promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


このページの記事目次 (新しい記事より順に表示)

total 293 pages  次のページ →  

【本安足山・ピウケナイ山】

   ↑  2017/05/21 (日)  カテゴリー: 未分類
カルミン@黄金山のお花も見頃でした!

お花見登山も山菜狩り登山も待ち焦がれておりました。
でもしかし、残雪初ピークもまだまだ未練があるのです。
そんな諦めの悪い仲間達と大雪方面へ向かいました。
愛山渓温泉のホテルの営業は6月20日らしいです。
ただ、駐車場には仮設トイレも設置されていて、既に20台以上の車がひしめき合っておりました。
大半の方は、当麻、永山方面へ向かって行きます。
中に、「数年前、暑寒別岳でルパン君に助けて貰いました」と言う男性。
どうやら、具合が悪くなっていたところ、ルパンが付き添って下山したそうです。
そう言えばそんな事がありました!
当麻へ登られると言う方とお別れして、
私達は沼方面へ。
林道を少し進み、橋を渡った辺りで緩やかな尾根へ。
左手に現れた愛別岳は、茶色の岩肌が猛々しく迫力満点。
のりちゃんが、「登ってみたい」と目を輝かせます。
「でも、愛が別れるんだよ?」とヤマチャンが心配顔。
永山も雪は殆どありませんが、当麻岳から上はまだ白くスキーヤーの皆さんは
ウキウキ。
「こんなに雪があるんだら、大塚小塚に行けば良かったなー」とヤマチャンが振り向き振り向きボヤきます。
いーのいーの!あたしゃ
こっちが初ピーク!
一ノ沼から五ノ沼まであるのですが、そろそろ湖面が透けているところもあります。
三ノ沼の西向こうに見えるのが
△1142m本安足山と△1248mピウケナイ山
まるでどら焼きみたいにノッペリして見えます。
猛々しい愛別岳、青空にスックと聳える永山岳、遥か高みに鎮座する旭岳、壮大な大雪山に背を向け、我らが向うのは、どら焼き山。
いーのいーの!初ピークの方が価値があるの!
雄大な景色の中、本安足山を経て、4時間かけて辿り着いたピウケナイ山からの眺めは圧巻です。
なるほどピウケナイ展望台というのがあるのも納得!
西は愛別岳から東に十勝連峰までの屏風絵巻!
正に大雪山の展望台の二座でした。
「ポンアンタロ山てアンポンターン!」
誰かさんのオヤジギャグも青空に冴えておりました。




(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1499.html

2017/05/21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【黄金山】 黄金山姥伝説? 

   ↑  2017/05/19 (金)  カテゴリー: 山散歩道

そろそろいいかなぁ?  まだですかー!?
P5170060 (800x450)

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1498.html

2017/05/19 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【積丹岳~余別岳】 嬉し楽し撤退~❤

   ↑  2017/05/16 (火)  カテゴリー: 山散歩道

絶好の山日和

そろそろ残雪登山も終焉

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1497.html

2017/05/16 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【積丹岳から余別岳】撤退

   ↑  2017/05/13 (土)  カテゴリー: 未分類
カルミン@救助隊に連れられ無事下山?です。

ポンチアンネシ?ポンネアンチシ?
なんだか気になる名前です。
当初は、積丹岳のピリカ台から湿原地帯に下り、ポンネアンチシまで登り返す予定でした。
しかし、休憩所から先にスタートした二人連れの方が
「積丹岳から余別岳を回って、ポンネアンチシからはピリカ台に登り返すつもりです」とおっしゃいました。
ふむ!そのコースなら未踏の余別岳とポンネアンチシ2座イケる!
空を見上げると絶好の登山日和
時間もまだ6時!
カルミン、助平心がムクムク
のりちゃんとルパンを引き連れ
颯爽とスタートします!
ルパン!彼らの足跡を追え!
のりちゃんっGPSで位置確認!
私はコンパスを睨みながら・・・
積丹岳までの稜線は、しっかり見えています。
夏道は直ぐに雪に覆われ
ツボ足でサクサクと登れます。
「フフッ狙ってた2座イケちゃうねー!」
ご機嫌で着いた積丹岳のピーク
そこから眺める余別岳
岩稜地帯は既にハイマツに囲まれ、
稜線上もハイマツがすっかり出ています。
でも余別岳までは、案外近そう
勇んで積丹岳から先へ進みました。
しかし、ハイマツの下にはダケカンバのクネクネした灌木地帯
ここを避けるには、かなり標高を下げたり登ったり。
6本爪アイゼンを装着し
慎重に下ったりトラバースしたり。
積丹岳から、既に予定の2倍1時間半もかかっています。
おまけに、切れ落ちた稜線に
のりちゃんのビビリの虫が騒ぎ出す。
カルミン(仕方ない!時期と人選を間違えた)無念の撤退宣言
そうと決まれば、そそくさと引き返すのりちゃん。
積丹岳まで戻ると
「ルパン君久しぶりです!」
えっ?こんな爽やかでたくましいイケメン君達、何処かで会ったかしら?
なんと!数年前石狩岳でお会いした
道警の山岳救助隊の隊員さん達です!
そして、その翌週に
同行者が足を骨折し
ヘリコプターで救助して頂いた経緯があるのです。
本日はプライベート登山で
9名の隊員さん達が積丹岳まで登っていらしたそう!
なんとまぁ、皆さん逞しく爽やかな事!!
カルミンの助平心がまたムクムクです。
図々しく写真撮影会
「何時も登山届を頂く○本さんですね!○本さんの登られる山は、僕も知らない山ばかりで、毎回調べさせて貰っています!」
すみません、ご迷惑かけております。
下山も若いパワーを全開に走り下りる救助隊の皆さん!
私達も必死に足跡を追い掛けましたとも。
救助隊に連れられ?いえイケメン救助隊に釣られて無事下山完了。
「のりちゃんっ!グッジョブ!よくぞあそこで帰りたいって泣いたね!あのまま進んでたら、救助隊に会えなかったよね!」
「かなさん、私のビビリの虫もたまには役に立ちましたね!」
カルミン、撤退の無念なんぞ
とっくに日本海へ放り込みましたよ。






(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1496.html

2017/05/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【八剣山】 消えた・・・?

   ↑  2017/05/12 (金)  カテゴリー: 山散歩道

やっぱ夏山始めは、ここだよねーっ

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1495.html

2017/05/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |