promenades de Lupin山岳犬【海くん】亡き後、カナリーヌの元にやって来たゴールデンレトリバー【ルパン】北海道の山や海を舞台にどんな散歩道(プロムナード)を歩くのでしょう? 


このページの記事目次 (新しい記事より順に表示)

← 前のページ  total 315 pages  次のページ →  

【定山渓天狗岳】 愛しいあの娘 

   ↑  2018/06/24 (日)  カテゴリー: 山散歩道

6月は、本当に忙しいんですよねー!

ワラビ採り、タケノコ採りにお花見登山、それにロングコースも日の長い6月に登りたい山もたくさん!

そんな6月、絶対毎年外したくないのが

前回の芦別岳旧道コースと、ここ定山渓天狗岳

20180619_082529 (389x800)

形も岩峰で素敵、アクセスも我が家から1時間

時間も2時間で登れるし、なんたって変化に飛んだ登山道

沢沿いだから涼しいしね!

20180619_092627 (388x800)


ただ、去年ここから滑落して亡くなった方がいる・・・


この古いトラバースコースに行って、なんとトラバースしないで上へ上へロープを伝ってしまったらしい

20180619_093851 (311x640)

カナリーヌも20年前に海くんと登って、トラバースがなかなか怖かった・・・

数年前からは、新しい乗越のコースになりました

20180621_205408 (640x640)

お目当てのヤチブキはすでに終わっていて残念!

いつもは、ヤチブキ採りごろなんだけどなぁ

でもお花は、まだまだ見頃

20180619_112100 (388x800)

色んな種類が咲いてます

20180619_113446 (389x800)

これは、山頂下のオダマキ

20180621_204931 (463x640)

こっちは、色丹草?いや違った?

20180621_205547 (397x640)

アズマ菊も満開

お花畑で一緒になった3人パーティー

「あれ?このワンちゃん、この前黄金山にいなかった?」

「あ、下山の時、新道で追い越した方達でしたよね?」

山は案外狭いんだよ

ガイドらしきおじさんが、お花に詳しくてあれこれ雄弁にお花の説明をしていたので

ちゃっかり私もツアー客のように・・・フムフム・・・

20180621_205251 (538x640)

ルンゼの下で、上からロープ伝いに下りて来たパーティーは

「あれ?どこかのブログで見たことあります」 まさかの読者さん!?

もちろん覚えてくれているのは、ルパンだけです

夏山は、読者さんとの遭遇率高いねぇ

声かけて貰えて嬉しいなぁ  山姥の素顔とくとご覧あれー!

「このワンちゃんが、あのルンゼ登るんですか!?」と驚いてるので

勇ましくガシガシ登ってみせました!

山頂は、サクッと記念写真を写して、蚊やブヨに追い立てられるようにそそくさと・・・・

20180621_205329 (640x561)

またお花畑でしばらくお花観賞してから

ルパンの希望で、たっぷり滝遊び

20180621_205454 (463x640)

本当に大好きで大切な山です・・・









(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1602.html

2018/06/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【芦別岳 旧道下山】 夫婦岩の下・・・

   ↑  2018/06/16 (土)  カテゴリー: 山散歩道

小一時間も山頂でシャッターを切り続け、やっと下山の途に着きます

この時点では、まだまだみんなやる気満々

山頂から下りると、旧道から登って来た方が、「去年もここでルパンくんに会いました!」とニコニコ声をかけてくださいました。

貴方もまたこの花達に会いに来たんですね?

Screenshot_20180614-183139_Video Editor (347x640)

奥の雪渓は本谷

数年前に登った本谷を違う角度から観て、

「私ったらあんな角度を登ったんですね!?」と目をまん丸にするのりちゃん

「そうだよ!だからもっと自信を持ちなさい!」

「いえ、あの頃は怖いもの知らずだっただけです…」

ンもうーっ せっかく12本爪アイゼン買ったんだからぁ~ 

20180610_100841 (480x640)

カナリーヌは、あの時2回目の本谷で、余裕があったから凄く楽しかった!

できれば、毎年登りたいコース

ルパンは、あの45度以上の角度の雪渓を縦横無尽に走り回って

みんなの肝を冷やしていました。

本谷を登った犬は、ルパンくらいだろうね

カナリーヌがのりちゃんに見せたかったアルペンロード

素晴らしい景色にのりちゃんも大感激

芦別岳が大好きになってしまったって!


途中、旧道コースから来たパーティーのリーダーさん

P6100029 (360x640)

「わぁ、生ルパン君に会えるとは!」と感激のご様子

ふふっ 生ルパンもノリコも山ちゃん、トシさんもいますよー!

「ルパンのファンは、コアな場所にもいるねー」

と、もう一組の男女・・・

「わーい!! こんにちわーっ」

あら!!なんとこちらはサワさんチーム

お久しぶりの再会です!

登山口にカナリーヌの🚙があったから、絶対会えると思ってたんだって!

しばらくお喋りして、健闘を祈りながらお別れ

スタートからそろそろ8時間、みんなの顔に色濃い疲労・・・・

しかーし!!

このコースのクライマックスが待ってるんやー!!

夫婦岩を過ぎてから、そのまま夏道を進もうとする一行に

カナリーヌは、待った!をかけます

「ここから、夫婦岩の基部まで雪渓を下ります!!」

渋るメンバーを足蹴にして雪渓に突き落す・・・・




「そらっ あそこを御覧なさい!」

「ネギはもう要らないよ・・・冷蔵庫一杯」 なんて顔をしかめていたみんな・・・

「そんな台詞はこれを観てから仰い!!」

一瞬の跡には、ザックを放り出し、ナイフを握りしめ一心不乱に斜面に取り付く人々

すると、夫婦岩から「おーいっおーいっ」と声がする?

山ちゃんに教えても、「夫婦岩でクライミングしてるんだべ?」

とナイフを離さない

実は、このクライマーさん

前にニセコで一緒に遊んだ人、上からルパンを発見して声を掛けてたそうです

後で山ちゃんに連絡が来たんだって。

それにしても、のりゃんも、トシさんも、カナリーヌも憑りつかれたようにネギ斜面を彷徨ってる

P6100031 (360x640)

だって見てよ、この太さ・・・

芦別岳のネギは有名だけど、きっとなかなかここまでネギ狙いで登る人もいないのかな?

ネギに憑りつかれた人々は、なかなか腰が上がらない

でも、そろそろ下山しなきゃ日が暮れる

「撤収!撤収~!足元を見るな!ネギを見るなー!!」と魔力から皆を呼び覚まし

ヨロヨロと沢沿いに下山を再開します

それにしても、こんなに水量多かったかな?

ここを登って来た旧道コースの人達、大変だったろうなぁ

P6100035 (360x640)

滝も凄い迫力で迫ります

カナリーヌの手元に握りしめられたボッコは、下山中の心強い相棒

(ザックの中には、例の19000円の超軽量のストックあり)

(ザックは、ダブルザック、ひとつはネギがたんまり)

P6100038 (640x360)

例の丸太渡りは、丸太の位置が大きくずれている

なんとか水流を渡渉して (カナリーヌはお約束のドボンで、最後までみなさんを楽しませる・・・)

長い長い巻き道を登り下りして、デポしてあったバルサに辿りついたのは

スタートから12時間後の16時半でした!

初めて、ルパンとふたりで旧道~新道を歩いた時は、9時間

去年、新道~旧道が10時間

今年は、随分かかったけど これ山頂とネギに2時間かけてるからです

密に、カナリーヌ

このコースを歩けなくなった時が、自分とルパンのレベルの限界だと思っております

カナリーヌ56歳、ルパン9歳 (人年齢68歳)

立派なシニアクラスのハイカーですから、ここいらでそろそろ自分達のレベルを見直す必要を感じてます

無理せず、自分達の力量に合った山登りを楽しみましょう!!

なんてねーっ らしくないっての!

さて、そろそろ沢登りの準備を始めないと!

今年も、ルパンと一緒にガンガン登るよーっ

それに、のりちゃんと北アルプスのリベンジもしないとね!

去年は、出発の2日前にカナリーヌの諸事情?尻事情であえなくキャンセルだったもんね!

今年は、慎重にお尻の調子を整えておりますよー!


(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1601.html

2018/06/16 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【芦別岳 新道~旧道】 今年も歩けた! 

   ↑  2018/06/15 (金)  カテゴリー: 山散歩道

この数年、カナリーヌとルパンの一番お気にいりのコース

今年は、ぜひのりちゃんにも歩いて欲しいっ と声を掛けていたら

山ちゃんも名乗りを上げ、それならっとトシさんにも声をかけ

みんなで歩くことにしました。

カナリーヌは、ルパンがいるから熊の心配しなくていいけど

この山域は、物凄く熊の棲息が多いのでみなさんも、なるべく大人数で登る事をお勧めします

そして、歩くなら断然新道コースから登って、旧道に下りることをお勧めしたいなぁ

新道の山頂下の大雪渓は、登りに使ったほうが安全だし

旧道の沢沿いコースは、靴を濡らす心配があるから 下山の方がいい

そして、一番の理由・・・ま、それはこのブログを最後まで読んで頂くと解ります!

チャンネルはそのままで…的な姑息な手段だわ(*`艸´)ウシシシ

土曜の夕刻に富良野でトシさんと待ち合わせ

でも結構な雨・・・

「雨の中テント? 車泊もつらいしなぁ」

「うーん、夜には止みそうだけどね」

「おしっ 橋の下にテント張ればいいべ!」

はぁ!? 橋の下だと?

次第に顔が曇り無口になるのりちゃん・・・・

トゥルルル-♪

「あ、今夜の予約お願いします! 女性二人…ハイ、素泊まりで結構です

空いてる? ではこれから伺います!」

スマホをスライドさせながら、カナリーヌ一言

「女性陣は、キャンプ場の隣の宿泊施設に泊まりまーす!」

キョトンとするのりちゃんをせかしながら

唖然とする男性陣を置き去りに、サッサとチェックイン!!

だってー。寒いしー、トイレもない橋の下とか言い出すしー。

明日はロングコースなんだから、快適な夜を過ごしたいのさー

これが、我がままカナリーヌなんです

いつも、「かなちゃんは、絶対山岳会には入れない」と言われる所以のひとつかしらぁ?

まだ戸惑うのりちゃんを引きずるように、受付を済ませ荷物を運びこみます

運よく、男性陣も適所にテントを張れたので、ジンギスカンは予定通り

しっかりお肉で精気を養い、いつまでも終わらない宴会タイムをサッサと切り上げ

今度は、お酒のお付き合いをするのりちゃんまで置き去り・・・・

ルパンは、車泊の支度をして寝かせつけ

のーんびり優雅にお風呂タイム、読書タイム ホテルライフ満喫~

翌朝は、2時から起き出して 男性陣と合流

4時半 朝靄のスタートです!!

さすがに、登山はみんなに歩調を合わせてゆっくりリズム



いや、皆さんお気づきですね?

そ、だってせっかくカメラマン3人もいるんだもーん!

はい、宜しくですよーっ



1時間も歩くとこの景色

P6100014 (640x360)

そして反面山に着くと、山頂方面からなんだか只者じゃない気配のパーティー

「こんにちわっ ルパン君ですよね?僕、藤井の弟ですっ」

えっ? えーっ? もしやリンセイちゃん!?

えーっ いつもインスタで大学の山岳会のリンセイちゃんのポストを観てため息ついてるのーっ

なんて、逞しい!!

どうやら彼らは、あの雨の中、1稜からアルパインで登り、山頂下でツェルトに包まって夜を越えて来たのですって!

凄すぎる・・・おばちゃん達なんて、麓でそれもテントすらビビッて宿泊まりだよぅ

素晴らしいなぁ~

そして、3人ともなんていい顔!

リンセイちゃん、おばちゃん達あまりのイケメン振りについジロジロ観てゴメンね

そしてこーんなに接近して、ドキドキしちゃった

兄の藤井にはないこのときめきは、なんですか?

20180610_081143 (311x640)

あきれ果てる男性陣を尻目に、おばちゃんパワー丸出しのカナリーヌ

その勢いのまま登頂!!

このショット今年一番のお気に入りになりそう

Screenshot_20180614-201329_Video Editor (510x640)


御覧なさい、カナリーヌの鍛え上げたヒップ!!

おっと、みんなの感激の登頂風景

P6100028 (640x360)

これ早速、それぞれシャッター押し合ったり、SNSに投稿始めるのを見かねた山ちゃんが

「おーい、せめて集合写真撮るべーっ」とやっとメンバーを集めたのです

みんなの目的のひとつは、もちろんこのお花

つくも草ちゃん!!

Screenshot_20180614-182956_Video Player (512x640)

なんとも可愛らしく 山ちゃん曰く おぼこい・・・?

20180610_093206 (480x640)

さて、続きはまた近日中に・・・・

おっと、チャンネルはそのままねー!

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1600.html

2018/06/15 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【富良野西岳】春の恒例

   ↑  2018/06/08 (金)  カテゴリー: 山散歩道
この何年か、毎年春に登る【富良野西岳】
今年は、沢コースからスタート
スキー場の脇から沢へ
ここは、登山靴なんてオシャレな物履けない
だって、殆どこんな感じ



ヒョイヒョイ丸太を渡るヒロコちゃん
超慎重派のりちゃん
結局、丸太には乗らず飛び石で渡りました!
いーのいーの!
自分が危険なく渡りましょう
あれ!?
こっちにも超慎重派の男?



みなさん、山岳犬ルパンは
どんな場面でも勇気のある逞しい登山犬だとお思いでしょう?
いやいや実は、こんな時も多々あるんですよ
でも、慎重に越したことはないもんね
危機管理能力に長けている
のりちゃん&ルパン組ですな

でも誰かと一緒なら頑張れる!

15285165495603.jpg

何故かエプロンおじさん?

15285164948490.jpg


当初はこのまま沢詰めでコルまで登る予定
夏道が斜面に取り付く辺り
そのまま沢を少し詰めてみたけど
どーにも雪渓が大きくなるばかり
藪も濃いので
戻って夏道を登ります
稜線下の超急斜面の雪渓は
脇を登れました。
カナリーヌは、ここに備えて
例のお高いシマノ製の超軽量ストックとアイゼンを持ってきたので試してみることに。
ストックは、まぁまぁかな?細くて軽いから強度が心配だったけどなんとか大丈夫。
でも急すぎて怖かったよぅ

あちこちで寄り道しながら
4時間半かけて山頂

こーしてると勇ましい山岳犬

15285165277772.jpg




やっぱりこの景色好き!
そして、やっぱり
芦別岳登らないと!
と言うわけで、今週末は
芦別、新道〜旧道歩きますよー!
きっと更に素晴らしい景色とつくも草が待ってます!
皆さんもぜひぜひ登りましょう!
新道から登った方が絶対楽ですよー!

(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1599.html

2018/06/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【恵山】 

   ↑  2018/06/05 (火)  カテゴリー: 山散歩道

この春のお楽しみのひとつ

「今年は、恵山のツツジを観に行こう!」

昔観た記憶は、あるけどツツジ園みたいなところの記憶しかありません

でも、みんなが「山一面にツツジが咲くんだよ!」

ふむ? 山一面? 紅葉みたいに?

そりゃー、観なきゃ!

でも遠いんだよねー、恵山だけの為に道南までかぁ

と思案していたら、のりちゃんも「私もツツジの恵山観たい!」と名乗りをあげてくれたのです

ほぅーっ これは確かに素晴らしい!!

丁度、ツツジ祭りをしていたんですが

この人だかりとカラオケをBGMに登るのは、勘弁してほしい

本当は、スカイコースという難所を登りたかったけど

なんとなくお祭りに気勢を削がれ、そそくさと退散

裏側の静かな森林浴コースを登ってみることにします



途中追い越し親子登山のガイドさんが

わざわざ休憩中に、私達を訪ねてくれました

「もしや、ルパン君では!?

私、HYMLの鎌鹿@自然倶楽部です!」と仰る

なんと、昨夜、釜鹿さんの投稿を読んで

大千軒岳の林道が、6月2日まで開通しないと知りました!

ありがとうございます!お蔭様で無駄足になりませんでした・・・。

すると、気の毒がってくれたのか、イベントタオルを下さり

お花や付近の山の説明をしてくださりました。

お向かいの古部丸山は、ほぼ林道で踏破できるんですって!

でも、今回はノリちゃんと私のゆるゆるヤマリータチームなので

スカイコースも止めて、藪歩きもしません

・・・・  ・・・・・・  秋に来ます!! 古部丸山とスカイコース狙います!!

大沼の紅葉も観たいしっ

やっぱりスカイコース登りたいーっ



(記事編集) http://lupin88.blog83.fc2.com/blog-entry-1598.html

2018/06/05 | Comment (5) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |