promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


このページの記事目次 (カテゴリー: 山散歩道

← 前のページ  total 116 pages  次のページ →  

【庄司山】 道南編踏破!

   ↑  2018/05/31 (木)  カテゴリー: 山散歩道

カナリーヌの持ってる 夏山ガイドの初版では、とっくに終わってるのにさ

新版のたびに新しい山が増える‥‥困るんすよね

しゃーない・・・登るしかあるめぇ

と、勇んでやって参りました、遥々来たぜ函館へ

20180526_093553 (480x640)

今回の旅の目的は、ここ庄司山と恵山のツツジ!

できれば、大千軒にも登りたかったけど、なんとまだ林道開いてないってことを

出発間際に知りました・・・。

まぁのんびり岳女旅しようかっ

登山口までは、なんとなーくカーナビで到着

でも、でもね? この林道がおもったより笹被りで途中からとても走れる感じじゃない訳!

と、のりちゃんが助手席で夏山ガイド読んでます

「あっ 途中から笹薮が酷いから車に傷付けたくない人は手前から歩くって書いてる!」

おぅーっ まずいまずい停めよう! 危なかったぁ

さすがのカナリーヌも購入半年で、ズタズタにしたくないもんなぁ

登山口まで1km位歩こうっと!

P5260001 (640x360)

砂防ダムから向うは、林道の廃道

P5260003 (640x360)

この辺りでジオグラフィカを起動してみると、あれ?なんかヤマレコから随分外れてる?

あちゃーっ もしや道を間違えてる?

とりあえず、車に戻って GPSと地形図とカーナビと夏山ガイドを見比べてみる

うーむ・・・どうしてもこの道しかないんだけど・・・?

あっ もしや! そう、カナリーヌがとったヤマレコは4月の軌跡でした。

多分残雪を歩いてたんだね?

そうか、この林道をまだ歩いて最後の砂防ダムから川を渡るんじゃない?

てか、夏山ガイド読んどけばよかったよね?

登山口までしか読んでなかったんです。

20180526_121140 (480x640)
(赤いラインがヤマレコ 紫が今回の軌跡です)

この川 大蒜沢って言うんだけど、橋はとうの昔に流されてるっぽい

P5260006 (640x360)

微妙な深さの川です  飛び石にしてもちょっと怖い

でも心配召されるな!

ほらよっ のりちゃんダブルストックで渡ります

P5260014 (360x640)

カナリーヌも、何故かそこにあった園芸用の添え木? でヨロヨロ渡る

P5260017 (360x640)

あ、今思い出したんだけど・・・

私達、ザックの中に19000円もした超軽量のストック持ってたよね?

こんな時の為に張り切って買ったの、忘れておりました・・・・。

そして今更ここ? 

登山ポスト

P5260010 (640x360)

で、ここから登山道がスタートするらしいです

後は、ずーっとサクサクテクテク  小さいお花や大きなシラネアオイもチラホラ

2018-05-28-13-09-04-456 (435x640)

さぁーっ着いたよー!!

車から登山口まで1時間(渡渉に右往左往)

登山ポストから40分位で鳥居のある山頂



おやおやおやーっ なんと意外にもいい景色じゃないのーっ

さすが独立峰

夏山ガイドも、何故こんなに良い山を早くに紹介しないかね!?

まったくねーっ  気持ちいいねぇ

ここ冬も楽しそうじゃない?

P5260012 (360x640)


帰りは、ルパンも久しぶりに川遊びして大満足でした!

P5260020 (360x640)

でも車に戻ってから、ルパンの足に血が出てることに気が付いて大騒動

とりあえずすぐに近くの動物病院を探して直行!



お蔭様で応急処置をしていただき、予定通りにキャンプイン

・・と事はうまく運ばず、泊まる予定の道の駅 「なとわえさん」が酷すぎたの

だってね、17時以降のキャンプインはダメ!管理人もいないから お金も払えず

でかでかと管理棟入口に、「17時以降はキャンプ受付はしません、無断使用もできません」だと?

じゃ、17時過ぎに到着した・・はるばる5時間かけて到着した

もしかしたら本州や沖縄からはるばる到着した旅人もいるかもしれない

車ならまだしも、テクテク遠路歩いて到着する旅人だっているでしょ?

沖縄から、九州から奄美大島からっ

この北海道に憧れて来た旅人達よ、17時以降に辿りついてもここには泊まれません・・・。ごめんなさい
えっ?貴方はなんと、ニュージーランドからいらした!?
そう?VOLCANOに憧れて?
海を越えて!!
え?
「何故このように広いキャンプ場に泊まれないのか?他の人はバーベキューをしているのに、私はお腹が空いてます。何故私はここに泊まれませんか?」
「Oh because…」
えっと、えっと?
「私は英語喋れませーん!!アイムソーリー!!

そんな不運なキャンプ人は、こんな不親切な道の駅に砂をかけて

トータススビレッジムーイに泊まろうっ

お洒落な管理棟に広々したキャンプサイト もちろんペット歓迎

わざわざお出迎えしてくださる優しい管理人さんは、24時間駐在しています

ほーんと素敵なキャンプ生活楽しめます

20180531_205930 (505x640)

帰りに「なとわえさん」のトイレに入ったら、 「犬の糞は流さないでください」って張り紙

あーっ そうですか!! 人間の糞は流せるけど、犬の糞は流せないんですね?

犬の糞は、トイレが詰まるような巨大なんですかね!?

おおいに糞ガイするカナリーヌは、恵山の大糞火に共鳴してしまったのかも知れません


(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1597.html

2018/05/31 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【黄金山】 羽ばたくヤマリータ!

   ↑  2018/05/28 (月)  カテゴリー: 山散歩道
♪ 飛翔ばたいーたらぁー 戻らない~と言ってぇー

目指したーのーはぁー、蒼い青いあの空ぁ~ ♫

20180523_120633 (480x640)

いやいや、墜ちるからっ

この日、ご機嫌なヤマリータ達をルパン隊長がガイドしたのは・・・・

2018-05-24-05-48-06-507 (480x640)

そう後方に聳える日本昔話に出て来るような山

黄金山にござんす

チーム・ヤマリータは、カナリーヌが務める職場のイケメンチーム・パトリオットのお姉さん部

秋の紅葉ハイキング、春のお花見ハイキングに連れ出しました

ふふっ 狙い通り そろそろお花が見ごろ

スタートするとすぐに、小桜がお出迎え

20180523_091435 (480x640)

カナリーヌ監督の指示の元

随所でポーズを取らされたり、カメラを構えさせられたり・・・

それでも、カナリーヌが知ってるわずかなお花の名前にも大いに感心してくれるひよこヤマリータ達

黄色スミレや紫スミレ ニリン草の小花ロードを抜けると

いよいよ旧道のハードな登山道です

大丈夫かいな?

幸い残雪もほとんどなく、なんとかなりそう!

心配気なルパン隊長をを尻目に、歓声をあげながら

ガシガシ登ってゆく 子ザルのような隊員・・・



難所の崖下トラバースも危なげなくクリア

山頂下では、「あ、ルパン君だよね!?」と読者さんに声を掛けられる隊長を見て

「わぁ、ルパン隊長有名なんだー!」とびっくりしてもくれます

さぁーっ この景気を堪能しなさいっ


2018-05-23-20-05-59-252 (500x455)

山頂をスルーして、藪に突入するカナリーヌとルパンの後ろを

「えっ  ここから先に行けるのー?」とおっかなびっくり・・・・

はいっ 御覧なさいこの景色!

20180523_115354 (640x593)


ここね、内緒なんだけどこの空中回廊こそが、最高の景色を観れるんだよーっ

そして、ホラッ 今年も逢えた!!

20180523_113331 (449x640)

大好きなアズマギク

2018-05-23-20-04-09-874 (459x640)

のんびりランチタイムを楽しんだヤマリータ

一応山頂でも・・・

2018-05-28-19-39-49-297 (511x640)


下山を促すと、「もう下りたくないねーっ ずーっと眺めていたいーっ 人生観変わったーっ」

ん? ほんとだね、顔付きまで変わってるよ!

さて、下山は安心の新道

こちらは、シラネアオイとイカリソウが満開に咲き誇っています

2018-05-24-05-40-44-106 (244x246)

でも、ルパン隊長は、ヤマリータ達の咲き誇る笑顔が、とっても眩しかったそうですよ


(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1596.html

2018/05/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【双子山】

   ↑  2018/05/18 (金)  カテゴリー: 山散歩道
双子山っていやぁ

大相撲の大横綱双子山

ですが、最近その悪習ですっかり品格を落とした角界

その双子山ではない訳で。

いえね、この前手に入れた札幌山岳センターのパンフを閲覧していたところ

気になる初めて聞く山名【双子山】

早速パンフを届けてくれたおねーやんに
「お願いします!ニセコにあるらしいんだけど、詳しい場所を聞き出して貰えませんか!」とメールを打ちます。

反則だよね?こーゆう節操もないやり方

でも、でも初ピークとなれば
恥もプライドも節操もなく
登りたい一心でございます!

翌朝、アンヌプリの地形図を握りしめ
嬉々としてニセコへGO

ツアーは6月でどうやら林道が繋がっているらしい。
でも、予想通り
まだ倶知安〜イワオヌプリ間は開通していません。
まぁ、三角点は直線でも2km少し。
残雪もあるし、なんとかなるっしょと
スパイク長靴でブラブラ歩き出します。


まずは、地形図上にある名前のない沼系

ちなみに、南には鏡沼があります

そして、沼の脇から三角点ピーク

ここから眺めたら羊蹄山ドーン何だろうけど
本日は晴れガス空
展望は効かないので、三角点をGPSで確認して満足満足

「さて。ルパン帰ろうか!」と声をかけると

ルパンは何故か登ったルートと反対方向へ走り出しました




えー?どしたの?何時もは登ったルートを忠実に下山するのに!

そして、何時になくカナリーヌを置いて凄いスピードで駆け出して行きます

かなり先でやっと振り向き、カナリーヌが着いていくのを確かめると
また走り出す

おーい、何処に向かってるのー?
まぁ、いいか。
GPSもあるし、まだ10時だし
とりあえず着いて行ってみようかね?

小走りで追いかけると
あっアスファルトの道路だね!
ん?おやまぁ!
丁度車を停めた反対から戻ってる!

何故だかわからないけど、ルパンは登ったルートと反対から下山したんだ!

て事は、これまでルパンは登った匂いを辿って下山してるのかと思ってたけど
どうやら、そうでもないみたい。
こんなマイナーな山だし、もちろん誰の足跡もありません。
何を頼りに車に戻れたのかなぁ?
そして、何故この時に限って
全く違うルートを取ったのか?

不思議だなぁ?
もしかして、登ったルートに危険を感じたのかな?
あ、そうか!熊?🐻でもいたのかーい?

何はともあれ
犬の帰巣本能アッパレだわ!!
よしっ
この調子で、竹の子取りのガイドも頼みますよー!!


(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1595.html

2018/05/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【朝陽山】 【残月峰】 

   ↑  2018/05/13 (日)  カテゴリー: 山散歩道

多分、この風流な名前を聞いてすぐに解る方はあまりいないと思うの

ヒントは、崖っぷち!!

岩峰、有名温泉街ですよ?

この橋を渡ってまずは遊歩道的・・・でもないかなりの急こう配を登ります

P5120002 (304x640)

えー?ここ崩れてるんじゃない?

ほんとに、パノラマ台とやらに行けるのかしら?

P5120003 (360x640)

半信半疑で這い上がると、なんとか登山道に出ます

P5120008 (360x640)


振り返ると・・・・

P5120005 (640x360)

お分かりですね?

はいっ パンラマ台に到着!!

わわーっ  素晴らしい大展望じゃん!!

P5120009 (360x640)

なんとなんと! 何時も見上げながら通る崖っぷちからは、こんな景色がひろがるんだね

P5120010 (640x360)

少し雲がかかってるけど、文句なしっ

P5120011 (640x360)

この雄大な景色を眺めながらコーヒーブレイクしたいけど・・・・

初ピークの朝陽山と残月峰が待ってまーす!!

予定では、この辺りから雪渓を登るつもりだったけど、雪はほとんどなくて

期待していなかった刈り分け道が出現しました。

どうやらつい最近整備したみたい

P5120016 (360x640)

なんでも、昔のニペへの縦走路の名残らしいです

こ、こんな崖っぷち歩いてたのねー?

P5120018 (360x640)

ちなみに現在は、危険な崖っぷちからは離れた場所に笹狩り道がありました。

二時間半で、反射板の少し向うに 【朝陽山】

P5120031 (640x360)


さて、全貌を現したりますは・・・・

P5120020 (360x640)

全方位大展望

P5120024 (640x360)

歓声とため息が交互に漏れます

P5120032 (640x360)

大好きなアンギラスが小さく見えてる

P5120036 (640x329)

ルパンは終始大はしゃぎ



のりちゃんが、本気カメラで撮影してくれました。

「クロのカレンダーを作るつもりなんですけど、ほとんどルパンの写真になりそう・・・」

最近、インスタ流行りのせいか本気カメラの売れ行きが凄いらしね

インスタのフォロワーを増やすコツは、綺麗な写真なんだって。

そっかー・・・でも本気カメラって大きいし重いからなぁ

防水じゃないのが多いし、沢には無理

いや、それ以前にカナリーヌのセンスは、ホラ独特?個性的? きっと理解されにくいと思うのさー。

そんな事を言いながら、ルパンの走る姿を何度も撮影してたら

「あのールパン君ですよね?」

えー?こんなマイナーな山にもルパンの読者さん!!

もちろんルパンは、大サービス

P5120039 (640x360)

ついでに、シャッターをお願いしちゃいます

P5120040 (640x360)

小一時間もピークで景色を堪能し、次は残月峰

これまた気になる名前ですよーっ

ただ・・・カナリーヌとのりちゃんには一抹の不安

残雪がない?

P5120047 (360x640)

少しばかり残ってた雪渓を下りると、後は小藪を掻き分けること1時間

着いた・・・? ここ?

えっと。風流な残月峰・・ですよね?

どこから、そんな素敵な名前を考え付いたんだ!? 責任者出てこーい!!

P5120051 (360x640)

まぁ、いいか・・・・これでも初ピークの数には入れるわ

で、問題はここからどーやって戻るか?

考えながら、お昼にします

山ちゃんにしては珍しく15分もランチタイムを取ってくれました・・・。

「うーむ、どう考えても漕ぐしかないべ!!長いから頑張ろう!!」

そうか、カナリーヌとのりちゃんの体力を回復させて、ここからパノラマ台まで藪トラバースのつもりだったか!

1526204200601 (557x640)

初藪だけど、まあ、思ったほどは濃くないし、腰程度の笹薮なので意外にアッサリ40分でパノラマ台下へ・・・

それに雪渓に備えて背負って来た8本爪アイゼンがこれまたいいんだわっ

これまでは、腕で必死に笹に捕まってたのが、足元がガチッと笹を噛んで滑りません

「えーっ こんなに歩きやすいなら、今度から沢の藪漕ぎにもコレ使う―!!」

沢ならもう少し軽い6本爪がいいかな?

藪漕ぎ始めもしたし、今シーズンも沢登り頑張ろう!!

「山ちゃんっ 今年こそクヮウンナイお願いします!!」


(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1594.html

2018/05/13 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【八剣山】ヒトリシズカに想う

   ↑  2018/05/07 (月)  カテゴリー: 山散歩道
やっぱ、この景色好きだなぁ

ここから外界を見下ろしたら

あんな失敗もこんな悩みも
ちっさいちっさい!!

それにホラ!
ヒトリシズカも独りで逞しく咲いてます✿



景色を堪能したあとは

三角点狙いで北尾根へ

踏み跡にあるたくさんの
(・(ェ)・)の落とし物を
避けながら、北峰へ!

他に登れる山がなくなった頃の

初冬に登るのがお勧めです!

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1593.html

2018/05/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |