promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


このページの記事目次 (カテゴリー: 未分類

← 前のページ  total 113 pages  次のページ →  

【白水沢】

   ↑  2017/09/05 (火)  カテゴリー: 未分類
カルミン@新々山谷には、どーか犬の足跡マークも入れて欲しいです。

平日は、お付き合いしてくれる沢屋さんもいないので、ひたすら
山谷!マークの沢歩きをしております。
!レベルと言えども、オバサンと犬だけのコンビにはなかなか油断出来ない沢登り。
今日は、札幌近郊の沢入門の代表、白水沢へ
もう5回目ですが、ここは来るたびに
新鮮です。
シャンパンオレンヂ色の岩盤に
毎回感激し、青白濁の釜に心癒やされます。
そして、もちろん迫力のゴルジュ滝!
ルパンは、慣れたもので
スイスイとゴルジュを泳ぎ、滝の左側の窪みに這い上がります。
そこから、慎重に水流に向かって
トラバースし、カルミンの肩を台にして、爪が引っ掛りやすい滝の右面をシャワーで登ります。
ここをロープ無しで直登出来たら
ヨシッとします。
その先の巨岩帯は、むしろ
爪が引っ掛り難く、難儀なので
今日は30メートル大滝が遠目に見えるところから、引き返しました。
ゴルジュ滝は、いっせーのー!で
一緒に飛込みました。
小さな秋の気配
そろそろシャワーや釜泳ぎも辛くなりますね。
泳げる釜はドンドン泳いでたら
林道に上がる頃には
ブルブルが止まりませんでした。
林道にはトリカブトが見頃
秋の花も秋の空も秋の沢登りも
楽しみですね!

本当は、黒岳の白水沢を遡行してみたいオバサンと犬でした。


(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1527.html

2017/09/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【丹鳴沢】

   ↑  2017/09/01 (金)  カテゴリー: 未分類
カルミン@新しいパートナーが決まりました。秋には一緒に大地を駆け回る予定です。

さて、今秋の一押し間違い無し?の
丹鳴沢
おふた方からの魅力的な投稿の影響か、遡行の痕跡があちこちにありました。
丹鳴橋からもしっかりした踏み跡が沢を目掛けて付いています。
橋の上からでもうっとりする澄んだ青い釜にワクワク。
本当に水が澄んでる!
青灰色の滑や透き通った釜が次々と現れてくれました。
良い間合いで小さな落差に
白い飛沫が煌めきます。
インスタ映えするフォトジェニックな風景や
釜を泳ぎ回るルパンの動画を撮るのでなかなか先に進めません。
残念な事に1つ目の分岐から先は、カラフルな滑床はなくなり、普通の沢でした。
そして、分岐毎にある高速道路の停止標識みたいな真っ赤な三角表示?
沢中ではなんとなく場違い感は否めません。
本日は、澄んだ釜と青い滑床が目的なので、650で引き返しました。
癒やされゾーンに戻って
ルパンに付き合って
釜で泳いでみたり、ウォータースライダーで遊んでみます。
うーん、秋がいいかも!
紅葉の下の青い滑床
透き通った釜に浮かぶ真っ赤な紅葉
丹鳴岳を狙う方には、ぜひ!
秋のお天気の良い日に
お勧めの一沢です!























(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1525.html

2017/09/01 | Comment (3) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ソウベツ川】

   ↑  2017/08/28 (月)  カテゴリー: 未分類
カルミン@夏は海女と海犬です。

海に潜ってばかりいたので
そろそろ沢へ復帰したくなりました。

丁度お休が取れたヤマチャンに、前から気になっていたソウベツ川に連れてって貰う事に。
カルミン、(ソウベツ川なら独りでも歩けそうだなぁ)と以前から目論んでいましたが、なんのなんの!
独りなら多分、魚留ノ滝にすら辿りつけなかったでしょう。
昔は滝まで山道みたいな踏み跡があったようでしたが、
まず、魚留ノ滝の看板すら容易に見つけられませんし、道はほぼ藪化していました。
ヤマチャンもかなり前に来た時と
まるで様相が変わってると驚いています。
なんとか辿りついた魚留ノ滝下から
入渓しました。

思っていたより小さな滝で
私とルパンでも、ビレイしてもらいながら気持ち良くシャワーでクリア。
暫く短調な河原歩きです。
予想していたより、水が濁っていて臭い!あんまり浸かりたくないなぁ。
これなら白老川にすれば良かったかもなぁ?
それでもやっと小さなゴルジュや小滝が出てきて、沢歩きらしくなりました。
前を行くルパンの尻尾が愉し毛に揺れています。
大きな釜を泳いだりへつったりしながら、夏の沢を堪能していたら
あっという間に、詰めの大滝!
凄い爆風にカルミンのお下げも揺れます。
大きな釜に虹が掛かっている!
虹の下をルパンは悠々と泳ぎ回りご機嫌です。
1つ目の20メートル以上ある大滝は、右岸の細い尾根を半分登り、慎重に滝の落口へ。
直ぐに現れた最後の30メートルの直瀑はシャワーを浴びながら、
少しだけ登ってみます。
勿論、登れないので手前の左岸斜面を這い上がるのですが、ここも設置ザイルはあるにはあるけど、殆ど用をなさず泥壁を草や頼りない灌木を掴んでなんとか林道へ。
林道もほぼ藪ですが、覚悟したよりは
まぁマシでした。
これじゃ、ルパンとふたりでなんて
とても歩けなかった!
古い記録はアテに出来ないと痛感。
年季の入った山男こそ頼りになると
再認識!
感謝の印に
うちの屋根裏にあった
某岳食30袋プレゼントしました。
「かなちゃん!コレ賞味期限今月いっぱいだぁ!」
ありゃ、こちらも古い物は頂けませんよね!?


(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1524.html

2017/08/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

   ↑  2017/08/21 (月)  カテゴリー: 未分類
昨日、8月20日は海くんの8回目の命日

最期に一緒に泳いだ積丹の海へ

実は今年既に6回目!!



メンバーも同じ

まりなちゃんと。

そして、メニューも同じ

ジンギスカン





星空を見ては、海くんを想い

青空を見ては、海くんに話しかける

ルパンにも、海にーちゃんの想い出を語ります



この小さなテントは、海くんの形見なの



ルパンも海くんと同じ

海が大好き



このカラフルボードも変わらない



何故かこの場所にしか見られない



海くん!

おかあしゃん、君を守る為に鍛えたこの身体



ルパンは海くんより、ずーっと大きいから

ますます鍛えて逞しくなったよ!



今年は泳ぎ納め

また来年、ルパンを連れて来るからね!!

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1523.html

2017/08/21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【寿都幌別岳】【黒松内岳】

   ↑  2017/08/06 (日)  カテゴリー: 未分類
カルミン@もう直ぐ愛車とお別れ、悲しくて寂しくて涙です。

幌別岳と言うと、3年前に同じメンバーで
幌別川を遡行した記憶が新しい。
電気の沢に匹敵するとも言われる
ゴルジュと滝のオンパレード。
苔渓谷の美しさと、ゴルジュの迫力
そして、寒さに震えました。
その幌別川とは、逆方向から詰める
三之助第一川から山頂へ詰めるコース。
どうやら新山谷に掲載されてるらしい?
ふむふむどれどれ?
と興味津々の顔ぶれ。
が、三之助橋から沢に下り立った時点で
いきなり顔が曇るカルミン。
うーん、このデブリと覆い被さる草木
河原は歩き難くそしてダラダラ。
それでも、ちょっと幌別川を彷彿させる渓谷に小滝が数ヶ所。
何か取り柄はあるはずさ!
1つ取り柄があれば、まぁ良しとする!
男なんてそんなもんさ!
尽くせばきっと良いことが。
放り出すにはまだ早い。
唇を噛みしめ、倒木や泥水を乗り越え進むカルミン。
て、その仕打ちがコレ?
目の前に立ちはだかる13mハング滝!おまけに幅も8m位あって、巻こうにも岩盤の草壁。
どーにもこーにも、(所詮そんなもんさ、男なんてさー!)
なんとか巻けそうな左の壁を攀じ登りました。
待っているのは、30分の激藪だしね?
「ここは、冬尾根の方が絶対楽しいよね?」と流石の山ちゃん、タッチさんも三角点を探しながらため息しきり。
展望もなかってので、早々に東面沢から下降します。
大滝がふたつありましたが、しっかりした支点ロープがありました!
来る人いるんだぁ・・・。
林道復帰まで、9時間半かけて
ヘロヘロヨロヨロ泥グチャ。
こんな沢に文句も言わず付き合ってくれるルパンって素晴らしい!
ここの沢をお気に入りの人がいたらゴメンナサイ。
悪口言うつもり無いけど、カルミン好みじゃなかったです。

今日は、黒松内岳のブナ沢へ
こちらも数年前の台風の爪痕が
酷いデブリと倒木となっていました。
確かもっと綺麗な沢だった記憶。
でも、カルミンの記憶なんて
歳と共に風化しています。
呆け老人のように「あれー?こんな滝あったかい?えー?ここどっちだった?」
でもね、呆けてると良い事もあるんですよ!
全てが新鮮!
下山の夏道は、物凄い倒木!
登山道をこの状態まで復活させてくれた
関係者の皆様の尽力は如何程でしょう!
その想いしっかり受け止めました!
ありがとう御座います。
山男って素晴らしい!

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1520.html

2017/08/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |