promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【それぞれのトムラウシ山】物語

   ↑  2013/08/18 (日)  カテゴリー: 川散歩
【それぞれの・・・】なんか、夏の青春物語っぽいでしょ?
いや、単におっさんとおばさんが、この有名な【トムラウシ山】と同名のトムラウシ山に登ってみた

とゆうお話です。

北海道には、けっこう同名のお山があって

新得町の有名なトムラウシ、芽室町の伏美岳のお向かいのトムラウシ

そして、札内ダムの手前の「富良牛山(トムラウシと呼ぶ)」があるのです!

ちなみに【トムラウシ】の意味

アイヌ語で、「花の多いところ」を意味するとも「水垢の多いところ」ともいわれるそうです

100名山のトムラウシが花の多いところなら、芽室のトムラウシは間違いなく水垢の多いところでしょう!

まず芽室町トムラウシ、入渓ポイントはピパイロ川つまり伏美ダムを左の通常伏美岳への登山口へ続く

林道ではなく、そのまままっすぐに進みます

思いがけず整備された林道が奥に延びています

適当な場所からピパイロ川へ・・・

2013081722.jpg

このところの雨でやや増水気味の本流

2013081703.jpg

少し遡行すると間もなく左からピークに突き上げる支流沢

2013081704.jpg

せいぜい2m程度の幅の籔沢、花ない、滝なし、釜なし、滑床なんてない

藪蚊だけは豊富・・・

ゲンナリするメンバーの目の前に小さなな滝が申しわけなさそうに現れました

2013081705.jpg

「いーのよ!いーの!滝がひとつでもあれば、(ブタ沢)なんて呼びません!」

2013081706.jpg

するとどうでしょう!! 釜までオズオズと姿をみせるではありませんか!!

2013081707.jpg

そしてなんとっ雪渓まで!?

2013081708.jpg

よーしっ 次は滑床じゃない?

「いや、手ごわい20mクラスの滝があるやも知れん!

タッチ!ロープ出しとけよ!!なんせ未知の沢だからなっ」

腰に巻いたスワミベルトを締め直す間もなく・・・無情にも沢水は涸れ

顕著な沢形すらなくなり、カナリーヌの地図読みは全く役に立たず

あろうことか、山ちゃんのGPSとタッチのGPSもお互いあらぬ方向を示す始末

迷走するカナリーヌ

2013081702.png

「こうなったら、このまま藪漕ぎで尾根からあがりましょう!」

「これからの沢屋は、沢にこだわってちゃダメですよ!」

「んだな、よーするにピークハントできればいいべ?」

幸い灌木の薄い尾根を辿ってあっさりピークゲット!

2013081709.jpg

3時間の予定が沢に翻弄され5時間かかってます

恐るべし、トムラウシ山・・・・

一等三角点もありました

2013081721.jpg

目の前にはピパイロから付美岳のスンナリした稜線

ただし、藪蚊がうるさくてしみじみ眺める余裕なしっ

さっさと下りるべ!

2013081710.jpg

下山は北麺の沢を使います。

こちらは、グッと密度の濃い灌木藪!

パラパラと小雨が降りだした中、急ぎ足で下降開始


ピークハントですから、無事に下山することだけが目標です

2013081701.png




・・・ところが、この沢!

2013081711.jpg

背丈の高いフカフカな苔

薄陽に輝くツルッツルの滑床

2013081712.jpg


5mクラスの滝が次々と!!

2013081715.jpg

残置ロープがあるところを見ると、知る人ぞ知る名渓!?

2013081714.jpg


滝の上部をトラバースしようとして、泥に足をとられ、5m下まで滑落!!

・・・とっさにカナリーヌのザックを掴みあわやっ!! さすが山ちゃんリーダー

いやー、気が抜けない手ごわい沢ですぞっ

ほんとだってば! ぜひ行ってみてください、マージーで!!

2013081713.jpg

「もぅ~! ツルツルは親父の禿げ頭だけでいいんじゃい!!」とヒステリーを起こしながら

やっとの思いで、水垢のついたヌメヌメの沢を下降します。

唯一の癒し系、紫陽花が我々をなぐさめます

2013081716.jpg

目についたお花は紫陽花のみ・・・

2013081717.jpg

なんとか日暮れ前に本流へ着きました

2013081718.jpg

増水の川を渡渉するレクチャーを習いながら、本日の8時間に及ぶ遡行は終了

2013081719.jpg

いやーっ良かった!!ピーク踏めて本当に良かった!

「それ以外言いようないしね・・・」

明日の中札内トムラにも大いに期待が持てそうです

芽室町の名湯 鳳凰の湯で汗と泥を流し、さっぱりした後は剣小屋へ・・・・

この剣小屋、ある理由でカナリーヌは足を踏み入れたくないけど他に適当な場所がなく仕方ありません

小屋には、幸いにして見知らぬおば様とおにーさん達がいたのみで、ひとまずここを今夜の宿にしました。

ところが、このおばさまたちってば、この真夏にストーブをガンガン(ゲッ)焚いてんの!

どうやら、自分たちの濡れた服を乾かそうとしてるらしいけど、こちとら湯上りで暑いのなんの!!

虫が入るから窓も開けられないし。

やっぱりこの小屋嫌いっ

ジンギスカンは美味しくて大満足だけどね。

翌日は3時半起床です、サッサと寝たいけど暑すぎて眠れにゃい・・・・

それでも疲れてたので、いつのまにかグッスリ!

アラームと同時に二人を叩き起こし、そそくさと札内ダムへ車を走らせました。

中札内トムラウシは、札内ダムのちょうど通行止めになる少し手前の「富良牛橋」から

トムラウシ川へ入渓します

道内あちこちで、大雨警報が出ているけど今のところこのあたりは曇り模様

車から降り立った我らがリーダー山ちゃん

おもむろに空を仰ぎ見て、次に二日酔いと昨日痛めた肩を庇うタッチ、

右瞼を蚊に刺され右目が半分しか開かないカナリーヌを見やります

そして重々しく宣言しました。

「今日は止めるべ!帰るべ!」

もちろん、リーダーには絶対服従のチーム・山ちゃん

激しく頷きながら車に乗り込みます!

高速に乗るとすぐにワイパーが効かない程の劇雨!!!

「止めていかったべ?」助手席でプシュッとプルトップを引き揚げながらニヤリ・・・・

10時前には札幌に無事に帰り着きました。

のりちゃんに連絡すると、昨日利尻、礼文のソロツアーから帰っていたらしく

ランチの約束

全国3万人ののりちゃんファンのみなさま、お待たせしました!

のりちゃんは、先月白馬岳の雪渓を歩いたり、最近すごく頑張ってるんです!

2013081720.jpg

カナリーヌの故郷稚内の匂いのお土産をいただき

お互いの北アルプス報告!そして礼文、利尻の報告やこれからの山行の打合せ

あのね、カナリーヌものりちゃんも一見、森ガールとか嬢系の装いでガールズトーク

かと思いきゃ、中味は山トーク!!

カナリーヌはいいんだが、のりこはそればっかりの人生ってのもどーだい??

みなさん、どう思います?

ところで、ここで質問です!

本日の遡行を【チーム・山ちゃん】のリーダー山ちゃんは、ある理由で中止しましたが、その理由とは?

① 雲行きが怪しく天候悪しと判断したため

② タッチの肩の安静を促すため

③ 片目のカナリーヌが危険なため

④ 実は二日酔いでテンションが上がらなかった

⑤ (まずいっ  剣小屋に自分のザック忘れちゃったよ!)













(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-920.html

2013/08/18 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 08/18のツイートまとめ
この前の記事 : 08/17のツイートまとめ

Comment


チョコ様

うふふっ答えは・・・・山ちゃんのみぞ知る・・・
でもマジで中止して大正解でした!
あの豪雨雷雨に山であってたらと思うとゾっとします
北海道には、同じ名前の山がけっこうあるので
密かに同じ名前の山ハントを計画してるのです
天狗は11座もあるらしいです
あとは、カムイ、シュンベツ、マルヤマ、アサヒ
まずは、天狗潰しかな?

カナリーヌ |  2013/08/19 (月) 22:48 No.2123


しめじっこ様

しめじっこちゃん、凄い!!なんて素敵な北ア紀行なのっ
まいりました・・・・素敵で楽しくてお洒落で優しい写真
そして、素敵山男子!!
ツィートし合って半年間くらい、ずっと女の子だと思い込んでたんだよね
こんなに素敵な山男だったとはっ
だからと「ゆう訳ではござんせんが
来年こそ、北海道かアルプスを一緒に歩きたいね!!

カナリーヌ |  2013/08/19 (月) 22:36 No.2122


答え

もちろん、1番か2 3番ですよね?
四天王寺の山ちゃん様が、二日酔いとかザック忘れなどありえませーん!
それにしても、トムラウシが三座も存在するなんて初めて知りました!!

チョコ |  2013/08/19 (月) 21:36 No.2121


⑥ ボケが思いつきません・・・笑

私も北アルプスの報告を・・・
http://ameblo.jp/4meg/page-2.html
槍沢キャンプ場でテントを張った場所にビックリです~

しめじっこ |  2013/08/19 (月) 11:54 No.2120

コメントを投稿する 記事: 【それぞれのトムラウシ山】物語

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 08/18のツイートまとめ
この前の記事 : 08/17のツイートまとめ