promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【芦別岳新道から旧道】【定山渓天狗岳】

   ↑  2017/06/20 (火)  カテゴリー: 未分類
カルミン@ランニングのフォーム改造中です。
登山人生20数年
過去1度だけ、熱中症の危機に瀕しました。
一昨年の今頃
宿題だった芦別岳旧道を歩こうと
勇んで出発したものの、稜線の上で
自分はもちろん、フカフカの毛皮をまとったルパンと共に、あまりの暑さに
本当に命の危機を感じながら
なんとか歩ききりました。
その日は富良野34度の猛暑だと知ったのは、下山後でした。

さて、一昨日の日曜も気温27度の予報。
急遽、朝の涼しい内に山頂稜線まで
高度を稼ぐ作戦に変更。
5時に新道をスタートしました。
何時もなら2時間半で駆け上がる新道、
しかし今回はここはあくまで
ウォーミングアップです。
オーバーヒートしないように
ゆっくりゆっくり3時間半かけて
山頂へ
夕張岳がキリッと屹立しています。
さて、本番はここから!
長い長い細い稜線が、夫婦岩方面へ延びています。
そして、本日のメイン
山頂岩峰の旧道側を覗き込むと
いましたいました!!
ツクモ草!
ほんのり黄緑色の羽毛みたいな蕾がなんとも可愛らしい。
岩峰から雪がまだ少し残る本谷を過ぎて暫くの道沿いに
コロリンコロリンと咲いています。
ツクモ草は、北海道でも確認されているのは、数山だけとの事。
不思議な事に新道側には、全く咲いていません。
足元のツクモ草と稜線の左右に広がる
切り立った尾根と岩峰に見惚れながら
のんびりゆっくりキレットを通過。
すると旧道側から、手を振りながらこちらへ向かって来るふたり連れ?
なんと!こざるちゃんご夫妻ではないですか!!
こざるちゃん、すっかり素適な奥さま!
そしてお優しそうなご主人!
幸せそうなふたりを振り返り
結婚っていいものなのねと
なんだか羨ましくなりました。
ちょっぴりため息をつきながら
振り返ると、芦別岳本峰が
尖っています!
尖り人生を歩んで来た私には
なんとなく親近感が湧きます。
ここから観る芦別岳のなんと男前な事!
前回は、熱中症の危機でゆっくり眺めることも出来ませんでしたが、
今回はまだまだお昼にも間があります。
なぁに、暗くなる前までに下山出来たらいいのです。
眼下に恐竜の背中みたいな崕山!
23年前、規制が入る前に登っておいて良かったなぁ!
アルペンチックな稜線が素敵です。
稜線から尾根へは雪渓が少し残っていたので、何度も登り返して尻滑りをしたり、小沢でネギを採ったり
沢でルパンを遊ばせながら
のんびりゆっくり6時間半かけて
下山しました。
登山道はところどころ笹も刈られていて、夫婦岩分岐まではなんの問題もありません。
夫婦岩から下の沢筋もしっかりマーキングされており、気を付けていたら迷うところもないでしょう。
ただ、何度も沢を渡渉するので
しっかり防水機能のある靴がお勧めです。
1番の難所と言われる丸太橋は
この時期は丸太を渉らなくても
飛び石で渡れました。
高巻きも数カ所崩れてはいますが
気を付ければ問題ありません。
全行程10時間半は長いけど
今回は心から楽しめました。
この際、このコースは毎年の恒例にしたいと思います!
体力自慢の同行者多数募集します!

翌日は、ヤマチャン&北さんにお付き合いして貰い定山渓天狗岳へ。
お花があれこれ見頃で、大好きなあずま菊に逢って来ました。
他にもたくさんのお花が迎えてくれました。
夫は居ないけど、犬と山仲間達とお花が
いるから、寂しくないぞー!!
(ないぞー、ないぞー!)←木霊




(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1506.html

2017/06/20 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2017/06/22 (木) 06:04 No.3473

コメントを投稿する 記事: 【芦別岳新道から旧道】【定山渓天狗岳】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback