promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【泥ノ木山】

   ↑  2013/05/12 (日)  カテゴリー: 山散歩道

この時期ってほんとーに悩む・・・

登りたい山と山菜のことで頭がいっぱいの脳天気女 カナリーヌ・・・

今週は、どうやらお天気が今ひとつなので、「みんなで山菜探索に行こう」

とイソイソ先日買った超大型山菜ザックを車に詰め込もうとしていたら

(天候回復っ 山に行きます!)と朝の5時に山ちゃんから司令発信!

もちろん、北さんも私も異論なしっ  やっぱり山だよねー!!

慌てて山菜ザックを山ザックに変え、山菜ウェアーも山ウェアーへチェンジ

向かった先は、当丸峠

2013051201.jpg

意外なことに、山ちゃん、北さんは【両古美山】も【泥ノ木山】も未踏

カナリーヌも前から泥ノ木山に興味があったの!

2013051202.jpg

当丸トンネルの上を乗っ越し、向かいに見える端正な稜線を目指します。

この辺りも例年よりかなり雪が多く、スキーでも充分な感じ

当丸山と当丸峠を走る国道を背にドンドン登ります

2013051203.jpg


1時間程で【両古美山】

2013051204.jpg

おっと、この看板、カナリーヌがかち割ったわけじゃありませんからっ

登山道はこの先、【無沢1】まで続いていますが、

今日は、90度右へ曲がり【泥ノ木山】へ向かって雪原を行きましょう

2013051205.jpg

この当丸峠を囲む尾根は、雪崩の巣

あちらこちらに恐ろしいクレパスが口を開いています

2013051206.jpg

左のなだらかな起伏のある尾根を通り、右の裾が見えているのが泥ノ木山

けっこうな急斜面を這い上がるのかな?

この辺りは、幹が太く真っ直ぐで、若々しい木肌の白樺が目立ちます

2013051210.jpg

カナリーヌ、ここでも若々しい木肌の白樺に嫉妬・・・

「いいなぁ~ 真っ白で!」

山ちゃんも「なんだか。山の貴婦人みたいな優美な姿だなぁ」と見惚れています

むむっ カナリーヌ益々嫉妬

「あーあー、あたしなんて、老木だもの・・・でもね、古い樺皮はいい焚付になるんだよ!

最後は役に立つわ!」

「そうだそうだ! それに白樺の老木には樺のあな茸もできるぞ!」

そーですね!慰めありがとう・・・(泣)

自棄のやんぱちカナリーヌ 泥ノ木山の急斜面を頬を噛み締めグイグイ登ります

2013051209.jpg


トンネル出発から約2時間半で山頂

いいねーこのピンクテープが密やかに結ばれた山頂・・・

2013051207.jpg

あの紫色の看板はありません

そうそう、カナリーヌ先日、一方的な怒りにまかせて 紫看板の作者「峰風さん」を批判しましたが

どうやら、彼は全くの善意で(少々ひとりよがりではあるものの)あの看板をあちこちに掲げて歩いていたらしい

そして、痛烈な批判がご自分の耳に入ってからは、自ら看板を撤去しているらしいです。

(詳しくは、稚拙ブログ【毒矢峰】の記事にsakagさんからいただいたコメントを参照してね)

色々な意見も考えもあるものです。

2013051208.jpg

とりあえず、私はこのピンクテープがひらめく山頂が好きだなぁ


おいらは、雪玉キャッチが好きだなぁ

2013051211.jpg







(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-879.html

2013/05/12 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


Sakag様

あははーっ Sakagさんも滑りましたか!!
実は、私達も山頂からコルまでお尻ずぶ濡れでキャーキャー
楽しみました!!
下から見上げるともの凄い急斜面ですよね?
登ってる時は緩やかに感じ、あれれ?
で、下山しようとしたらまともに下りれず、否が応でも尻滑りになっちゃうんですよねー!!

峰風さんの件、私のHY入会前のお話なので、坂口さんがお会いしたことしりませんでした。
本当に悪気のない方、愛すべきピュアーな方なんですね!
実は、若者にあの看板のファンがいるのも事実です。
今後は、もう少し暖かい目で看板をみることにしますね!

カナリーヌ |  2013/05/13 (月) 19:56 No.1958


私も昨春に・・・

泥ノ木山、私も昨春4月に登りました。今回より雪がまだ多かったです。頂上付近からコル付近までの尻滑りが印象に残っています。その跡の写真もあります。
http://sakag.web.fc2.com/doronoki.htm

峰風さんの標識の件、私も滝を登り藪を漕いで登った北大雪の屏風山で見たときには愕然としたものでした。それまでは「あっ、ここにもある」くらいの気持ちでしたが、そのこともあって本人に物議を醸していることを伝えたものでした。しかし、本人の人間性に触れて、今は少し好意的に受け止めています・・・というより少し可哀想なことをしたかな?と胸を痛めています。

函館、サクラ7分咲きくらいになり、春爛漫の季節です。昨日のブログ(癌春日記)にアップしてあります。
そうそう、コンブさんのブログで、屋久島まで送られたギョウジャニンニクの記事よみましたよ
今日、これから採りに行こうかな?

sakag |  2013/05/13 (月) 05:44 [ 編集 ] No.1954

コメントを投稿する 記事: 【泥ノ木山】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback