんにも情報を確認しました。

「取り付き尾根が急だから、気を付けるようにね」って

きっと雪モガリガリだろうなぁ

でも林道が長いからスキーを使いたい

なんたって帰りが楽だもん

でも・・ガリガリ斜面をスキーで登り降りするなんて、考えただけで足が竦む

どーしよっかなぁ?

よしっ  林道はスキーを使って、尾根はスノーシューで行こう!

カナリーヌ、今シーズン投入した新アイテム

MSRスノーシューは、超軽量だしmガリガリ斜面にもガッチリ食い込むサイドカッターが頼もしい

そして、スカルパの超軽量ブーツは、柔らかくてフィット感抜群!歩きやすいの!

もちろん、小型ビデオソニーアクションカムもね!

ルパンっ ふたりで頑張ろう!!

国道のグィーンとしたカーブのてっぺんが濃昼林道入口

駐車スペースもバッチリ

あれま標識まであるよ!

P3060002 (360x640)

昨日のかな?  トレースが一本

早速ルパンは、お鼻ガイド

P3060005 (360x640)

よしっ かぁちゃん! こっから行くんだじょ!

P3060009 (640x360)

林道は思った通り、ガリガリのアスファルト状態

ノンラッセル、ルパンも走りやすいね!

P3060019 (360x640)


そろそろタイヤ交換の季節も近い

P3060023 (640x360)

寒くもなく,暑くもないちょうどいい感じのお天気

のんびり林道を1時間

二股の分岐が出てきたら、そこを尾根に突っ切ります

あれれ?こんなところにまで標識!

もしかして有名なの!?

P3060026 (640x360)

トリアエズ、スキーで登れるところまで行ってみる

すぐに急尾根  狭い、急だ、固い!!

P3060030 (360x640)

すかさずここにシーデポ決定!

スノーシューのサイドカッターを思い切り効かせて、ジグを切ります

P3060039 (360x640)

ここ、降りるのもきつそう・・・・スノーシューの下山も怖い位・・・・まぁ午後なら雪も少し柔らかくなるかな?

稜線から 石狩平野バーン!!

P3060042 (640x360)

後に浜益御殿とか天狗とか? なんだかその辺りの山も見えてます!

P3060058 (640x360)

雪庇の張り出した広い尾根を稜線に沿って進みます

P3060071 (640x360)


うーんと? この辺? コンパスの方向にはもう山らしきものないよ?

ん? GPSだとこの辺が山頂?

P3060049 (640x360)

それにしても山頂看板もないのかね? 道中あんなに立派な標識あったのに?

ま、いいか・・おっ? 向うにピョコンと見えてるのって黄金岳?

行ってみようか?

あっ こっちにあったよーっ

P3060059 (360x640)

ちょうどスタートから2時間半

思ったよりあっけなく着きました!

フムッ  これこれっ この景色を観たかったの

P3060062 (640x360)

もう少し待てば、雲もとれそうだからのんびりしようね?

P3060069 (360x640)

やがて、蒼穹の下に広がる増毛連山

ふーむ、カナリーヌのコンデジじゃ限界だなぁ

のりちゃんの本気カメラならこの雄々しい峰々も撮影できるんだろうなぁ

来年は、本気カメラ・・・・・

でもしっかり両の瞼に焼き付け、その存在感に魅せられました。

今年は、この峰々のうちどれかに登れるかな?

P3060080 (350x640)

ルパンとふたりきり 小さな山でも頑張って自分達の力だけで登るのも

濃密な時間です

濃い昼のひと時ってわけ❤

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1470.html

2017/03/09 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【濃昼岳】 濃い昼のひと時

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback