promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


そろそろ熊について話そう・・

   ↑  2011/08/19 (金)  カテゴリー: 未分類
ってか、
見てこの熊っころ達!
IMGP2481.jpg

ベアマウンテンとは、サホロスキー場を利用したいわゆる
熊サファリパークですね

頑丈なゲートで囲まれた山の中に熊を10数頭(飼って)います

201108071.jpg

ゲストはお金を払い、バスに乗り30分ほどかけてその山の中を走るバスの窓から
あちこちで寛いでいる熊を観る仕組み

201108072.jpg

熊たちはバスなんか見慣れているからまったく気にする素振りない

201108074.jpg

川の中で涼んだり・・・

201108073.jpg

のんびりお散歩したりしています

IMGP2485.jpg

そして、こちらはそうー旭山動物園の白熊館に似た施設

201108075.jpg

ここでも、熊たちはこんな感じ・・・


201108076.jpg

こんなの・・ありえない、人間の前ではありえない熊の姿なんですね

だってもちろん人間とこんなに近くに存在するなんてまずないでしょ?
それもこんな無防備な姿をさらけ出すなんてね

それもそのはず、ここの熊達は、登別の熊牧場から、移転してきたんですって。
そう、あの熊せんべい欲しさに両足で立ち上がり手を合わせてお願いする熊牧場

ここでは、なるべく野生に近い形で・・・という理由でおねだりは禁止
バスの通る時間に合わせて、車からおやつを投げていました。

もちろん餌もきちんと与えているので、まぁ見かけは野生っぽいけど、
全くの飼い熊。ペットとしての熊の生態という理由です

観光客はこんなペット熊を見て「きゃー熊ちゃん可愛い~!!」と騒ぐんです・・・
山の中で熊に会ったとき、「クマちゃーん」なんて追いかけなければいいのですが・・。

おりしも、今朝カナリーヌの職場では、昨夜放送されたらしい「羆嵐」の恐ろしい熊の話題で持ちきりでした。
自然、山登りばかりしているカナリーヌに視線が集まります
「ねぇねぇ、カナリーヌは熊に遭ったりしないの?」
「ん~10回位は遭ったかな?」
「ヒャーッ怖ーい!!」


だからー!
熊ってだけでそんな化物みたいに・・・・
熊だって、おんなじ生き物なんだからっ
野生動物なんだから、むやみやたらと怖がるのも、逢いたがるのも変じゃない?
もちろん、間違えてお互いに恐怖を感じる会い方をしたら
熊だってパニック起こすし、私たちもギャーッとなる

カナリーヌが思うに、野生動物と共存する唯一の方法は
「遭遇しないこと」 に尽きるんじゃないかな?

それでも、カナリーヌの様にしょっちゅう熊の存在するエリアに行くと遭遇してしまうけど
その場合は、慌てない、騒がない、無視する、速やかにお互い距離を置く
後は・・・運です!熊の性格と遭遇した状況によります!

なーんて、とにかく熊が大好きってだけで、
全然熊の正しい生態を知らないカナリーヌが偉そうに言うだけなんですから
良い子は真似しないようにね!



(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-508.html

2011/08/19 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 海くん 三回忌
この前の記事 : ワッセ仲間大募集中~

Comment


熱い血潮が!

あのね onちゃんと私には同じ熱い血潮が流れているんだよ! 私は別に自然保護がどーとかこーとかあんまり興味ないけど、北海道の熊 特に1839で遭った 「又吉」の平和と北極の白熊 そしてキリマンジャロの雪豹の未来を考えたらいてもたってもいられないの
「こうしちゃいられないっ」と足踏みしちゃうんだよ
今度 仲間を募ってシンポジウムしなきゃなぁ

カナリーヌ |  2011/08/20 (土) 13:27 No.623


カナリーヌさん!!!!

どうして…
そうしてそんなに共感できる記事を書くのーーーーーーー!!
私も熊がとっても好き。
熊怖くない?
とか
気をつけてね
とかよく言われるけど、熊が怖いんじゃないんだよ。
熊は当たり前に生活しているだけ。
私が熊の生活圏に侵入しているんだから、
バッタリ会わないように気をつけるのは当たり前だし、
会ったから即危険なわけでもないし。
もう、これは語りだすとすごく熱くなっちゃうんだけども。
あれだけ大型の動物が、
今もこの現代社会に生息しているこの奇跡。
何よりも熊が思慮深く、むやみやたらと人を襲わない動物だからこそ、と思っています。
その気になったらやっちゃえるでしょう。
でも人を恐れてくれる。
熊も人もお互いに畏敬の念を持ち、
一定の距離を保っていれば必要以上に排除することも、恐れることもないと、私は考えているんだけど。
熊牧場や、ベアマウンテンのようなペット化した熊と、
自然の中に生きる熊を違うって、ちゃんと観光客なんかはわかってくれてるかな…と心配です。
たとえば羅臼なんかの熊ウォッチャグみたいなやつ。
あれを檻の中の管理された環境の熊と同じように、
カワイイ~♪なんつって騒いでるんじゃなかろうか…みたいなね。
いやーこれはほんとね、私熱くなっちゃうネタですよ。

on... |  2011/08/20 (土) 12:56 [ 編集 ] No.621

コメントを投稿する 記事: そろそろ熊について話そう・・

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 海くん 三回忌
この前の記事 : ワッセ仲間大募集中~