promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【浜益岳】

   ↑  2017/05/04 (木)  カテゴリー: 未分類
カルミン@GWこそ働きます!

本日は、丁度仕事が休みになり
さて、お花探しに夏山か、それとも・・・いやっ悩む余地なし
夏日ですもの!ルパンの避暑に雪山に行かなきゃ
と言うわけで、最近通い詰めてる
浜益方面へ。
のりちゃん未踏の浜益御殿は、渡渉もないし、スノーシューなら女子二人でも安全そうです。
かなり上まで車は進み、丁度いい駐車帯には既に6台の先行車。
林道脇にも数台停めてあり
大人数が登っている様子。
「今日はカップラーメンを持って来たんです!のんびり山頂ランチ出来ますね!」
我らはゆるりと浜益御殿までです。
暫くはツボ足で雪の林道をトコトコ歩き。
大阪山を巻いて、林道が下りになった所からスノーシューを付け広い緩やかな尾根へ。
トレースもピンクテープもしっかりあり、のんびりムード満点!
「あら!こんな山の中にも鯉のぼり!」
季節柄?なんと気の利く・・・?
違った、スノーモービル立入禁止の派手な旗が風にたなびいてるのでした。
足元は所々笹薮が出ていて、スキーには難儀かも。
トレースは、スキーとスノーシューが半々です。
稜線に出ると、先日登った中ノ沢岳越しに大きな西暑寒別岳から暑寒別岳!
そして右手に幌天狗!
前方にどっしり構えているのは雄冬山です。
振り向くと真っ青な日本海
「ウフフッ下山も写真を撮りながらのんびり下りましょう!私、本気カメラ持って来たんですー!」
ますます嬉しげなのりちゃん。
スノーシューに良く合うほど良い硬さの雪面!テンポよく登り、あっという間に浜益御殿
時計を見るとまだ9時半
2時間少ししか歩いてません。
後ろから諦め顔で登頂して来たのりちゃん。
「分かってます・・・途中から急にスピード上がりましたもん。浜益岳かあの雄冬岳まで登るつもりなんですね?」
アハハッ流石よく分かってる!だって、この天気、このコンディション、浜益御殿だけじゃ勿体ない!
一気にコルへ下り、どちらにするか暫し悩みます。
浜益岳までなら、1時間半とみた!
カルミンかなり昔にどちらも踏破してますが、
ガスの中で展望の記憶がありません。
それにしてもなんと大勢の登山者でしょう!
既に下山してくる人もいます。
と、「先日ピリカヌプリでお会いしました!」と言う可愛らしい山ガール!
なんと!あの稜線で出会ったパーティのひとりです!
感激の再会に更にテンションが上がり、
カルミンのテンポは最早鯉のぼり並!
強風の中、浜益御殿から1時間15分で浜益岳ピークへ!
群別岳が、猛々しく聳えています。
何時までも眺めていたい大展望ですが、
風に飛ばされそうになるので
そそくさ下山。
尻滑りを駆使して浜益御殿まで戻ると
「ルパンくん!」
あっ今度はHYMLのお仲間さんです!
こちらのパーティは、雄冬岳に登ったそう。
やっぱり御冬も登りたいけど、来週まで雪があるかなぁ?
稜線に出るまでは、ほぼ藪漕ぎかも知れません。
「浜益岳まで登ったら、浜益御殿は単なる通過点ですね!」
のりちゃんが満足気にニッコリしました。
さぁ、浜益岳、御冬山狙いの皆さん!
お急ぎ下さい!来週はかなり難儀しそうですよー!!







(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1490.html

2017/05/04 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 【浜益岳】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback