promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【ピリカヌプリ】 vs 【ピリカヤマンバ】

   ↑  2017/03/22 (水)  カテゴリー: 山散歩道

「これであたしも、正真正銘のピリカヤマンバだぁー!!!」



ってか、ピリカヤマンバって何?

いや、だから ピリカヌプリがアイヌ語で美しい山・・・ならそこの頂に立つカナリーヌは、美しい山姥でしょ?

P3190110 28コピー29 (800x600)

連日の快晴で真っ黒に日焼けして、陽射しにやられ目は腫れあがり

疲労で顔もパンパンッ

でも、よーく見て!

瞳はキラキラでしょ?

だって、憧れのピリカヌプリにやっとやっと登れたんです!

7年越しの想い・・・ピリカヌプリ この響き


一番好きなアイヌ語の山名  ピリカヌプリ

実は7年前、この山を目指して、丁度同じ時期にルパンを連れて登りました。

トヨニ岳の南峰の下にテントを張って、翌朝ピリカ目指して歩き出したけど

強風に叩かれてて、低体温症になりかけ、雪洞を掘って避難したの・・・

2017-03-21-05-36-52-461 (800x800) (640x640)

まだ1歳にもならないルパンと、すでに48歳のカナリーヌさん・・・・

ルパンったら、シュラフの中でオネショして大変でした・・・。

そんな想い出のあるトヨニ岳までのルート

P3180003 28コピー29 (640x480)

上二股から東尾根に取り付きます


朝早いので斜面は、ガチガチ  すぐにアイゼン装着

ガッシガッシと登るけど、なかなか稜線に辿りつかない

ほんとーに長いっ  そして重ーい!!

IMGP0454 (640x480)


今回は、寒さ対策にかなり重点を置いて、真新しい軽くて暖かいダウンパーカーを購入

あとは、薄いインナーダウンとダウンベスト、それに最高級のダウンパンツ

もちろんシュラフは、極寒用!マイナス30度まで対応

ホッカイロ5枚、ダウンテントシューズ、等々

これでもかなり不安・・・

ザックも軽い素材の90リッターを新しくしてます!

共同装備は、テントポールと銀マットだけで勘弁してもらっちゃいました

食事は、各自だけどカナリーヌ、お世話をかけるふたりに、特製スープカレーをご馳走します

二泊想定で、アルファ米を4食分  他はスープとコーヒーをタップリ

お酒は飲まないからパス

アイゼン、ピッケルを括り付けると、総量17kg

こんな物ですよね?

P3180019 28コピー29 (640x480)

ゆっくり登って、4時間でやっと主稜線が見えてきた

5時間かけて、トヨニ岳南峰

そこから稜線を辿って、北峰!!

IMGP0471 (640x480)


前回は南峰の下にテントを張ったけど、今回は時間もまだ早いし

お天気も最高なので、なるべくピリカに近づくつもりです

偶然、北さんとケン子ちゃんのパーティーも、ピリカを目指して登攀中

こちらは、野塚トンネルからすぐに尾根に取り付いて、主稜線上をトヨニまで進んでました。

既に北尾根の下の広いコルにテントを設営していました。

「明日お互いピリカ踏もうね!」と声を掛け合い、我らは更に進みます

2時間近く歩いて、ピリカまで2時間のいい場所発見!

山ちゃんが前に目を付けていた場所らしい

あれ? 何人かいるよ・・・でもテントないね?これから張るのかな?

手を振りながら、出迎えてくれたのは、なんと可愛らしい二人の山ガール達!とおじさんひとり

「昨日、南峰の下にテントを張ったけど、寒くて寒くて・・・今日はここまで移動して

雪洞を掘って、その中にテントを張ったんですよ!」

えーっ? 見せてもらうと成程素晴らしい雪洞に大きなテント!

こりゃーいいわっ  真似したいけどそろそろ陽が暮れます

おあつらえ向きの雪壁があるいので、そこを掘って、テントを建てました!

ブロック必要なしっ 北風も防げるし、眺めも最高!
P3190059 28コピー29 (640x480)


明日もお天気は約束されています

安心して寛ごうっ

カナリーヌ、早速スープカレーを熱いお湯で溶き、乾燥トマトやズッキーニ、ナス、

タマネギとポークソーセージにチーズをトッピングしてふるまいました。

これ唯一得意の岳食です・・・。

お腹から温めて、後は靴を抱きかかえ、ヌクヌクシュラフへ潜り込んだら眠りの淵からストーン!!

次に目覚めたら3時でした。

夜明けの風がテントを叩いてる

でもこの風は時期に止みます

ゆっくりとみんなで朝食を食べ終えるころには、風も収まり絶好の登山日和

さぁっ ピリカ目指して行こう!!

P3190068 28コピー29 (800x600)

朝陽も後ろから応援してくれています

IMGP0488 (800x600)




この稜線!!  これを歩きたかった!!

P3190072 28コピー29 (800x600)

いいねぇ!!キレッキレだぁ



P3190081 28コピー29 (800x600)

カナリーヌ最早誰も止められない!

ピリカ目指して付き進みます!

おや? お隣の若者達も出発したね?

さぁ、みんなっ 着いてらっしゃい!

P3190086 28コピー29 (800x600)


さぁ!みんなついて来てーっ



日高の神様っ どうぞ私達を受け入れてください!

P3190075 28コピー29 (800x600)

あら、平気ですっ こんなナイフリッジも全然大丈夫なの!

だって、あたしピリカヤマンバになるんだもん



遠くからだと解らなかったけど、この山頂直下が、物凄く緊張します

ガリガリの壁で、ピッケルも刺さらない位!辛うじてアイゼンの前爪を蹴立てて・・・



あたしついにピリカヌプリのピークに立ちました!!

日高の神様ありがとう!!

付き合ってくれた山男さん達ありがとう!!

IMGP0498 (800x600)




P3190128 28コピー29 (800x600)

出来ることなら、このままここで暮らしたい・・・・この景色に溶け込んで暮らしたい・・・



「かなちゃん、明日は幌天狗に登るべ!朝7時に厚田集合な?」

えっと・・・これから札幌に帰って21時半、後かたずけしてお風呂に入ってー

6時には家を出るからーっ


こーしちゃおれん! さっ下りよう!!

それに、ここにはルパがいないもんね!ルパンが待ってる!下りよう下りよう!!

P3190157 28コピー2928129 (800x600)

さて、これで日高山脈主稜線の山

残すところ ソエマツ岳、中岳、ルベツネの三座となりました。

どれも難関過ぎます・・・。

主稜線を一本でつなぐのは到底無理だけど、せめていつの日か全てのピークに立ちたい

どれも奥深く、悪いことに林道の崩壊で更に困難になりました。

だけど、願っていれば、そして体力と気力を保っていれば、目標は達成できる!

そう信じて、夕闇に暮れかける日高山脈を背にしました。

温泉にも入らず、ルパン目指して札幌へ!!

ただいまーっ

















(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1475.html

2017/03/22 | Comment (9) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2017/04/02 (日) 08:30 No.3449


山女じゃなく山姥だよー!

ヒェーッ
褒められちゃった❣
何時も「逞しい」とか「勇ましい」とか「頼りがいがある」
せいぜい「体は若い」なんて言われて喜んでたけど
「美しい」なんて!!嬉しいもんですねぇ
今回の山で、染みが10個ほど増えましたが
勲章にしときまーす!

カナリーヌ |  2017/03/31 (金) 07:35 No.3445


山女美しい笑顔がいい・・・

24 |  2017/03/31 (金) 07:26 [ 編集 ] No.3444


GAKU様!

はい!!もはや、今季の一名山かな?でも山ちゃんは、まだまだ!と言ってるので、今年もたくさん素晴らしい山を登りたいと思います!!
残る3座もなんとか登りたいけど、アプローチが林道崩壊で難しいですよね?
今度こそGAKUさんともご一緒できます様に!

カナリーヌ |  2017/03/24 (金) 08:14 No.3441


貴さん!

道中、「これを貴さん、日帰りで行ったなんて凄すぎるー!」
って言い合ってました!本当に長い、狭い!!風がなかったから怖さは感じませんでしたが、あれで風が吹いてたたらとても、歩けなかったです!雪はまだまだ豊富でしたよ!私も来月はのりちゃんと野塚トンネルからすぐの尾根を使って、トヨニまで行けたらと思ってます!

カナリーヌ |  2017/03/24 (金) 08:11 No.3440


おめでとうございます

憧れのピリカヌプリを素晴らしい写真とビデオでしっかり見せて頂きました。カルミンさんの感動が伝わってきました。
ありがとうございました。

GAKU |  2017/03/23 (木) 23:17 [ 編集 ] No.3439


祝!ピリカヌプリ登頂

ご無沙汰してます。
ピリカヌプリ登頂、おめでとうございます。
7年越しで装備も一新し、満を持しての再挑戦。
天候も味方してくれたようです。

私が登頂した2年前のG.Wは既に雪が消え始め、ナイフリッジの恐怖は無かったですが、山肌が露出した山容に
美しさはありませんでしたが、今回は真っ白でまさに神々しいピリカを堪能できたのはないでしょうか。

実は、知人からピリカヌプリの同行をお願いされており、
来月2度目の再訪の予定がありますが、それまで、きれいな姿を保っていてくれているか??


アウトドアズマン貴 |  2017/03/23 (木) 21:59 No.3438


S様!

ありがとうございます!
お噂はかねがね伺っています!
この五年間、私の山行の半分は山ちゃんに連れて行って頂いてます。
何時かお会い出来ますよね!!楽しみにしています。

カナリーヌ |  2017/03/23 (木) 20:27 No.3437


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2017/03/23 (木) 19:58 No.3436

コメントを投稿する 記事: 【ピリカヌプリ】 vs 【ピリカヤマンバ】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback