promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


【十勝岳】 新得コース 自分史上最高の紅葉!!

   ↑  2013/10/09 (水)  カテゴリー: 山散歩道
この時期の十勝岳方面の紅葉が素晴らしいのは有名だし、カナリーヌも毎年必ず紅葉ハイキングを楽しみます
今年は、前から気になっていた「新得コース」の情報がHYMLで流れたのもあり

山ちゃんズの面々を誘って歩いてみることに・・・。

登山口までの林道が心配でしたが、「オジロワシの空の下」の千歳のたかさんのHPを参考にして

通行止めになっているシートカチ林道ではなくレイサクベツ林道から難なく登山口へ

2013100601.jpg

ルパンは久しぶりにオヤビンと歩けて嬉しくって仕方ない

ルパン? オヤビンのお尻気になるの? 犬は時に人間の病気を発見すると言います・・・

2013100602.jpg

道は思いがけずすっきり整備されて、ガレザレの歩きにくいグランドコースより断然楽!

2013100603.jpg

それにしても、新得町って本当に登山者を大切にしてくれるんですねぇ

おもてなしの心が素晴らしい!

トムラウシやニペだけじゃなくウペペの登山道も素晴らしく整備されているし。

ウペペの菅野温泉コースの復活もなんとかって願うのは贅沢ですか?

あれ? 菅野温泉は新得町じゃないの?

まぁいいか・・・

2013100604.jpg

そして、昨夜のライダーハウス!!

「いやぁ 山ちゃん今季最高のお手柄ですっ!! よく見つけてくれました!

来年からもう定番にしましょう!! ここに泊まって十勝岳」 

昨夜からみんなに大絶賛されているオヤビン

お手柄って・・・(^_^;)

「あっ でもHYMLには流したらダメですよ! あのお方に見つかったら剣小屋化しますからね!」

しばらく続く這松の間を抜けると・・・


ンギャーッ   先頭を歩くカナリーヌの悲鳴

見てっこれ!!


2013100605.jpg

なんなの!! この景色!!  

2013100606.jpg

登山道は一旦上ホロカ川支流を渡ります

そーして現れたこれっ   またしてもカナリーヌの大絶叫!

2013100608.jpg

この赤! 朱色、紅色!

錦の沢です

2013100607.jpg

ルパンは早速川遊び

2013100609.jpg

そーして尾根を乗り越して上ホロカ川本流を辿った先に・・・・

「いやーん!! もうどーする!!この世界!!」カナリーヌ既に恍惚状態

2013100610.jpg

写真の上部にかすかに見える滝

名前は・・・そうね?レイサクベツ林道にある滝が(秘奥の滝)だから・・・

「おくひだの滝!!」 「奥飛騨?」

「ううん!飛騨じゃなく襞! (のりこの)奥襞の滝」 

「かなさんっ」のりちゃんの大叱責を受けながらカナリーヌ更なる恍惚の世界を堪能中

20131006114.jpg

雪とつがさくらと紅葉・・・・冬と春と秋!!

これが「奥襞の滝」

20131006110.jpg

あんまりかな? じゃ、「薄絹の滝」なんてどう!?

20131006111.jpg

ちょっと淫靡な感じもするこの素晴らしい滝

そして、この小さな谷の雰囲気  癒されます

20131006112.jpg

この15年間、カナリーヌの癒され空間は、扇沼からトムラウシ山でした

ところが、最近某ガイド本にそのルートが掲載されてから一気にたくさんの人が入り

癒されるどころか、林道の鍵さえままならぬ残念な状況

すっかり気落ちしていたカナリーヌでしたが

見つけました!! ここですっここっ

山ちゃんズ一同、このお伽話の世界に浸り、なかなか先へ進めません・・・


2013100611.jpg

沢筋に雪渓がまだこんなにあります

念のため、これ昨シーズンの雪です

ルパン、崩れるからそこに上がってはいけないのよ!

残念そうに振り返りながら尾根に登るルパンを励ましてさらにカール地形のお花畑へ!

この季節はお花の代わりに、紅葉にいろどられた台地が迎えてくれました

2013100615.jpg

そいてっ ほらっ ここにも!!  雪渓が残ってる!!

一同、またしても大休憩

ルパンは狂喜乱舞

2013100613.jpg

カナリーヌ、自分の写真の腕前がないことが残念・・・

本当はもっと素晴らしいの!


火山灰混じりの地面には、雪や雨でえぐれて深い溝があちこちにあります

2013100616.jpg

お伽話の世界から急転

次に現れたのは、枯れたはいまつが不気味な荒涼とした広い尾根

2013100617.jpg

赤いペンキでマーキングされた石がなければ、少し不安になりそうです

その尾根から急斜面の登りつめた先・・・・にピークがあるはず・・・

(この先まだまだ続くじょー)

2013100614.jpg








(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-986.html

2013/10/09 | Comment (8) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 茸戦
この前の記事 : 【オダッシュ山】 意味は各自調べるように!

Comment


こちらも懐かしい!

sakag様っ なんと懐かしいその出で立ち!
sakagさんと言えば、私の中ではあのボーダーのシャツなんです!!
久しぶりに見慣れたシャツ姿嬉しい~!
そして、そうなんですね、ありがたい事にあの風景も見事な紅葉も変わらぬ感動を与えてくれています。
いつまでも守りたい・・・
毎年訪れたい素晴らしいコースです
ところで、あの滝は名前がないのかしら?
あんなに素敵な滝なのに・・・もちろんあたくしの命名
【薄絹の滝】と呼んでくださってかまいませんよー!!
あ、そう言えば冬にご一緒した然別湖
あれもこれから毎年集合ですよ!!
もちろん、混浴露天は必須ですよ!

カナリーヌ |  2013/10/13 (日) 20:19 No.2243


懐かしい!

本来は今日辺り、桃洞の滝でコマネチをするはずだったのですが、天候予報が雨絡みに変わり、中止にしました。残念!
新得からの十勝岳、9年前の9/20に行っています。そのときも紅葉がきれいだったことが印象に残っています。

http://sakag.web.fc2.com/tokati04.htm

sakag |  2013/10/13 (日) 11:48 [ 編集 ] No.2242


ありがとうございます!

実は、たかさんのブログで林道の情報を取り、決め手はまこにゃんのブログの望岳台の紅葉でした!!
まさにドンピシャッ
時期、コース、今年の気候が絶妙にマッチしたんですね!
特に、【薄絹の滝】】は、ここはあの世じゃないよね?
とみんなで顔を見合わせました。

カナリーヌ |  2013/10/11 (金) 21:14 No.2238


ぜひぜひ・・・・

そうそう、荒涼だがまたいい感じで、これにガスが出たら
泣きたくなる・・・・
そうか、あの景色の感動は、息を呑めばいいんだ!
ギャースカ叫びまくっちゃいました・・・
おとぎの国に似合わない、申しわけなかったです!
紅葉の時期じゃなくてもあの風景に入り込みたくなります
夏も冬も行きたいなぁ

カナリーヌ |  2013/10/11 (金) 21:10 No.2237


我が敬虔なる読者様

onちゃんっ  絶対お勧めだから行って!!
まだ間に合うよ!
紅葉ポイントまでは登りも緩やかでいい感じ
ざれガレはちょっと歩きにくいけど・・・

カナリーヌ |  2013/10/11 (金) 21:03 No.2236


綺麗だね〜

十勝岳の新得側のコースは、いろんな方のHPで見ていますが、カナちゃんのBLOGが最高に綺麗ですね。
時期もピッタリ。
グランドコースは黄色がメインの色合いだけど、新得側からは、錦秋という言葉がピッタリ決まりますね(^_^)

まこにゃん |  2013/10/11 (金) 16:53 [ 編集 ] No.2235


凄い景色ですね!!
まるで四季が同時に存在しているおとぎの国の
ようです・・・。
写真でもこれだけ衝撃を受けましたので、実際に見たら
きっと絶句…息を呑む景色なのでしょうね。
そのあとの荒涼とした世界は実はオイラは一番好きな
景色なのです(笑)
来年のこの時期に必ず行こうと思います。

TAKU |  2013/10/10 (木) 23:37 [ 編集 ] No.2234


あー
行きたい!
ナニコレ!

on... |  2013/10/10 (木) 20:49 [ 編集 ] No.2233

コメントを投稿する 記事: 【十勝岳】 新得コース 自分史上最高の紅葉!!

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 茸戦
この前の記事 : 【オダッシュ山】 意味は各自調べるように!