promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【古平丸山・擂鉢山】【幌内山】

   ↑  2017/04/11 (火)  カテゴリー: 未分類
カルミン@数年ぶりに酷い風邪ひきました、おまけに花粉症とダブルで襲撃され、その辛さに湯たんぽ抱えて、夜中独りで泣きました。

それでも、仕事は休みたくない!
頑張って働き、週末はすっかり回復。
晴ればれと、お山に行きました。
山ちゃんが、古平丸山って言うので
てっきり古平温泉の上の丸山かと思ったら、当丸峠の向かいに600mの丸山があるんですね?
古平牧場を横断する林道があり
皆でのどかにスキー遠足気分
何故、あの広い牧場を一列に縦並びで進むのかなぁ?
この時期ですから、ラッセルがある訳も無く白線もないのになぁ
お行儀の良い我がパーティー
思いがけず遠かった山頂でも
キチンと横並びでカメラに収まります。
山頂は小さな木立が煩くて
展望はなく、結局牧場から観た
ドッシリと横たわる積丹山地が貫録いっぱい。
今シーズンの目標
余別岳とポンチアンネシが気になるところ!
やけに山ちゃんが急いで滑り降りたと思ったら、ニンマリしながら
「もうひと山行くべ?」
多分、嬉々として賛成したのは
カルミン1人
でも、お行儀良い上に心優しいメンバー達。
山ちゃんやカルミンの初ピークにかける情熱にお付き合いしてくれます。
林道は泥と抜かり雪で酷い状態。
後ろでため息が聴こえるけど、カルミンお構いなし!
途中で、スキーを放り出し、心優しきメンバーも放り出し
ズブズブの林道をノッシノッシと進みます。
1時間ピッタリで、平らな山頂
古平擂鉢山の可愛らしい看板に
メンバーもニコニコ
のりちゃんが「変な山には興味なかったけど、山ちゃんやかなさんの嬉しそうな顔見たら、良かったです!」
何時もありがとね?
ちなみに彼女、何時もヘンテコ山ばかり付き合わされ、なかなかメジャーな山に登れません。

本日は、天気が崩れない内に
浜益の幌内山へ
浜益温泉を過ぎて、釣り堀の看板から脇道へ
廃業した釣り堀やら農家やら
なんとなくうらぶれた気配の林道
車が入れる場所まで慎重に進みます。
スノーシューと6本爪軽アイゼンを持ち
とりあえずツボ足でスタート。
残雪の硬く締まった道を1キロ進むと
傾いたゲートがありました。
ラッキーにもトレースがあり
しっかり踏み固まっていたので
歩き易く助かります。
40分歩くと、橋を渡ったところで川が二股になり、そのまま尾根へ
狭いけど、トレースに助けられ
サクサク稜線に出ました。
直ぐに浜益の名だたる峰々が姿を現します!
青空に白い切り絵の様なくっきりとした稜線が勇ましい。
ですが、すっごい強風!!
大袈裟ではなく、呆気無く谷底へ吹っ飛ばされそう!
最後は雪庇の張り出した山頂まで
ルパンと並んで這いつくばって
尾根の取り付きから1時間20分でなんとか登頂!
雪庇に気を付けて、風にも吹き飛ばされぬよう。
だけど切り絵をバックに写真に収まりたい!
風に倒されるカメラと格闘し、なんとかセルフィー撮れました。
そそくさとズブズブに緩んだ尾根を下り、林道に着いてやっとひと息。
結局、背中のスノーシューもアイゼンも出番なし。
さて、今シーズン中に残り一座の知来山登れるかな?




(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1482.html

2017/04/11 | Comment (3) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 白い切り絵
この前の記事 : 【古平丸山】 【古平摺鉢山】 

Comment


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  2017/04/12 (水) 19:51 No.3458


凄かったー!

えー!!標高650mでさえ、文字通り四つん這いでしたよ!耐風姿勢でも谷へ谷へ押されてマジ怖かった!
あの中を群別岳とは!!
生きてて良かったです!
私も残り一座、知来山手強そう〜!

カナリーヌ |  2017/04/12 (水) 18:55 No.3457


近くにいたのね(^^)

風邪治ったようだね。
昨日は幌内山でしたか❗
同じ日、振替休日の自分は浜益10峰最後の頂き、奥徳富狙いで登ってましたが、
取りつき尾根は、雪崩あとと上部にクラックありで、無理しないで撤退。
せっかくここまで来たのが勿体ないということで、三度目の郡別に切り替え、登りました。
標高あげるにつれ強風が。
岩峰手前から、物凄い突風。
山頂手前のコルまで来ても、突風は治まらず、立って歩くこともできないほどの猛烈な強風。クラストした氷まで、宙にを舞う突風。あと僅かで山頂だが、転げ落ちて滑落はしゃれにならないので、郡別も撤退。
なんともしゃれにならない山行だった。
奥徳富、またも宿題となりましたとさ(^^)
あとでわかったことだけど、道内で一番の強風だったとか(^^)
強風の山、お疲れさまでした。

宮王 |  2017/04/12 (水) 18:02 [ 編集 ] No.3456

コメントを投稿する 記事: 【古平丸山・擂鉢山】【幌内山】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 白い切り絵
この前の記事 : 【古平丸山】 【古平摺鉢山】