promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


no title

   ↑  2017/05/09 (火)  カテゴリー: 未分類
カルミン@しぶとく残雪期の初ピーク狙ってます。

阿女鱒岳と言っても、何処にあるのか
分からない方が、たくさんいるでしょう。
下界から、その姿は見れるなかなぁ?
赤井川のキロロの近く
余市岳の西の辺りになるのかな?
地形図を見ると、東には
通称イレブンセブンというらしいP1107mがあります。
「阿女鱒岳」字数の多い
難しそうな名前が気になっていました。
記録はそうたくさんありません
例によって、ヤマチャンの「ゆっくり歩き・・」
後は、マリッカさんのヤマレコを参照にさせてもらいました。
落合ダム分岐を過ぎて直ぐの落合橋を渡り、橋の袂で山側に林道があります。
うーむ、林道には見える範囲には全く雪がありません。
私は、運転が下手くそで林道を走るのが怖い。
橋の袂に数台停めれる駐車帯があったので
Jeepをデポしてタラタラ歩きました。
でも、思ったよりしっかりした林道は
普通車でも2キロ以上走れそうです。
雪があれば、標高500m位から
広く緩やかな尾根を進むようです。
しかし、この暑さで雪は本当に全然なく
(流石に時期が遅すぎたなぁ)と
諦め半分でそのまま林道を歩きます。
それでも標高550mを過ぎると
やっと林道が雪で覆われ
更にT字路からは、所々笹薮が出てますが、尾根も雪が問題なく残っていました!
やったぁ!ここまで林道を1時間
地形図を読みながらT字路を真っ直ぐ突っ切って、尾根に取り付くことにしました。
まずは、△886m椴山を目掛けて緩やかな斜面を登ります。
ここまで来たらひと安心!
雪もしっかり締まり、背負って来た
アイゼンもスノーシューも出番なし。
林道を離れてから、1時間で小さな山頂。
後は「阿女鱒岳」まで稜線伝いに
ポコを2つ程超えれば着きそうです。
左手にまだ白い余市岳がドッシリ構えています。
右手には、積丹連山!
そして、真正面には、ご存知羊蹄山。
連なるニセコ連峰もまだ白く見えます。
景色を楽しんでいると、いつの間にか
1時間はあっという間
落合橋から3時間丁度で
「阿女鱒岳」に着いてました!
遮るの物のない素敵な大展望
期待してなかっただけに感激です。
余市岳ヨーシ!羊蹄山ヨーシ!
アンヌプリ!積丹岳ヨーシ!
山座同定をしたらそそくさと下山開始。
この時期の雪山は
トレースが直ぐに溶けてなくなります。
一応GPSは使うけど
案の定、薮混じりの取り付き尾根は
全く足跡は見つけれません。
こんな時は、ルパンが頼りです。
「帰ろう!」と声を掛けると
一目散に走り出します。
途中立ち止まっては、私を確認し
また走り出す。
臭いを嗅いでる風でもないのですが
迷う事なく林道まで駆け下りました。
着いてからGPSを開くと
寸分違わず軌跡通りに下りています。
犬の帰巣本能は凄いものです。
見習うべき人、大勢います。
おっと自分の事でした!
明日は、何処をほっつき歩こうかしら?

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1493.html

2017/05/09 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 【阿女鱒岳】 ルパンが凄いっ
この前の記事 : 後日談

Comment

コメントを投稿する 記事: no title

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 【阿女鱒岳】 ルパンが凄いっ
この前の記事 : 後日談