promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【ソウベツ川】の現在 ・・・・

   ↑  2017/09/02 (土)  カテゴリー: 川散歩
そろそろ海にもクラゲが漂う季節・・・・


カナリーヌ&ルパンは、久しぶりにのんびり沢歩きをすることにしました。

オバサン&イヌの歩ける沢を探してみます。

カナリーヌ・・・正直苦手な部類の人種である彼の本・・・全巻持っております

そして、実は超読み込んでおります   付箋だらけであります

その中で、前から気になっていたソウベツ川

ふーん、滝の入口まで道が付いてて、滝の上から入渓すればいいのね?

帰りは、少し斜面を上がると林道か・・・

ここなら、単独でもなんとかなりそうじゃない?

大きな滝には巻き道もあるって?

とりあえず、山レコと地形図も用意して・・・と前夜に支度をしていたら

山ちゃんから、ライン

やった!山ちゃんも休み取ったんだって!

そんなら、付き合ってもらおうっと! 山ちゃんも久しぶりのソウベツ川

まずは、洞爺湖から早月林道へ  ゲート前に車を停めてブラブラ30分程歩きます

ルパンは、久しぶりに会った山ちゃんにベッタリ

あれ? 確かこの辺から山道があったんだけどなぁ?

藪を掻き分けて見つけた看板

P8280002 (640x360)

そして、滝までの小道??? ないからっ

ほとんど籔の中の獣道だからっ

P8280003 (360x640)


なんとか見当を付けて滝へ・・・・

P8280011 (360x640)


(考えてみたら、あの本が出版されたのは、もう数年前だもんね?あの頃は、そりゃここも人気だったんだろうさ)

今は見捨てられ、訪れる人もいない寂しい滝がバシャバシャと泣いております・・・。




件の本では滝を越えたところから入渓だけど

これ、登れるよね?とシャワーで山ちゃんが登り、ロープを出してくれました。

まずは、ルパンを引っ張り上げてもらう



この滝を登らないと、楽しくないんじゃないかな?

P8280014 (640x360)

後は、大きな鎌と段差程度の滝

P8280017 (640x360)

ルパンのヘツリの妙技を観よ!

P8280022 (640x360)

誰もドボンすることなく、釜を越えて行きます

P8280024 (640x360)

ふむ!ちょっと楽しい~!!

沢の趣もいい感じ

P8280029 (360x640)



いいねぇ、こーでなくっちゃ!!

さすがいい沢紹介するねぇ~



おぅ!!  いきなり迫力の大滝!!




飛沫に虹!!

なんたってルパンが大喜びです

P8280039 (450x800)



いいねいいね!!

またまたド迫力の滝ですっ

P8280056 (450x800)



いやいや、ここを登るのはオバサン&イヌには無理



ここで、皆さんは右手の斜面から林道へ出てるみたいです

えーっ? ここで終わり? なんだか物足りなくない?



ブツブツ文句を言うカナリーヌに  「いやいや、なかなか変化もあるしいい沢だよ!」と山ちゃんが苦笑しています

「確かここに目印のホースが垂れてたんだけどなぁ?」と急な草壁に取り付きます

グヌーッ  なんだよぅ こんな酷い斜面を登るのー?

話が違う〜!

また怒り出すカナリーヌ

何しろ泥と草でズルズル・・・やっとザイルの残骸発見

そして、なんとか林道跡へでたもののここも半分籔です

いやはや、全くイメージと違う。

いやでも、勝手に情報を鵜呑みにしたカナリーヌが、アホ

ガイド本もヤマレコも

あくまで参考に留めるべしっ

鵜呑みにしたら、泣くのは自分!

他人任せのしっぺ返し!



そして、沢の面白さ、美しさ、難しさは本当に個人の感想だもんね

感激屋さんの情報は、それなりにね?

ま、「話を10倍に盛る」ことで定評のあるカナリーヌが忠告しても、あてにしないでくださいね?

でも、まぁいい沢です!

確かに言えることは、カナリーヌだけじゃ

魚留ノ滝までも辿りつけなかったのが事実ってことです!



(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1526.html

2017/09/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 【白水沢】
この前の記事 : 【丹鳴沢】

Comment

コメントを投稿する 記事: 【ソウベツ川】の現在 ・・・・

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 【白水沢】
この前の記事 : 【丹鳴沢】